横尾俊彦/多久市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

横尾俊彦/多久市長選挙の経歴は?

横尾俊彦氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 横尾俊彦(よこおとしひこ)
生年月日 1956年5月5日
出身地 佐賀県多久市
最終学歴 佐賀県立小城高等学校、
慶応義塾大学法学部政治学科卒業
職業(前職) 全国ICT教育首長協議会会長、地域IoT官民ネット共同代表、厚生労働省オンライン資格確認等検討会議委員等、現多久市長
趣味 読書、音楽鑑賞、バスケットボール、史跡・寺社仏閣の探訪

横尾俊彦氏は佐賀県多久市に生まれ、佐賀県内で高校まで進学。大学は慶応義塾大学政治学科に進み、卒業後は松下政経塾の1期生として入塾。松下幸之助氏から直接教示を受けます。

1997年に多久市長に就任後、全国ICT教育主張協議会等、多くの協議会の立ち上げや、総務省や厚生労働省の検討議会委員に選出されており、とても精力的に地域活性化のために活動されている方ですね。

趣味も読書からスポーツにまで多岐にわたり、即興替え歌カラオケの十八番もあるほど。なかなか面白い方のようです。

横尾俊彦/多久市長選挙の学歴は?

横尾俊彦氏の学歴は、佐賀県立小城高等学校慶応義塾大学法学部政治学科卒業になります。

出身高校は?

佐賀県立小城高等学校は佐賀県小城市にある公立の進学校です。各学年にスタンダードクラスとグレードクラスがあり、グレードクラスでは高いレベルの指導を受けることが出来ます。

大半の生徒が進学を選択し、進学先は佐賀大学や福岡大学、久留米大学等の地元の国立大学や難関私立大学等。

部活動も盛んで、野球部は甲子園の出場経験があります。佐賀県内でも高いレベルを誇る公立学校として人気の学校です。

出身大学は?

横尾俊彦氏が卒業したのは、慶応義塾大学政治学科です。

東京都内に位置する慶応義塾大学政治学科では、最初の2年間で政治学の基本を学び、3・4年生では自らの専門分野を深める教育体系となっています。

文献研究はもとより、熱い議論を交わしながら「自ら考える力」を身に付け、有為な人材の育成を行っています。

卒業生は国会議員や地方議員、外交官や国家公務員等様々な分野のスペシャリストを輩出。講義が楽しいとも評判の学部で、就職にも手厚いため非常に人気のある学部です。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所