須賀敬史/蕨市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

須賀敬史/蕨市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

今回の記事では2023年5月28日告示、6月4日投開票予定の蕨市長選挙に出馬予定の須賀敬史氏について記事をまとめていきます。

須賀敬史氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

須賀敬史/蕨市長選挙の経歴は?

名前 須賀敬史(すがたかし)
生年月日 1967年6月1日
出身地 埼玉県蕨市
最終学歴 東京経済大学経営学部卒
職業(前職) 埼玉県議会議員
趣味 不明

須賀敬史について調べましたが、趣味については公式に記載されているものは見つかりませんでした。

しかし、SNSなどでテレビやスポーツ(学生時代はテニス部、ソフトテニス部の部長をされていたそうです)に関する発信が多いことから、この2つが趣味になるのかもしれません。

須賀敬史の議員生活は2007年の蕨市議会議員から始まり、2011年には埼玉県議会議員へ、そしてそのまま3期の任期を終え現在蕨市長選挙に出馬をしています。

市議会議員4年・県議会議員10年超の経験をお持ちの方ですので、本人の言葉を借り「蕨市の代表として、即戦力で市民の声をかたちに」することが可能だと思われます。

須賀敬史/蕨市長選挙の学歴は?

須賀敬史の学歴は浦和市立高校卒東京経済大学経営学部卒になります。
尚、小学校から蕨市内の公立学校に通っていたそうです。

出身高校は?

さいたま市立浦和市立高校はご存じの方も多いと思いますが、多くのサッカー選手を輩出しているさいたま市の中高一貫校です。もちろん運動だけではなく、あの東京大学や京都大学、その他国立医学部にも毎年のように合格者を出している学校です。

出身大学は?

東京経済大学は東京都国分寺市に本部を持つ創立1900年の歴史のある学校です。
政治会には参議院議員の宮本周司さんや、経済界にはソフトバンク副社長兼COOの榛葉淳さん、セブンイレブン社長の永松さんを卒業生に持つプロフェッショナルな大学と言われております。

須賀敬史/蕨市長選挙の家族は?

須賀敬史の家族についての情報ですが、妻の須賀雅子さん1歳の男の子、更に愛犬はなの3人と1匹で暮らしているようです。

須賀敬史/蕨市長選挙の年収は?

須賀敬史の前年度の年収について情報を見つけてきました。

東京新聞での発表によると埼玉県議会議員の所得は1593万円になるそうです。

一般的な県議会議員の所得が1556万円と言われているので、わずかに高いくらいと言った感じになるようです。

詳細はこちらをご覧ください。

須賀敬史/蕨市長選挙の実績や評判は?

須賀敬史の実績については公式サイトにご本人の写真付きで紹介されております。

市議会議員、県議会議員としての15年間の実績として、特にインフラの整備について特に力を入れて活動をされていたようです。
対象者が偏ることの内容老若男女に平等になるよう政策をしている様子がうかがえます。

評判については何か彼を決定図けるものがなかったため今回は不明とさせていただきます。

ですがSNS上でも様々な議員からの応援のコメントをもらっていたり、積極的に市民とコミュニケーションをとっている様子から人柄の良い優しい方と言った印象を受けました。

須賀敬史/蕨市長選挙の公約は?


また、先ほども紹介した

公式サイトにも政策についての紹介がありますのでご覧ください。

公約を簡単にまとめますと

  • 子供親世代の暮らしやすい環境・予算に
  • 老朽施設の立て直し、医療体、介護、福祉の一本化
  • インフラの整備

とこちらでもやはり老若男女を意識した、より良い蕨市の為の公約が記載されています。

コロナ明けの今後に向けて明るい政策が蕨市から全国に広まっていくといいですね。

須賀敬史/蕨市長選挙の立候補した理由は?

これについてもやはり須賀敬史のHPに記載がありました。

蕨のために全力で走ってきました。
しかし、1議員の立場では、どうしても限界がありました。

蕨市は、国や企業からの協力を、十分に得られていない現状があります。

だからこそ、この停滞した蕨を、経験と実績で前に進めたい。

その思いで、今回の挑戦を決めました。

引用元:須賀たかし公式サイト

市議会議員、県議会議員として活動してきた結果、自分が上に立たないといけないと言う考えから市長選挙に立候補されたのかと思われます。

須賀敬史/蕨市長選挙の選挙結果は?

現職のよりたか英雄さんは埼玉県市長会副会長も務める今回4期目の現在59歳で

  • 2019年の市長選挙では2位との差6000票以上の16989票獲得
  • 2011年の市長選挙では2位と2倍以上の差をつけての当選

されている大物です。

SNSでのフォロワー数を比較すると、須賀敬史約670人に対してよりたか英雄さんは約360人と大きく差をつけています。

よりたか英雄さんのこれまでの活動を見る限り、蕨市の財政難であったり、治安の改善をしている実績を見かけるのに対して、よりたか英雄さんはより若者向けの公約が多く感じます。

両者のHPを比較してもよりたか英雄さんのHPは今だガラケー仕様であることなどから、より若者に選挙に参加してもらえる事が須賀敬史当選のカギになるのではないかと思いました。

須賀敬史/蕨市長選挙の引退の可能性は?

引退の可能性は低いと感じました。

それは彼が現職よりも4年ではありますが若いこと、卒業後より政治一筋の彼は今後も地元の蕨市のために努力し続けていくのではないかと思われました。

まとめ

須賀敬史はHPやSNSが非常に見やすくなっており、政治に興味がない若者世代に、もっと自分を知ってもらおうという姿勢を感じました。

蕨市の市長選挙は投票率が徐々に低下し、前回の2019年の選挙ではいよいよ50%を切る勢いとなっています。(年齢層は公開されていない為不明です)