土屋優行/下田市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年6月16日告示、同年6月23日に投票が実施される下田市長選挙に、土屋優行氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、土屋優行氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

土屋優行/下田市長選挙の経歴は?

土屋優行氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 土屋優行(つちや まさゆき)
生年月日 1955年4月5日
出身地 静岡県下田市
最終学歴 東北大学法学部
職業 元静岡県副知事
趣味 非公開

土屋優行氏は、1955年4月5日に静岡県下田市で生まれました。

高校までの経歴は不明ですが、幼少期から青年期まで地元で過ごしたと考えられます。

大学は東北大学法学部に入学し、政治に関する知識を習得したと予想されます。

卒業後は静岡県職員として採用され、経営管理部長・経済産業部長・賀茂振興局長兼政策調整監などを歴任した後、同県の副知事に就いています。

土屋優行/下田市長選挙の学歴は?

土屋優行氏が通った高校に関しては情報がありません

高校卒業後は、東北大学法学部に入学・卒業しています。

出身高校は?

土屋優行氏が通った高校については、情報がありませんでした。

出身大学は?

土屋優行氏は、東北大学法学部に入学・卒業しています。

東北大学は、1907年に日本で3番目の帝国大学として設立した伝統ある国立大学です。

「研究第一」と「門戸開放」の理念を建学以来掲げており、世界最高水準の研究・教育の創造を目指しています。

土屋優行氏は同大学の法学部に所属し、法律や政治についての知識を習得したと考えられます。

土屋優行/下田市長選挙の家族は?

土屋優行氏の家族に関しては、情報が得られませんでした。

土屋優行/下田市長選挙の年収は?

土屋優行氏は、元静岡県副知事として活躍しました。

静岡県副知事の年収については公開情報がありません。

しかし、全国副知事の年収平均が93万円程度であることから、1,116万円(93万円×12か月)に期末手当を加えた額であることが予想されます。

土屋優行/下田市長選挙の実績や評判は?

土屋優行氏は、静岡県職員に採用後、様々な経歴を経て同県副知事を歴任しています。

同県の様々な重役を歴任する中でも、悪い評判は聞こえてきていません。

誠実に県に尽くす姿勢が感じられます。

土屋優行/下田市長選挙の公約は?

土屋優行氏が下田市長選挙における公約は明言されていません。

地元紙の取材に対しては、以下2点への取り組みを示唆しています。

・支出削減のため教育委員会を近隣の町と統合する
・災害対策に力を入れる

土屋優行/下田市長選挙の立候補した理由は?

土屋優行氏が下田市長選挙に立候補した理由としては、地元報道の取材に対し、現在の市の運営に政策を実現する力が足りないことを指摘し、資金の使い方を熟知している同氏の適正性を主張しています。

土屋優行/下田市長選挙の選挙結果は?

土屋優行氏は、これまで選挙に立候補した経験がありません。

土屋優行/下田市長選挙の引退の可能性は?

土屋優行氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

同氏は、長年静岡県に尽くしてきた経歴を持ちます。
下田市については地元であり、現在の政治に対して不満を持っていることが明らかであるため、今回の選挙で落選しても何らかの形で貢献したい気持ちを強く持っていると予想されます。

高齢ですが、政治家としてはまだまだ将来性があるため、引退はしないのではないかと考えられます。

まとめ

以上、土屋優行氏について下田市長選挙との関連で紹介してきました。

社会人生活をすべて静岡県のために尽くしている同氏は、下田市の現状についても熟知していると考えられます。

市長になった場合は、地元の生活を最優先した政策を展開してくれるのではないかと期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長