吉本昌純/和歌山市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う、和歌山市長選挙(2022年8月14日告示、2022年8月21日投開票予定)に和歌山市議会議員の吉本昌純氏が立候補する意向を表明されました。

今回の記事では吉本昌純氏の

・経歴
・家族
・年収
・実績や評判

などの情報をまとめてみようと思います。

吉本昌純/和歌山市長選挙の経歴は?

名前 吉本昌純(よしもと まさずみ)
生年月日 1957年1月23日
出身地 和歌山市
学歴 近畿大学卒業
職業(前職) 寄居町議会議長
趣味 神社・仏閣巡り、スポーツ

吉本昌純氏はこれまで数々のNPO活動を行ってきました。このことから、大きな親切心を持った方だと予想できます。

また、孫が多いことから子どもに関しての意識が非常に高い方だとも予想することができます。

吉本昌純/和歌山市長選挙の学歴は?

吉本昌純氏の学歴は和歌山県立向陽高校卒近畿大学卒となります。

その後、和歌山市役所に勤務し、保護司(犯罪予防活動部)補導員、貴志川線の未来をつくる会幹事などの様々なNPO活動をしてきました。

出身高校は?

秋田県立向陽高等学校は、併設型の中高一貫校になります。

文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールに指定されるなど、理数系教育にも力を入れている学校です。

出身大学は?

近畿大学は、大阪府東大阪市に本部を置く日本の私立大学です。

文理合わせて15学部49学科を擁する総合大学となっています。

また、志願者数が7年連続日本一、世界大学ランキングでは西日本の私大1位を誇る人気大学とされています。

スポンサーリンク

吉本昌純/和歌山市長選挙の家族は?

吉本昌純氏の家族については、一男一女四人家族です。

また、長男夫婦と長女夫婦の孫が合わせて五人もいます。

吉本昌純/和歌山市長選挙の年収は?

吉本昌純氏の年収について情報をまとめてみました。

議員の報酬を調べてみると以下の通りになりました。

月給:370,000×12ヶ月=4,440,000円
期末手当:914,825×2=1,829,650円
年収:4,440,000+1,829,650
=6,269,650円

過去の情報から議員の年収は約637万円と予想されます。

その他にも収入があるかもしれませんが、その他の収入に関する情報は得られませんでした。

スポンサーリンク

吉本昌純/和歌山市長選挙の実績や評判は?

吉本昌純氏は議員となってから下記の実績を持っています。

・議長
・議会運営委員会委員長
・広報委員会委員長決算特別委員会委員長
・地震等災害対策特別委員会委員長

吉本昌純氏の評判についての情報は見当たらないので個人的な予想になりますが、市民の方々とお会いし、話し、暮らしに関わる身近な問題や課題と向き合ってきたり、市民本位、市民が主役のまちづくりを目指し、懸命に活動をしていたことからかなり評判のいい方という印象を受けます。

吉本昌純/和歌山市長選挙の公約は?

選挙公約としては以下の項目に重点しているようです。

1.子どもを育むあったかいまち
2.チャレンジできる・働けるあったかいまち
3.安全で安心なあったかいまち
4.無駄を省き、市民サービスの向上を図るあったかいまち

子どものことをよく考えた印象を受けますね。

個人的に、保育士不足で待機児童が問題になっていたり、虐待のニュースをよく見る今だからこそ、子どもを育むあったかいまちが特に気になりますね。

吉本昌純/和歌山市長選挙の立候補した理由は?

吉本昌純氏は「市職員、市議として40年間、市民が主役の政治を目指してきたが、かなえられていない」と現市政を批判し、「市民が安心安全に暮らせるまちづくりのためには思い切った変化が必要だ」と強調しました。

恐らく、この発言が和歌山市長選挙に立候補した理由だと思われます。

吉本昌純/和歌山市長選挙の選挙結果は?

さて、ここでは吉本昌純氏の選挙結果について書いていきます。

まず、2011年4月24日に行われた寄居町市議会議員選挙では得票数1473票で当選しました。

次に2015年4月26日に寄居町市議会議員に1468票で当選しました。

2019年4月21日も同じく、寄居町市議会議員に当選しました。

現在は4期目で2021年6月~2022年3月、議長を務めました。

吉本昌純/和歌山市長選挙の引退の可能性は?

「市民本位の、市民が安心安全に暮らしていけるまちづくりを加速させるためには思い切った変化が必要です。旧態依然の政治の流れを断ち切らなくてはなりません。しがらみのない私、本昌純にはできます。その覚悟と情熱があります。」

あくまで、私個人の予想ですが上記の文をご自身のサイトに綴っていることから、もし今回の市長選挙に落選したとしても引退する可能性はないのではないかと思います。

まとめ

吉本昌純氏はこれまで数々のNPO活動を行ってきました。

様々な活動を行ってきたからこそ、現場の状況を知っていたりするのではないでしょうか。

そのような状況を知っているからこそ、吉本昌純氏は今後どのような活動をすべきなのかを具体的に述べられていました。

もし、吉本昌純氏が当選したら、和歌山市は新たにいい方向へと生まれ変わるのではないかと思います。

是非、今回の選挙で頑張っていただきたいですね。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所