津田義和/市川町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
町長

任期満了に伴う市川町長選挙(2023年8月1日告示、8月6日開票)に元町議会議員の津田義和氏が立候補する意向を表明されましたので津田義和氏に関する情報をまとめています。

津田義和氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

津田義和/市川町長選挙の経歴は?

津田義和氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 津田義和(つだよしかず)
生年月日 1952年9月30日
出身地 兵庫県神崎郡市川町
最終学歴 大阪学院大学
職業(前職) 市川町議会議員
趣味 不明

津田義和氏は大学卒業後に市川町にある会社で勤務され、その後市川町議会議員を2期務められました。

現在は、自動車部品製造会社の社長として務められています。

津田義和/市川町長選挙の学歴は?

津田義和氏の学歴は兵庫県立姫路工業高等学校卒大阪学院大学卒になります。

出身高校は?

兵庫県立姫路工業高等学校は、兵庫県姫路市にある県立高等学校です。

資格取得が盛んで、ジュニアマイスター顕彰制度では全国の中でもトップクラスに入っています。

出身大学は?

大阪学院大学は大阪府にある私立大学で、高校から大学院まである一貫校です。

大阪の都心に隣接していて京都や神戸、奈良からの通学にも便利な立地にある大学です。

津田義和/市川町長選挙の家族は?

津田義和氏の家族に関する情報は、見当たりませんでした。

独身の可能性も既婚の可能性も考えられます。

津田義和/市川町長選挙の年収は?

津田義和氏の市川町議会議員時代の年収について、情報をまとめてみました。

22.5万円(月収)×12ヶ月=270万円
270万円+賞与58.5万円(2.6ヶ月)=328.5万円

津田義和氏が市川町議会議員を務めていた時の年収は328.5万円と予想されます。

津田義和氏の現在の年収に関する情報は、見当たりませんでした。

津田義和/市川町長選挙の実績や評判は?

津田義和氏の実績については、ご自身のブログがありますが2019年から更新されていません。

津田義和氏は、町議会議員の時に市川町のインフラの整備や教育環境の整備について取り組んでこられました。

津田義和氏の評判についての情報は、見当たりませんでした。

市川町議会議員の経験もあり、現在も市川町で勤務されていて市川町のことを大事にされている優しい印象を受けます。

津田義和/市川町長選挙の公約は?

津田義和氏の市川町長選挙の公約に関する情報は、見当たりませんでした。

市川町は過疎地域として認定されているため、地域の発展を目指して駅周辺の整備事業や若者遠距離通勤の助成事業などをしています。

津田義和氏は、現在行われている町政に関する公約を掲げるのではないかと思います。

津田義和/市川町長選挙の立候補した理由は?

津田義和氏の市川町選挙に立候補した理由に関する情報は、見当たりませんでした。

2019年の市川町長選挙で落選され、町長として市川町をよりよいまちにしたいと強く思っていたため立候補されたのかもしれません。

津田義和/市川町長選挙の選挙結果は?

ここでは、津田義和氏の選挙結果について書いていきます。

2011年8月7日の市川町議会議員選挙では、811票獲得し当選。投票率は73.04%でした。

2015年8月9日の市川町議会議員選挙では、791票獲得し当選。投票率は71.42%でした。

2019年8月4日の市川町長選挙では、3,324票獲得し落選。投票率は69.67%でした。

津田義和/市川町長選挙の引退の可能性は?

津田義和氏は現在70歳と高齢であり、落選した場合は年齢を理由に引退される可能性があるかもしれません。

まとめ

津田義和氏は2019年の市川町長選挙で、わずか500票の差での落選されています。

今回、最後の選挙として立候補されたのかもしれません。

市川町をよりよいまちにしたいという思いは、誰よりも強いのではないかと思います。

市川町長選挙での津田義和氏の行動には注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
町長