寅谷正/階上町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う階上町長選挙(12月14日告示、12月19日投開票)に、階上町議会議員の寅谷氏が立候補する意思を表明されましたので、寅谷正氏の関する情報をまとめています。

寅谷正氏の

経歴
家族
年収
選挙結果

について記事を書いていきます。

 
 

寅谷正/階上町長選挙の経歴は?

寅谷正氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 寅谷正(とらやただし)
生年月日 1956年5月
出身地 階上町
学歴 岩手大学卒業
職業 階上町長議会議員(元高校教論)
趣味 不明

寅谷正氏は1956年5月に産まれ、岩手県三戸郡階上町出身です。

出身高校は不明ですが、岩手大学を卒業し高校教論を務められ、農業も営われております。

2019年階上町議会議員選挙に初当選されて、現在は共産党町議会議員1期目になります。

12月2日に町議辞職願を提出され、今回の階上町長選挙は無所属で立候補の意思を表明されました。

 

寅谷正/階上町長選挙の学歴は?

寅谷正氏の学歴についてですが、岩手大学を卒業されています。

出身高校、大学の学部などの情報は得られませんでした…

出身大学は?

岩手大学は、岩手県盛岡市に本部を置く日本の国立大学です。

偏差値は40-60で、農学部・教育学部・人文社会科学部・理工学部があります。

本部やキャンパスに加えて、水産業や東日本大震災の復興支援のため三陸地方各都市に研究所やサテライト・エクステンションがあります。

農学部には数少ない獣医師養成の過程があり、国立旧一期校の一つであります。

スポンサーリンク

寅谷正/階上町長選挙の家族は?

寅谷正氏の家族について調べてみましたが、家族についての情報は得られませんでした…

独身の可能性もありますね。

もしご結婚などされていたら、お孫さんもいる年齢だと思いますので、いろいろ気になります。

寅谷正/階上町長選挙ので年収は?

寅谷正氏の年収について情報をまとめてみました。

階上町市の公式サイトの情報によると、階上町議会議員の年収は以下の通りになります。

月収:22万6千円x12か月=271万2千円
期末手当:71万2千円
年収:271万2千円+71万2千円=342万4千円

農業も営われてるので他にも収入あると思われますが、その他の収入に関する情報は得られませんでした…

 

スポンサーリンク

寅谷正/階上町長選挙の実績や評判は?

寅谷正氏の実績について詳しい情報は見当たりませんでしたが、階上町は 階上町総合振興計画や協議のまちづくり地区計画に基づいて、階上町まち・ひと・しごと創生総合戦略、階上町震災復興計画、階上町道路付属物長寿化修繕計画など、さまざまな政策を行ってきました。

寅谷正氏は階上町議として、町の政策に努めて来られました。

階上町をとても大切に活動されているという印象を受けますね。

評判についてですが、ご自身が代表を務める住民団体の支持もあり、かなり評判のいい方という印象を受けます。

寅谷正/階上町長選挙の公約は?

寅谷正氏の主な公約は以下の通りになります。

高校生までの医療費無償化
自家用車を持たない高齢者の足となる予約タクシー導入
室内防災無線の設置推進
広報誌の全戸配布
PCR検査の無償化

階上町人のことを第一に考えた公約という印象を受けますね。

個人的にも、いろいろな物が無償化になり全国に広がればいいなと思います。

 

寅谷正/階上町長選挙の立候補した理由は?

寅谷正氏の階上町長選挙に立候補した理由を調べてみましたが、理由についての詳しい情報は見当たりませんでした…

寅谷正氏はインタビューで、「今の調整は町人の声を聞かない。それじゃダメだ」と言われています。

個人的な予想になりますが実際に階上町議会議員として活動されて、今の町政にさまざまな課題があると感じ、階上町が町民の声の届く町政になるために、今回の階上町長選挙に立候補されたのかなと思います。

寅谷正/階上町長選挙の選挙結果は?

ここでは、寅谷正氏の選挙結果について書いていきます。

寅谷正氏の選挙結果は以下の通りになります。

階上町議会議員選挙(2019年)345票で日本共産党議員として新人で初当選。投票率は57.45%でした。

前回の階上町議会議員選挙の投票率が64.3%で、投票率は下がっています。

最近の階上町長選挙の結果を見てみますと

2013年 当時現職の浜谷氏が新人の林氏を破って当選。立候補者は2名で投票率は58.8%でした。

2017年 現職の浜谷氏が寅谷正氏を2400票の差で破り当選。立候補者は2名で投票率は46.78%でした。

投票率はあまり変化はないですが、下がっております。

今回の階上町長選挙は、町議会議員の2名と新人の3名の戦いになります。

3名とも無所属で、寅谷正氏も今回の町長選挙は 無所属で立候補する意思を表明されています。

4期町長を務められた現職の浜谷氏は今回の階上町長選挙に出馬しない意思を表明され、後継指名もされていませんので、投票率は上がるかもですね。個人的にも、気になります。

寅谷正/階上町長選挙の引退の可能性は?

寅谷正氏の引退について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、前回の町長選挙で落選しましたが、ご自身が立ち上げた「希望あふれる階上をつくる町民の会」の階支援もあり、引退の可能性はないと思います。

まとめ

寅谷正氏は1956年5月に産まれ、出身は岩手県三戸郡階上町になります。

岩手大学を卒業後、高校教論を務められ、農業も営われております。

2019年の階上町議会議員選挙に新人で初当選し、現在は共産党所属の階上町議会議員1期目になります。

2017年階上町町長選挙に出馬し落選しましたが、今の町政にさまざまな課題があると思われ、ご自身で政治団体を立ち上げ、町民の声を聞く、町民を一番に考える階上町を実現させるために、今回の階上町長選挙に無所属で立候補されました。

個人的にも、災害を経験した階上町ですが、町民の声を大切に、さらにより良い町になればいいなと思います。

今後の寅谷正氏の活動も、応援したく思います。