土屋龍一郎/長野市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

長野市長選挙(2021年10月24日告示、10月31日投開票)に土屋龍一郎氏が立候補する意向を表明されましたので、土屋氏に関する情報をまとめています。

土屋龍一郎氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

土屋龍一郎/長野市長選挙の経歴は?

土屋龍一郎氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 土屋龍一郎(つちやりゅういちろう)
生年月日 1961年9月16日
出身地 長野県長野市
最終学歴 長野県長野高等学校卒業後、
成蹊大学法学部卒業
職業(前職) 株式会社エムウェーブ元代表取締役社長、公益社団法人日本青年会議所2001年度会頭
趣味 スポーツ全般、バンド活動

土屋龍一郎氏は長野市に生まれ、大学卒業後は長野に帰郷。

家業である株式会社に入社し、1998年の長野冬季オリンピックでは、土屋氏も当時の長野青年会議所理事長として尽力されたのだとか。

2012年以降は「株式会社エムウェーブ」の代表として、オリンピック施設の経営を行い、2017年惜しまれながらも退任。

2017年度に長野市長選に挑戦しましたが惜しくも僅差で落選となりました。

今回、再度の長野市長選への挑戦となります。

土屋龍一郎/長野市長選挙の学歴は?

土屋龍一郎氏の学歴は、長野県長野高等学校卒業後成蹊大学法学部卒業になります。

出身高校は?

長野県長野高等学校は長野市に位置する高等学校で、長野県1の偏差値を誇る公立高校です。

毎年3/4近くの学生が現役で大学合格し、東大や京大等の難関大学への合格者を輩出。

部活動も活発で、合計40程の部と同好会があり、幅広いコミュニティに属することができます。

同校卒業の有名人は、元東京都知事の猪瀬直樹など。

自由な校風も魅力的なため、県内屈指の人気を誇る高校です。

出身大学は?

土屋龍一郎氏が卒業したのは、成蹊大学法学部です。

成蹊大学は東京都武蔵野市に位置する私立大学で、「個性を持った自立的な人間の創造」を目標としています。

学部は「経済学部」「法学部」「文学部」「理工科学部」の4つで、すべてキャンパスは同じ。

少人数制を基本としており、自分が納得するまで専門分野を学ぶことができることから、人気の私立大学です。

土屋龍一郎/長野市長選挙の家族は?

土屋龍一郎氏は既婚です。

3人のお子さん(一女二男)がおり、土屋氏もイクメンパパとして子育てに全力投球されていたそうです。

中学・高校ではPTA会長としても活動をしており、教育について深く考える機会になったのだとか。

とても良いパパといった印象ですね。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所