米澤光治/敦賀市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

任期満了に伴う敦賀市長選挙(2023年4月16日告示、4月23日投開票)において米澤光治氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、米澤光治氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

米澤光治/敦賀市長選挙の経歴は?

名前 米澤光治(よねざわこうじ)
生年月日 昭和42年7月18日
出身地 福井県敦賀市
最終学歴 筑波大学院修了(理工学修士)
職業(前職) 敦賀市議会議員

米澤光治/敦賀市長選挙の学歴は?

米澤光治氏の最終学歴は、筑波大学院修了(理工学修士)です。

出身高校は?

米澤光治氏の出身高校は、福井県立武生高等学校です。

福井県越前市にある県立高校で、旧制中学校時代から地域の教育を担ってきた伝統校です。

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されています。

出身大学は?

米澤光治氏の出身大学は、筑波大学です。

設置者である国立大学法人筑波大学は指定国立大学法人で、文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校です。

積極的に産学連携活動を行っており、筑波大学発ベンチャー企業数は平成18年度末で61件(日本の大学で第3位)の実績があります。

また、平成18年度の大学発ベンチャー新設数は8件(日本の大学で第1位)です。

米澤光治/敦賀市長選挙の家族は?

米澤光治氏の家族について調査しましたが、情報がありませんでした。

米澤光治/敦賀市長選挙の年収は?

米澤光治氏の年収や月収についてですが、WEBサイトからの情報によると年収や月収は以下の通りになると予想されます。

40万円(月収)×12ヶ月=480万円
期末手当:130万円
480万円+期末手当130万円=610万円

参照:市職員給与公表-敦賀市

米澤光治/敦賀市長選挙の実績や評判は?

米澤光治氏の実績については、主に下記の項目が挙げられています。

  • 議会運営委員会委員長
  • 広報公聴委員会委員長
  • 文教厚生常任委員会副委員長
  • 原子力発電所特別委員会副委員長

参照:米澤光治後援会

米澤光治氏は、2015年に敦賀市議会議員選挙で当選後、様々な実績を重ねています。

評判については情報が見当たらないので個人的な予想になりますが、かなり評判のいい方という印象を受けます。

米澤光治/敦賀市長選挙の公約は?

米澤光治氏の選挙公約としては以下の項目に重点しているようです。

  1. 地域経済を、あたらしいステージへ
  2. 子育て支援を、あたらしいステージへ
  3. 高齢者の安心を、あたらしいステージへ
  4. 身近な生活を、あたらしいステージへ

米澤光治氏は、敦賀市を発展させるため4つの政策を掲げています。

全国の行政に良い影響が出ればよいなと個人的に思います。

米澤光治/敦賀市長選挙の立候補した理由は?

米澤光治氏は出馬会見の際、以下のようにコメントされています。

  • 「新幹線開業を(選挙の)1年後に控え敦賀を取り巻く環境は変わってくる」
  • 「観光をビジネスとして活性化させないといけない」

また、「市民の皆さんと相談し、新しいステージに一緒になって上がっていきたい」と述べています。

米澤光治/敦賀市長選挙の選挙結果は?

米澤光治氏の過去の選挙結果は以下の通りです。

敦賀市議会議員選挙(2015年04月26日) 2,236票(当選)
敦賀市長選挙(2019年04月21日) 15,128票(落選)

米澤光治/敦賀市長選挙の引退の可能性は?

米澤光治氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

現在の年齢や経歴・行政に対する思いからも引退される可能性は低いと考えられます。

まとめ

米澤光治氏についての情報をまとめました。

敦賀市を発展させるため4つの政策は魅力的であると感じました。

過去の地道な活動や実績がどう評価されるか個人的に気になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長