若林洋平/御殿場市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

2009年に御殿場市長初当選され、その後2013年に2期目に無投票で当選され、2017年に3期目に当選され、今年4期目を狙って出馬される現御殿場市長の若林洋平さん(49)について、

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

を見ていけば、若林洋平さんがどんな方なのか見えてくるのではないかということでここでは若林洋平さんについて拝見します。

 
 

スポンサーリンク

若林洋平//御殿場市長選挙の経歴は?

若林洋平さんの経歴は以下の通りです。

名前:若林洋平(わかばやしようへい)
生年月日:1971年12月24日
出身地:茨城県水戸市
学歴:埼玉大学理学部化学科卒業
職歴:大正製薬医薬部

若林洋平さんは2001年に御殿場にある病院に就職します。その後、事務長を経て、社会法人の評議員を勤められた後、2007年には静岡県県議会議員に自由民主党の公認をえて出馬されていますが、落選。

2009年に無所属で御殿場市長選に出馬され、現役市長だった長田開蔵さんを破って当選しています。2013年に選挙がありましたが他の候補者が出馬されず、当選、2017年には新人の石橋淳弘さんを破って当選、今年2021年1月31日に4期目を狙って出馬されます。

好きなことは美味しい蕎麦を食べることと、他にスポーツ全般、野球、スキー、空手が好きだそうです。

また、若林洋平さんの髪型は、富士山の形になっているということで、髪型でも御殿場市を宣伝しているのだそうです。

若林洋平さんの今までの政策として、ゴミの処理を環境を考えて行うということや、コロナ対策、御殿場市は小学6年生まで放課後児童教室(学童)が全ての小学校に整っていること、住みよい御殿場市にするなど、静岡県で最も若い市長としてすでに12年活動されています。

今後の対策としては、目標は「誰一人残さない」ことで、静岡県では女性の寿命が1番長い市、男性は3番目ということもあり、高齢者福祉、子育て支援、障害者に配慮するなどまだまだやることがたくさんあるようです。

 
 

スポンサーリンク

若林洋平/御殿場市長選挙の家族は?

若林洋平さんはご結婚されていて、お子さんが3人います。

若林洋平さんは「内助の功」を感謝していて、いい夫でいい父親であるということです。

ご自身のことは、正義感が強くて負けず嫌い、行動力があって果敢にチャレンジする人だそうです。

若林洋平/御殿場市長選挙の年収は?

広報ごてんば2015年12月25 日号によると市長の月収は87万円となっています。

年で1044万、また期末手当てはここでは年4.10ヶ月分となっておりましたが、他の政府広報誌を見ると期末手当ては年4.4カ月となっているため、こちらを採用して、年収は1426.8万円となります。

若林洋平/御殿場市長選挙の選挙結果は?

今年2021年、令和3年1月31日に執行されますので、結果はまだ出ていません。

参考までにですが、前回の投票率は56.5%でした。

まとめ

御殿場は子供の頃よく行ったので思い出して懐かしくなりました。御殿場市は確かに暮らしやすそうです。

若林洋平さんは4期目を目指して市長選に出るということですが、御殿場市はコロナのために市民が不自由していることから、水道基本料金を半年間無料にしたりなかなか進んでいて、コロナの対策もよく考えられていると思います。

対抗候補に新人で経営コンサルタントの鈴木祐太郎さん(27)が出馬を宣言、3歳から高校卒業まで御殿場市で育ったことを話されています。

対抗候補の方はとても優秀そうな方ですが、ちょっと若すぎるのではないかと思ってしまいます。27歳だったらまだよくシニアの方の希望なども知らないだろうし、これから結婚されるのか分かりませんが、まだ私事が忙しいだろうと思ってしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所