田中誠二/有田市長選挙の経歴や家族は?年収や引退の可能性についても!

スポンサーリンク

2020年9月6日に有田市長選挙が開催されます。

有田市長選挙には2名の方が立候補されていますが、そんな候補者の1人の田中誠二さんについて記事を書こうと思います。

田中誠二さんの


・経歴
・家族
・年収
・引退の可能性

について記事をまとめてみます。

 
 

スポンサーリンク

田中誠二/有田市長選挙の経歴や年齢は?

有田市長選挙候補の田中誠二さんの経歴は以下の通りです。

名前:田中誠二(たなか せいじ)
生年月日:1962年(月日不明)
居住地:和歌山県有田市
出身地:和歌山県有田市
出身校:和歌山県立耐久高校、
前職:株式会社エデュケーションリンクス、教育・飲食会社社長
趣味:音楽、サッカー

趣味の音楽ですが、アーティストをフォローしているだけではなく、プロフィール画像をギターを弾いていてマイクも用意されているところから田中誠二さん自身もギターボーカルをしていたことがうかがえます。

また、田中誠二さんは小さい頃から『くまのプーさん』が大好きらしく、また、幼稚園の頃買ってもらった『くまのプーさん』の紙芝居が宝物だったそうです。

大人になって手に入れたアンティークのプーさんボードはデッキカフェ有田店のカウンターの上に飾ってあるそうです。

 
 

スポンサーリンク

田中誠二/有田市長選挙の家族や結婚についても!

田中誠二さんの家族に関する情報は見つかりませんでした。

田中誠二さんの年齢が50代ということを考えれば、結婚していたとすれば、お子さんが20代のぐらいになられていて、お孫さんがいる可能性があるかもしれませんね。

ひょっとして、独身の可能性もあるかもですね。

田中誠二/有田市長選挙の年収は?

前職に記載の飲食店経営者の年収について調べてみました。

飲食店経営者の平均年収は627万円となっております。

2017年における全国の平均世帯年収は545万8000円であることを考えると、全国の平均よりは高くなっております。

また店舗経営者の場合は平均所得が940万円となり、一般的な社会人の2倍近い所得を得ていることや、逆に赤字のお店が多く、赤字店経営者の平均年収は300万円となり、黒時点経営者の半分以下という事を考えると、ピンからキリまでという印象を受けます。

ちなみに有田市長になると、平均年収は847万2500円になるそうです。

田中誠二/有田市長選挙の引退の可能性は?

田中誠二さんの引退を予見させる情報は見つかりませんでした。

田中誠二さんは今回初めての有田市長選挙ということで、満を持して挑戦しておられます。

これが、年齢を考慮した引退前最後の挑戦と捉えるか今までの経験を活かした新しい挑戦と捉えるかで田中誠二さんが引退を考えているか、バリバリ活躍していくかが分かれそうです。

後者の場合は、もし、落選したとしても、その経験から学んで、次回選挙で当選となるかもしれません。

まとめ

本記事では田中誠二さんのプロフィール、家族、年収、引退の可能性について触れていきました。

田中誠二さんは音楽をやっていたということや、経営者としての知識もあることから表現力や情報発信力、集客や、お金に関する知識は豊富そうです。

また、年の功のような、今まで58年間蓄えてきたそれらの知識や、人脈のエネルギーを一気に政治活動に向ける事を考えると、市長候補のライバルへの大きな脅威となるかもしれませんね。結果が楽しみですね!

いろいろな候補者のいろいろな背景や考えを聞いて、今の日本の現状を知って、候補者も主権者の有田市民や和歌山県民ももちろん和歌山県以外に住んでいる方も有意義な選挙運動、政治への関心へとつなげていってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所