山崎晴恵/宝塚市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う兵庫県宝塚市長選挙(2021年4月4日告示、4月11日投開票)に無所属新人で弁護士の山崎晴恵氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、山崎晴恵氏に関する情報をまとめています。

山崎晴恵氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。


スポンサーリンク

山崎晴恵氏/宝塚市長選挙の経歴は?

名前:山崎晴恵(やまさきはるえ)
生年月日:1970年1月29日
出身地:岡山県岡山市
出身校:神戸女学院大学 卒業
    京都大学大学院 法学研究科 修了
    神戸大学大学院 法学研究科 修了
趣味:テニス

山崎晴恵氏の学生時代は軟式テニス部に所属されてしました。

大学卒業後は損害保険会社で勤務され、仕事をされながら産業カウンセラーの資格を取得されています。

このカウンセラー時代の活動を契機に弁護士資格を取得されています。

その後、兵庫県内大手法律事務所での勤務を経て、宝塚ソフィア法律事務所を開設され代表を務められています。

スポンサーリンク

山崎晴恵氏/宝塚市長選挙の家族は?

山崎晴恵氏の家族構成について調査した結果、残念ながら情報は存在しませんでした。

もし、ご結婚されていて、お子さんがいらっしゃったら成人されている可能性もありますね。

山崎晴恵氏/宝塚市長選挙の年収は?

山崎晴恵氏の年収について情報をまとめてみました。

・給料480,000円×(12ヶ月)=5,760,000円

この金額は全国における弁護士の平均月収です。

山崎晴恵氏は弁護士事務所の代表を務められていることから、この金額以上の年収が想定されます。

山崎晴恵氏/宝塚市長選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは山崎晴恵氏の選挙結果について書いていきます。

山崎晴恵氏は今回が初選挙になることから、過去の宝塚市長選挙の投票率について調査します。

直近では2017年4月16日執行の宝塚市長選挙の投票率は39.13%でした。

次に2013年4月14日執行の投票率は45.94%台でした。

過去の投票率より今回の選挙では40%台の投票率が見込まれます。

まとめ

山崎晴恵氏は三つの基本施策にいずれも「OPEN」のキーワードを織り交ぜ、積極的な情報発信や医療体制の整備をはじめ、いじめや体罰問題などの教育現場の課題に迅速に対応できる相談窓口の設置などを掲げられています。

この「OPEN」の意味として、市長は市民の声を吸い上げなければならない。

また、市民に声を上げてもらうには、正しい情報を知ってもらう必要があり、市民に必要な情報を正しく共有する事とされています。現在の中川智子市長の事実上の後継候補という立場で初当選を目指されます。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所