豊増直文/鳥栖市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

豊増直文/鳥栖市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

任期満了に伴う鳥栖市長選挙(2023年2月12日告示、2月19日投開票)において同市の幸津町区長である豊増直文氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、豊増直文氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

豊増直文/鳥栖市長選挙の経歴は?

豊増直文氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 豊増直文(とよますなおふみ)
年齢 64歳
出身地 佐賀県鳥栖市幸津町
最終学歴 福岡大学卒業
職業 鳥栖市幸津町区長

豊増直文氏は佐賀県鳥栖市幸津町出身で、佐賀県立鳥栖高校、福岡大学を卒業されています。

2020年7月まで建設会社である有限会社豊の代表を務め、2017年4月からは鳥栖市幸津町区長をされています。

2021年11月に行われた鳥栖市議会議員選挙に出馬されていますが、惜しくも落選されています。

豊増直文/鳥栖市長選挙の学歴は?

豊増直文氏の最終学歴は、福岡大学卒業です。

出身大学は?

豊増直文氏の出身大学は、福岡大学です。

福岡大学は福岡県福岡市城南区に所在する日本の私立大学です。

総合大学として9学部31学科が設置されており、学生数も2万人を超える西日本最大級の規模の大学とのことです。

学生の多くは地元福岡県を中心とした九州・山口地方出身者とのことで、九州でも大変人気の高い大学のようです。

卒業者にはスポーツ選手・タレント・政界で活躍されてる方が多くいらっしゃいます。

出典:福岡大学 ホームページ

豊増直文/鳥栖市長選挙の家族は?

豊増直文氏の家族構成について調べましたが有益な情報は得られませんでした・・・

今後何かしらの情報が得られるようになるかもしれません。

豊増直文/鳥栖市長選挙の年収や月収は?

豊増直文氏の年収や月収についてですが、特に情報が見当たらなかったため、下記のような予想となります。

佐賀県 64歳平均年収:約349万円

参照:年収ガイド

豊増直文/鳥栖市長選挙の実績や評判は?

豊増直文氏は2017年4月から鳥栖市幸津町区長を務められています。
区長の役割に関しては鳥栖市ホームページ内の鳥栖市政事務委嘱に関する規則に下記のような項目が記載されています。

  • 区域内の居住者の実態把握に関すること
  • 印刷物等の集配及び各種の伝達事項に関すること
  • 前号の印刷物中市民が記入する事項の指導及び徹底に関すること
  • 環境保全・衛生に関すること
  • その他市長が特に依頼すること
  • 区長は嘱託員として市長の定める区域において、市長が適当と認める者に委嘱するとのことで、区民の為に活動のできる信頼ある人物であることが伺えます。

    豊増直文/鳥栖市長選挙の公約は?

    豊増直文氏は主に以下の項目を公約として挙げられているそうです。

    • 農業従事者の生活基盤の構築
    • 公共事業などにおける税金の無駄遣いの排除
    • 給食費無料化

    など、子育て世代の支援や財政の見直し暮らしやすい街づくりをしていく公約のようですね。

    この政策が上手くいき全国の市政にも良い影響がでれば良いなと思いました。

    豊増直文/鳥栖市長選挙の立候補した理由は?

    豊増直文氏は出馬会見の際以下のようにコメントされたそうです。

    「現職の橋本市政は初当選から4期にわたり、JR鳥栖駅前整備などの公約が全く実現されていない」

    「すでに56%の人はそっぽを向いている市長選挙に。私が出ることによって本当に勝ち目あるの、何するの何をしたいのと、まずは選挙に行かないことを向けさせるということも一つの話題」

    現在の市政に対する強い不満があり、自分が出馬を表明することで何か変化を起こしたいという思いがあるようです。

    豊増直文/鳥栖市長選挙の選挙結果は?

    豊増直文氏の過去の選挙結果は以下の通りです。

    鳥栖市議会議員選挙
    (2021年11月21日投票)
    投票率53.04% 453票(落選)

    豊増直文/鳥栖市長選挙の引退の可能性は?

    豊増直文氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

    現在の年齢や行政に対する思いからも引退される可能性は低いと考えられます。

    まとめ

    地元建設業の代表者で幸津町区長を務めている豊増直文氏、今回の鳥栖市長選挙は初挑戦となります。

    他の候補者として5選を目指す現職の橋本康志氏(67)、前県議で新人の向門慶人氏(52)が出馬を表明しています。

    鳥栖市は九州の交通の要衝とされており、長年の懸案となっているJR鳥栖駅周辺整備問題や企業誘致の受け皿となる産業用地の確保、不足が指摘される住宅用地の確保等の課題を抱えています。

    上記の課題に対しどのような政策を行っていくか、大きく注目がなされています。

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    市長
    選挙立候補者研究所