結城裕/尾花沢市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う尾花沢市市長選挙(2022年7月17日告示、7月24日投開票)に、新人で元防衛省職員の結城裕氏が出馬する意向を表明されましたので結城裕氏に関する情報をまとめています。

結城裕氏の

・経歴
・出身
・年収
・選挙結果

などについてまとめていきます。

スポンサーリンク

結城裕/尾花沢市長選挙の経歴は?

結城裕氏の経歴を簡単にまとめてみました。

名前 結城裕(ゆうきひろし)
生年月日 1957年
出身地 尾花沢市
最終学歴 東洋大学法律部法律学科卒業
職業(前職) 無職(元防衛省職員)
趣味 不明

1977年旧防衛庁に入庁しました。

2017年に防衛省を退職後、尾花沢市に帰郷され、2018年に尾花沢市長選挙に初出馬しました。

2022年尾花沢市長選挙に2度目の出馬となります。

好きな言葉は、「其れ恕か、己れの欲せざることは、人に施すこと勿れ」とご自身のFacebookにて語られています。

これは孔子の言葉です。”思いやりが大切で、自分がされて嫌なことは人にしてはいけない”という意味です。

Facebookでは、思いやりを大切に、笑顔で選挙活動されている結城裕氏を見ることができます。

結城裕氏 Facebook

結城裕/尾花沢市長選挙の学歴は?

結城裕氏の学歴は、東洋大学法律部法律学科卒業です。

出身高校は?

結城裕氏の出身高校は、楯岡高等学校です。

生徒の学力・適性を磨き、志を高く掲げ、大学等希望する進路を実現させることを目標にしていました。

比較的進学率の高い学校だったようです。残念ながら、2016年に閉校しています。

出身大学は?

結城裕氏の出身大学は、東洋大学法律部法律学科です。

1887年創設の歴史ある大学です。

哲学を大切にしており、物事を深く考え課題解決に挑むことの出来る人材の育成を目指しています。

世界50の国や地域から外国人留学生を受け入れ、共に学んでいるグローバルな学校です。

スポンサーリンク

結城裕/尾花沢市長選挙の家族は?

結城裕氏の家族に関する情報は見当たりませんでした。

独身の可能性も既婚の可能性もありそうです。

結城裕/尾花沢市長選挙の年収は?

結城裕氏の年収に関する情報は得られませんでした。

結城裕氏は、2017年まで防衛省に勤務していましたので、防衛省職員の年収を取り上げたいと思います。

月給:45万円
給与以外:180万円
年収:720万円

上記の情報から、結城裕氏の防衛省時代の年収は720万円と推定されます。

結城裕/尾花沢市長選挙の実績や評判は?

結城裕氏の実績は以下の通りです。

・日本政策学校田村塾で学ぶ
・日本論語研究会で学ぶ
・尾崎行雄記念財団咢堂塾第1期・第2期修了
・坂本博之「こころの青空基金」へ協力
尾花沢「福原ふるさと塾」田んぼアートに参加
雪とスイカと花笠のまち尾花沢応援チームのリーダーを務める

尾花沢市の特産物や文化を大切にされていて、市民からの評価は良いと思われます。

結城裕/尾花沢市長選挙の公約は?

結城裕氏の公約はまだ公表されていないようです。

2018年の尾花沢市長選挙では

・雪対策
・移住定住促進に向けた協同組合の設立
・小児科医の確保

のような政策を掲げていました。

尾花沢市の人口は14,642人(2022年7月現在)であり人口流出が課題となっています。

そのため、市民への支援など人口流出を防ぐ政策を立てると思われます。

結城裕/尾花沢市長選挙の立候補した理由は?

結城裕氏の立候補した理由は不明です。

YouTubeのインタビューにて以下のように語っています。

「防衛省時代の経験と関係者とのネットワークを最大限に利用して、市政を行いたい」

引用:【独占取材】市長選に向けた結城ひろし氏に聞く

結城裕/尾花沢市長選挙の選挙結果は?

2018年7月15日の尾花沢市長選挙に出馬しました。結果は5,188票(投票率76.08%)を獲得しましたが、結果は落選でした。

当選した、須金光雄氏(現職)とは、226票差でした。

2022年7月24日の尾花沢市長選挙でも、結城裕氏と須金光雄氏の一騎討ちの選挙戦となります。

結城裕/尾花沢市長選挙の引退の可能性は?

結城裕氏の引退に関する情報は得られませんでした。

結城裕氏は、60代ですので引退の可能性は低いと思われます。

まとめ

結城裕氏は、防衛省勤務を経て、故郷に戻り、尾花沢市長選挙に立候補しました。

これまでの経験を活かし、国と地方をつなぐ市政をおこなってくれると思われます。

2018年に続き、2022年の尾花沢市長選挙でも結城裕氏と須金光雄氏の一騎討ちの選挙戦となります。

人口流出を防ぐ政策を、若者や子育て世代に政策を訴えることで、前回より票数を獲得できる可能性はあると思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所