宇田川ゆうじ/杉並区議会議員補欠選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

2022年06月19日投開票予定の杉並区議会議員補欠選挙に宇田川ゆうじさんが出馬されるようなので、宇田川ゆうじさんについて記事をまとめてみようと思います。

宇田川ゆうじさんの

・経歴
・家族
・年収
・公約

などの情報について記事をまとめていきます。

スポンサーリンク

宇田川ゆうじ/杉並区議会議員補欠選挙の経歴は?

名前 宇田川ゆうじ(うだがわゆうじ)
生年月日 1984年05月25日
出身地 杉並区 荻窪
最終学歴 日本大学法学部 政治経済学科卒業
職業(前職) JR東海 新幹線運転士
趣味 子どもとキャンプに行くこと、虫取り

宇田川ゆうじさんは、都民ファーストの会に所属されている若手の政治家です。

2020年に都議会議員あかねがくぼかよ子さんの秘書として活動されたのち、ご自身の出身地である杉並区の議会議員補欠選挙で初めて立候補されました。

趣味はお子さんとキャンプに行くことや、公園でモルック※ということで、お子さんと一緒にアウトドアをされるのがお好きなようです。

パパとして子どもたちの未来を考えるという方針を掲げられており、5/12(木)にTwitterにUPされている街頭演説でも、現在杉並区の公園で子どもたちが「ボール遊び」をできる公園が9件しかないこと、お子さんが友達と公園でゲーム機で遊んでいたこと、子どもたちの体力低下を課題として掲げられていました。

宇田川ゆうじさんのTwitterによると、現在は杉並区議会議員補欠選挙に向けてポスティングや街頭演説を頻繁に行われているようです。

※モルックとは…
英語でフィンランドの投擲競技という意味で、棒を投げてピンを狙う棒倒しのスポーツです。モルックは、チーム戦で争い、木製の棒を用いて、同じく木製のピンを倒すことで点数を競い合います。

スポンサーリンク

宇田川ゆうじ/杉並区議会議員補欠選挙の学歴は?

宇田川ゆうじさんの学歴は以下の通りです。

・杉並区立荻窪小学校 卒業
・杉並区立宮前中学校 卒業
・都立豊多摩後高等学校 卒業
・日本大学 法学部 政治経済学科 卒業

出身高校は?

都立豊多摩後高等学校は、東京都杉並区にある都立の高等学校です。

文武両道を掲げており、2007年に進学指導推進校に、2009年にスポーツ教育推進校に指定されました。

偏差値は64で、東京都内公立高校/227校中22位の偏差値となります。

運動部はサッカー部やラグビー部が全国大会に出場するなど、活躍を見せています。

卒業生には、スタジオジブリの宮崎駿や、詩人の谷川俊太郎が居ます。

卒業式では本校卒業生の谷川俊太郎の詩「あなたに」を朗読するのが伝統になっています。

出身大学は?

日本大学は、1920年に設置された、日本最大規模の私立大学です。

16学部87学科を設置し、医学部、歯学部、薬学部、獣医学部の6年制4学部、20の研究科と、5つの付属病院が置かれています。

偏差値は37.5~67.5と幅広く、宇田川ゆうじさんが卒業された法学部政治経済学科は偏差値が50.0となっています。

日本大学は「大学図書館蔵書冊数」「学生数」「インターンシップ参加学生数」など全国トップクラスで出身大学別社長数は全国1位の人数を誇っています。

宇田川ゆうじ/杉並区議会議員補欠選挙の家族は?

宇田川ゆうじさんのご家族について調べたところ、情報は見当たりませんでした…

宇田川ゆうじさんご自身のご家族は、奥様と3人のお子さんがいらっしゃるそうです。

宇田川ゆうじさんのブログの中で娘さんに絵本を読んであげている記事等もあり、育児にも積極的にかかわっているご様子がうかがえます。

宇田川ゆうじ/杉並区議会議員補欠選挙の年収は?

宇田川ゆうじさんの年収についてですが、今回は前職の新幹線運転士の想定年収を調べてみました。

新幹線運転士の月給が、約40万円とのことから、おおよその年収を算出してみます。

月給:40万円×12ヵ月⁼480万円
基本給:480万円+賞与160万円(4ヵ月分)⁼640万円

宇田川ゆうじさんの前職での想定年収は640万円となります。

その他にも収入があった可能性もありますが、特に情報は見当たりませんでした。

宇田川ゆうじ/杉並区議会議員補欠選挙の実績や評判は?

宇田川ゆうじさんの実績についてですが、今回初出馬とのことで、今後のご活躍が期待されている状況となっています。

Twitterでは、都民ファーストの会を支持されている方から、応援ツイート等が寄せられていました。

日々ポスティングや街頭演説で政策やお人柄をアピールされていることと思いますので、今後も宇田川ゆうじさんを応援される方が増えてくるのではないでしょうか。

宇田川ゆうじ/杉並区議会議員補欠選挙の公約は?

宇田川ゆうじさんは、ご自身の公式ホームページにて、政策として以下を掲げていらっしゃいます。

①子育て支援
②安全対策
③産業と雇用の活性化
④デジタル政策

①の子育て支援では、子育て世代が安心して働ける環境づくりとして、病児・病後児保育の整備や学童の充実化を図る政策を打ち出しています。

②安全対策については、道路の危険個所改善、防犯カメラの設置等で通学・通勤の安全化に努める方針です。

③産業と雇用の活性化では杉並区独自のふるさと納税の提案、④デジタル政策では行政手続きの効率化を図るなど、子育て支援を中心としつつ、杉並区の未来を創る政策を掲げています。

宇田川ゆうじ/杉並区議会議員補欠選挙の立候補した理由は?

宇田川ゆうじさんの立候補された理由に関しては、宇田川ゆうじさんご自身で以下の通り語られています。

三児の父親として、子供たちの未来を守り、創っていかねばならないと強く思ったからです。またこれまで育ててもらった地元、地域に貢献したいと思ったからです。

これからの未来を創っていく子どもたちのためや、生まれ育った町への恩返しとして政治の力で地域をよりよくしていこうとお考えになったようです。

参考:選挙ドットコム

宇田川ゆうじ/杉並区議会議員補欠選挙の引退の可能性は?

宇田川ゆうじさんの引退に関する情報については、特に見当たりませんでした。

今回が政治家として初挑戦の舞台ですので、現在は引退については考えていらっしゃらないかと思われます。

まとめ

宇田川ゆうじさんは、都議会議員あかねがくぼかよ子さんの秘書としてのご経験と、ご自身が働きながら3人のお子さんを育てているパパとして、杉並区民の子育てを応援する政策を掲げ、今回の杉並区議会議員補欠選挙に挑みます。

働く両親が安心して子どもを預けることのできる環境整備をはじめ、子育て世代の杉並区転入支援や子どもたち自身が楽しく遊ぶことのできる公園整備やおむつ交換台の拡充など、杉並区全体で子育てできるまちづくりを目指します。

また、アニメ制作会社数全国1位、農地面積東京5位という杉並区の特徴を活かした独自のふるさと納税制度で、全国へ杉並区の魅力を発信するとともに、杉並区独自の農産物やアニメ支援、起業支援等で雇用の創出に努めます。