山下真/奈良県知事選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

山下真/奈良県知事選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
知事

今回の記事では2023年3月23日告示、4月9日投開票予定の奈良県選挙に出馬予定の安達澄氏について記事をまとめていきます。

山下真氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

山下真/奈良県知事選挙の経歴は?

名前 山下真(やましたまこと)
生年月日 1968年6月30日
出身地 山梨県山梨市
最終学歴 京都大学法学部卒業
職業(前職) 弁護士
趣味 マラソン、カラオケ

山下真氏は高校卒業後、東京大学文学部に入学、無事に卒業されます。

卒業後は新聞記者として働いていましたが刑事事件の取材を通して弁護士になることを一念発起。

京都大学法学部に3年次編入学し、無事に卒業し大阪にて弁護士として活動。

弁護士活動を続ける中で社会や政治の仕組みを変えなければ解決できないという思いに駆られ政治家を目指すことを決意されました。

その後、2006年に生駒市長選挙に初出馬で初当選し9年間に市の借金を120億円減らす実績を上げています。

市長を務める中で奈良県の政治の体質が古いことを実感し、県全体を変えたいことから2015年に奈良県知事選挙に出馬しましたが惜敗しています。

簡単な経歴を見るだけでも非常に行動力が持っていらっしゃることが予想できます。

山下真/奈良県知事選挙の学歴は?

山下真氏の学歴は駿台甲府高等学校卒東京大学文学部フランス語フランス文学科卒

東京大学卒業後一旦新聞社に就職するも2年後に京都大学法学部3年次に編入し、無事卒業しています。

出身高校は?

駿台甲府高等学校は小中高一貫校で山梨県内において上位に位置する私立の進学校です。

多くの生徒が難関大学や国公立大学に進学していることで知られています。

特に、医学部や理系学部に進学する生徒が多いとされています。

出身大学は?

山下真氏は2つの大学を卒業していますので順番に説明いたします。

東京大学は、日本を代表する国立大学であり、世界でも高い評価を受けています。

ノーベル章受賞するような優れた研究者を輩出する高い研究力や、文系から理系まで幅広い学問分野を網羅するカリキュラムがあります。

京都大学は、日本を代表する国立大学です。

人文科学や社会学科、自然学科、医学などの分野で特に高い研究力を発揮し成果を上げている大学です。

キャンパスが特徴的で美しい自然に囲まれていて中でも本部キャンパスは、国宝や重要文化財に指定されている建物が複数存在しています。

山下真/奈良県知事選挙の家族は?

山下真氏のご家族についてですが妻と高校生の男女の双子さんで4人家族です。

山下真/奈良県知事選挙の年収は?

山下真氏の年収について情報をまとめてみました。

弁護士の年収は経験年数や専門分野、勤務地などによって異なります。

年収に大きなばらつきがありますので下記の参考資料を元に予測数値を出していますので参考程度にして下さい。

約175万円(月収)×12ヶ月=2100万円
賞与に関しては個人事業のため含めていません

参考資料:近年の弁護士の実勢について

山下真/奈良県知事選挙の実績や評判は?

山下真氏の実績ですがご自身の公式サイトにて活動ごとにまとめられています。

生駒市長を3期9年務めあげ、行財政改革等により市の借金を120億以上減らした際には「住みよさランキング関西4位」に選ばれるなど実績を上げています。

山下真氏の評判ですが情報は残念ながら見当たりませんでした。

個人的な予想になりますが市長を務めた経験と実績を拝見するとかなり評判が良いと考えます。

山下真/奈良県知事選挙の公約は?

山下真氏は公式サイトやTwitterにて以下の項目を公約に掲げています。

これから先のことを奈良県の状況を踏まえて練られた構想という印象を受けます。

観光振興の一助になる2025年の大阪・関西万博もあり好機とみているようですのでそれをバネに奈良県を是非良くしていってほしいですね。

山下真/奈良県知事選挙の立候補した理由は?

山下真氏が立候補した理由については情報が得られませんでした

個人的な予想ですが出馬表明時の記者会見にて次のように述べられていたのが理由かと思います。

独断専行的な県政がよくならないどころか、ますますひどくなってきているのではないかという危惧をいち県民として抱いていた。徹底した行財政改革により、財源を捻出し、奈良県においても大阪や京都並みの行政サービスを提供していきたい
引用元:NHKニュース

山下真/奈良県知事選挙の選挙結果は?

山下真氏の選挙結果ですが3度の生駒市長選挙と2015年の奈良知事選挙、2017年の奈良市長選挙に出馬しています。

それぞれの結果を下記にまとめました。

2006年 生駒市長選挙:全体投票率45.64% 獲得票数:27,540 結果:当選

2010年 生駒市長選挙:全体投票率53.15% 獲得票数:26,997 結果:当選

2014年 生駒市長選挙:全体投票率38.87% 獲得票数:24,729 結果:当選

2015年 奈良県知事選挙:全体投票率51.05% 獲得票数:227,687 結果:落選

2017年 奈良市長選:全体投票率51.01% 獲得票数:59,912 結果:落選

近年の選挙結果は落選続きで残念な結果ですがどちらも得票率は40%付近と十分に当選の可能性のあるものでしたので今度の知事選挙でも十分以上に当選する可能性があると思います。

山下真/奈良県知事選挙の引退の可能性は?

山下真氏の引退に関する情報は残念ながら得られませんでした

ですが、私の個人的な予想になりますがまだお若いこととこれまでの選挙活動や市民団体での活動を見ていると、落選したとしても再び活動を再開することは間違いないと考えています。

まとめ

37歳の若さで市長に初当選し、初めは苦労が伺えましたが確実に実績を積み上げられて3度も市長選挙当選したことは素晴らしいことだと思います。

市長の経験や市民団体での活動、弁護士で身に着けた問題解決の力を活かして今回の知事選挙で力を発揮して欲しいです。