内田悦嗣/浦安市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う千葉県浦安市長選挙に(2021年3月25日)に同市長の内田悦嗣氏が再選を目指されて、立候補を表明されましたので、内田悦嗣氏に関する情報をまとめています。

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

内田悦嗣/浦安市長選挙の経歴は?

名前:内田悦嗣(うちだえつし)
生年月日:1965年2月13日生まれ
出身地:千葉県東葛飾郡浦安町大字堀江(現・浦安市堀江)
出身校: 浦安町立(現・市立)南小学校 卒業
國學院大學法学部 卒業
趣味:テニス、ゲートボール、ウオーキング

最初に浦安市役所で勤められてから、浦安市議会議員と千葉県議会議員になられました。その後、浦安市長として初当選(27,448票)。

地域活動だけではなく、体づくりにも熱心に取り組んでいらっしゃいます。「有言実行」という、目標に向かって努力する態度が伺えるでしょう。

スポンサーリンク

内田悦嗣/浦安市長選挙の家族は?

内田悦嗣氏は家族が非常に多く、妻、長男、長女、次女、両親7人の家族がいらっしゃることから、他の人に対する思いやりが深いことが分かります。

内田悦嗣/浦安市長選挙の年収は?

内田悦嗣氏の年収については不明でしたが、千葉県浦安市の公務員はほかの地域に比べると、最も高い年収があり、年収は平均で約765万円であることが判明します。

内田悦嗣/浦安市長選挙の選挙結果は?

ここで内田悦嗣氏の選挙結果について書いていきます。

2017年3月26日に初めて出馬された浦安市長選挙では、27,448票獲得して当選。全体の投票率は47%でした。

3月の浦安市長選挙でも当選する可能性が高いかもですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、内田悦嗣氏について記事をまとめてみました。

家庭も仕事もうまくいく人物は、なかなか稀な存在でしょう。

もう一度浦安市長になるには、この方がふさわしい人物なのではないでしょうか。