津藤真知子/新庄市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

任期満了に伴う山形県新庄市長選(2023年9月3日告示、同年9月10日投開票)に、津藤真知子氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、津藤真知子氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

津藤真知子/新庄市長選挙の経歴は?

津藤真知子氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 津藤 真知子(つとう まちこ)
生年月日 1962年9月23日
出身地 山形県最上郡真室川町
最終学歴 山形県立新庄南高等学校卒業
職業 会社顧問
趣味 スポーツ観戦、バンド演奏を聴くこと、スキー、バレーボール

津藤真知子氏は、1962年に山形県最上郡真室川町で生まれ、山形県立山形南高等学校を卒業しています。

1981年高等学校卒業後に製薬会社に入社しましたが、2年後に結婚の為退社しています。

2001年には、地元物産会社の常務取締役に就任し、20年後の2021年には社長に就任しました。

つとう まちこ official website

つとう まちこ後援会 Facebook

津藤真知子/新庄市長選挙の学歴は?

津藤真知子氏は、山形県最上郡真室川町で生まれ、山形市内にある山形県立山形南高等学校を卒業しています。

出身高校は?

山形県立山形南高等学校は、山形県山形市に所在する県立の高等学校です。

1941年山形県立山形第二中学校として創立し、1948年の学制改革により新制高等学校となり、山形県立山形第二高等学校と改称されました。

1950年には現在の山形県立山形南高等学校と改称されています。

現在では普通科と理数科の2科で学校運営されています。

卒業後の進路としては、東北、関東地方の国公立大学や北海道、東北、関東地方の私立大学を中心に進学しています。

山形県立山形南高等学校ホームページ

津藤真知子/新庄市長選挙の家族は?

津藤真知子氏の公式サイトには、結婚のため退社との記載があり、ご結婚を機に当時勤務していた会社を辞めたという記載があります。

ここから、ご家族がいるということは想定できますが、家族構成やお名前等の詳細の情報は見当たりませんでした

津藤真知子/新庄市長選挙の年収は?

津藤真知子氏のプロフィールでは、2021年度5月に民間企業の代表取締役に就任、2023年5月に同社の顧問就任とあり、現在は顧問の職を担っているようです。

しかし、津藤真知子氏の現在の給与(顧問)や前職の給与(社長)についての情報は得ることができませんでした。

会社情報を確認してみても、売上高等の情報は得られず、資本金が2,300万円、従業員は11名(いずれも2022年)であるという情報が得られました。

あくまで参考程度になりますが、日本実業出版社の「役員報酬・賞与・退職金 中小企業の支給相場」によると、20名以下の企業の社長の月収額は70万円になっていました。

津藤真知子/新庄市長選挙の実績や評判は?

津藤真知子氏の評判についての詳しい情報は得られませんでした。

しかし、県や新庄市において、数々の行政委員会や経済団体の委員や役員を務めていることや、氏のFacebookに対して地元の人々からの多くの応援のコメントなどがありました。

これらから一定の支持者、支援者が存在があり、津藤真知子氏への期待は厚いものであると思われます。

津藤真知子/新庄市長選挙の公約は?

津藤真知子氏は、現段階で公約を発表していませんが、今回選挙の争点の一つである「道の駅」については整備推進のスタンスを取り、加えて「女性の市政への登用」、「魅力的な地域産業の創出」についても施策として掲げられています。

津藤真知子氏のホームページでは、⓵新庄もがみの道の駅を、⓶高齢者の皆さんをずっと元気に、➂女性の声を、⓸こどもを守る、⓹攻めの農業を、⓺魅力的な地域産業の創出という6つの目標が掲載されています。

今後、これら6つの取組み目標に付随する、より具体的な目標や計画等が発表されると考えられます。

津藤真知子/新庄市長選挙の立候補した理由は?

津藤真知子氏は2023年5月、「このままでは元気を失うばかり。市民の皆さんとみんなで新庄・最上を活性化させたい」と立候補を表明しています。今回選挙の争点の一つである新庄インターチェンジ付近の「大規模な道の駅」については、公園やアスレチック広場などを備えた大規模施設の整備を推進しています。

同時に、「女性の市政への登用、魅力的な地域産業の創出」に取り組んでいきたい」という目標を掲げています。

新庄市・最上エリアの活性化のために、自身がやらねばならないという思いから出馬に至ったものと考えられます。

津藤真知子/新庄市長選挙結果は?

津藤真知子氏は、これまで選挙に立候補した経験はなく、今回選挙が初陣となります。よって、これまでの選挙結果はありません。

津藤真知子/新庄市長選挙の引退の可能性は?

津藤真知子氏は今回選挙が自身初めての選挙ですので、現段階では引退の情報はありません。

まとめ

これまで、民間企業での仕事にくわえて、県や市の行政員会や経済団体で医院や役員を担ってきた津藤真知子氏。

自身の目標である新庄市が元気になり、みんなで新庄・最上を活性化させたいという想いを果たすための初出馬となります。

現時点では、対抗として現市長への5戦目を目指す山尾順紀氏、新庄市区選出の前県議会議員である山科朝則氏が出馬を表明しています。

現職で5期目を目指す山尾順紀氏に対して、女性登用や魅力ある地域の創出を掲げる津藤真知子氏、地域医療の充実や農業振興を掲げる山科朝則氏が挑む形の選挙になりそうです。

争点の一つである道の駅については、長年、観光物産業を営んできた津藤真知子の意見はポイントになりそうです。

新庄市民にとって、これからの新庄エリアを創っていくための重要な選挙になると思われます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長