吉本たかとし/菊陽町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う菊陽町長選挙(2022年9月27日告示、10月2日投開票)に、新人の吉本たかとし氏が立候補する意向を表明されましたので、吉本たかとし氏に関する情報をまとめています。

吉本たかとし氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

吉本たかとし/菊陽町長選挙の経歴は?

名前 吉本たかとし(よしもとたかとし)
生年月日 1967年3月4日
出身地 菊陽町
最終学歴 九州東海大学工学部卒業
職業(前職) ぶどう園経営者
医療法人よしもと小児科理事
元菊陽町議会議員
趣味 不明

吉本たかとし氏は、1967年3月4日に菊陽町に生まれました。

高校は、熊本県立熊本農業高校を卒業しています。

その後九州東海大学工学部卒業し、農業を行っています。

2011年に菊陽町議会議員選挙に初当選しました。

2018年まで菊陽町議会議員を2期務めました。

2018年の菊陽町長選挙に出馬しましたが、落選しています。

現在、菊陽町のぶどう園の経営と、医療法人よしもと小児科理事を務めています。

2022年には菊陽町長選挙に2度目の出馬を表明しました。

吉本たかとし氏 公式サイト

吉本たかとし氏 ツイッター

吉本たかとし氏 インスタグラム

吉本たかとし氏 フェイスブック

吉本たかとし/菊陽町長選挙の学歴は?

吉本たかとし氏の学歴は、九州東海大学工学部卒業です。

出身高校は?

吉本たかとし氏の出身高校は、熊本県立熊本農業高校です。

熊本県立熊本農業高校は、1899年に熊本農業学校として設立されました。

1948年に熊本県立熊本農業高校に改称されています。

農業経営者やグローバルリーダーとなる人事育成を目指しています。

農業科・園芸果樹科・畜産科・農業経済科など7学科に分かれています。

農業経済科では経済の視点から農業を学ぶことができます。

資格取得に力を入れていて、日本情報処理検定の合格者数、3年連続1位を記録しています。

参考:熊本県立熊本農業高校

出身大学は?

吉本たかとし氏の出身大学は、九州東海大学です。

九州東海大学は、1973年に設立され2008年に廃止されています。

工学部と農学部の2学部で構成されている大学でした。

2008年に、東海大学・九州東海大学・北海道東海大学が統合され東海大学になりました。

東海大学熊本キャンパスでは、九州東海大学と同じく工学部・農学部が設置されています。

2022年4月には、文理融合学部が新設され産業発展のため総合力を身につけることができます。

参考:東海大学熊本キャンパス ホームページ

スポンサーリンク

吉本たかとし/菊陽町長選挙の家族は?

吉本たかとし氏の家族は、息子がいるようです。

インスタグラムによると、ミニ集会のポスティングを奥さんと娘さんと一緒に行っているようです。

ご家族も選挙に協力的で、仲の良いご家族なのかなと思いました。

吉本たかとし/菊陽町長選挙の年収は?

吉本たかとし氏は、

・ぶどう園経営
・医療法人よしもと小児科理事

を務めています。

ぶどう園農家の平均年収は、およそ450万円〜800万円と予想されます。

医療法人の理事の平均年収は、およそ1,200万円と予想されます。

以上の結果から吉本たかとし氏の年収は、およそ1,650万円〜2,000万円と予想されます。

参考:気になるぶどう農家の年収は?ぶどう作りにおすすめの本まで徹底解説

参考:配偶者の収入や財産を増やしたい‐医療法人のすすめ

スポンサーリンク

吉本たかとし/菊陽町長選挙の実績や評判は?

吉本たかとし氏は、

・菊陽町認定農業者連絡協議会 会長
・熊本県防衛協会青年部 会長
・自衛隊熊本地方協力本部 監査
・熊本青年会議所 シニアクラブ 事務局長

などを歴任しています。

また、2011年から2018年まで菊陽町議会議員を2期務めています。

選挙活動では、ミニ集会を開き町民の意見を積極的に取り入れています。

2018年の選挙戦では、同級生や息子さんの同級生などから激励されていたようです。

吉本たかとし氏は、地元での評判が良い方のようです。

吉本たかとし/菊陽町長選挙の公約は?

吉本たかとし氏の公約をまとめていきます。

1 未来への投資
子育て環境整備
子育て世代の負担軽減

2 潜在能力への投資
雇用環境の整備
新規就農者への支援
シルバー世代の活躍の場の提供

3 生活・喜びへの投資
高齢者・障害者への支援

4 スポーツと文化への投資
総合運動施設等の環境整備

5 教育への投資
教育環境の整備
いじめ・不登校ゼロを目指す

6 安全への投資
防災・防犯・交通安全活動の推進

7 地域への投資
産業の発展
空港鉄道・幹線道路の整備

8 実現のための投資
町民への情報公開
企業誘致

吉本たかとし氏は、菊陽町には潜在能力があると考えています。

阿蘇くまもと空港高速道路インターチェンジに近いなど、交通の便が良い土地です。

また土地を利用することで雇用促進ができると考えているようです。

子どもから高齢者まで、幅広い世代への支援が考えられています。

潜在能力を活かすことで、菊陽町が発展できるような公約が掲げられています。

吉本たかとし/菊陽町長選挙の立候補した理由は?

吉本たかとし氏の立候補した理由については、

「後藤町政がやってきたことを引き継ぐ。これまでの成果をさらにスピードアップさせて菊陽町をさらに発展させたい。」
引用元:菊陽町の町長選挙 新人3人が名乗り(熊本)

と語っています。

交通渋滞の問題は、デジタル技術の活用により改善に取り組みたいと語っています。

菊陽町の人口を4万3千人から5万人を目指し、菊陽町を「菊陽市」にしたいと目標を掲げています。

吉本たかとし/菊陽町長選挙の選挙結果は?

吉本たかとし氏の選挙結果についてまとめていきます。

菊陽町議会議員選挙
(2011年4月24日投開票)
投票率54.33% 1,243票(当選)
菊陽町議会議員選挙
(2015年4月26日投開票)
投票率49.36% 1,126票(当選)
菊陽町長選挙
(2018年9月30日投開票)
投票率47.31% 7,307票(落選)

吉本たかとし氏は2011年に菊陽町議会議員選挙に当選し、議員として2期務めています。

2018年に菊陽町長選挙に出馬しました。

現職の後藤三雄町長と一騎討ちの選挙戦で、吉本たかとし氏は430票差で落選しました。

吉本たかとし/菊陽町長選挙の引退の可能性は?

吉本たかとし氏の引退に関する情報は得られませんでした。

吉本たかとし氏は50代でお若いですし、菊陽町の発展に努めたいと力強く語っていますので引退の可能性は低いと思われます。

まとめ

吉本たかとし氏は、菊陽町長選挙に2度目の出馬となります。

現職の後藤三雄町長は、4期を務めましたが不出馬を表明しました。

2022年の菊陽町長選挙は、新人3人の選挙戦となります。

吉本たかとし氏は、菊陽町の潜在能力を活かしさらなる発展を目指しています。

ミニ集会を積極的に開いていて、町民の声の届く町政を行ってくれると思います。

2018年の菊陽町長選挙では、430票差という僅差でしたので今回当選の可能性は十分あると思います。

吉本たかとし氏の当選を期待しています。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
町長
選挙立候補者研究所