つかもと佐和子/かほく市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年3月17日告示、同年3月24日に投票が実施されるかほく市長選挙に、つかもと佐和子が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、つかもと佐和子氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

つかもと佐和子/かほく市長選挙の経歴は?

幸山政史氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 つかもと佐和子(つかもと さわこ)
生年月日 1971年(月日不明)
出身地 石川県金沢市
最終学歴 金沢学院大附属高等学校
職業 かほく市議会議員
趣味 非公表

つかもと佐和子氏は、2024年2月29日現在53歳とのことですが、正確な生年月日は公開されていません。

石川県金沢市で生まれ、同市で育ちました。

金沢学院大学附属高等学校を卒業した後の経歴は不明ですが、2017年にはかほく市議会議員選挙に立候補し当選を果たし、現在2期目を迎えています。

つかもと佐和子/かほく市長選挙の学歴は?

つかもと佐和子氏は、金沢学院大学附属高等学校を卒業しました。

大学に関する情報は公開されていません

出身高校は?

金沢学院大学附属高等学校は、1946年創設という伝統ある高等学校です。

「創造」を教育理念として掲げ、以下3つの指針を設けています。

・ふるさとを愛し、地域社会に貢献する
・良識を培い、礼節を重んじる
・社会の要請に応え、構想する力、実践する力を育む

出身大学は?

つかもと佐和子氏の大学についての情報はありません

大学には通っていなかった可能性が高いです。

つかもと佐和子/かほく市長選挙の家族は?

つかもと佐和子氏の家族については、SNS上で2児のシングルマザーと公開しています。

それ以外の家族に関する情報は見当たりませんでした。

つかもと佐和子/かほく市長選挙の年収は?

つかもと佐和子氏は、現在かほく市議会議員を担っています。

年収は、以下であると予想されます。

月額報酬:335,000円
期末手当:773,850円
年収:335,000×12ヵ月+773,850=4,793,850円

つかもと佐和子/かほく市長選挙の実績や評判は?

つかもと佐和子氏は、かほく市議会議員の2期目を迎えています。

任期中は特に問題となる話題は見当たりません。

つかもと佐和子/かほく市長選挙の公約は?

つかもと佐和子がかほく市長選挙における公約は公開されていませんが、報道の取材に対し、以下のような見解を明らかにしています。

・現在の市政の積み上げ・バージョンアップを図る
・かほく市の20周年を持って自立を進める
・市民の皆さんの考えや行動が反映できる政治

つかもと佐和子/かほく市長選挙の立候補した理由は?

つかもと佐和子氏がかほく市長選挙に立候補した理由としては、公開された情報はありませんが、報道関係の取材に対し能登半島地震をきっかけとして市長選への出馬に踏み切ったとコメントしています。

被災地の復興に貢献したいと考える同氏の意思が感じられます。

つかもと佐和子/かほく市長選挙の選挙結果は?

つかもと佐和子氏は、2017年にかほく市議会議員選挙で初当選し、2021年の2期目の選挙にも当選しています。

投票日:2021年4月18日
投票率:67.13%
得票数:非公開

つかもと佐和子/かほく市長選挙の引退の可能性は?

つかもと佐和子氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

同氏はかほく市議会議員として2期目を迎えています。

市長選挙に向けて市議会議員を退く意向を示しています。

市長選挙に落選した場合のその後の動向は不明ですが、何らかの形でかほく市に関わっていくのではないかと考えられます。

まとめ

以上、つかもと佐和子氏についてかほく市長選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、かほく市議会議員として2期目を迎えている方で、同市の事情については精通していると考えられます。

かほく市長に当選した際は、市民の意見を政治に反映できる仕組み作りに取り組みたいと考えているようです。

風通しの良い政治の展開が期待されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長