徳永繁樹/今治市長選の経歴や家族は?年収や引退の可能性についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う浦添市長選挙(2021年1月31日告示、2月7日投開票)に県議で副議長の徳永繁樹氏が立候補する意向を表明されましたので徳永氏に関する情報をまとめています。

徳永繁樹氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。
 
 

徳永繁樹/今治市長選の経歴は?

名前:徳永 繁樹(とくなが しげき)
生年月日:1969年11月10日
出身地:愛媛県今治市
出身校:京都産業大学経営学部経営学科 卒業
趣味:歴史探訪・寺参り・野球・音楽・映画鑑賞 美術館で昼寝

 

大学卒業後は株式会社錢高組にて勤務。

その後社団法人今治青年会議所、環境保健福祉委員長などを務められ、

2003年に県議選で初当選し、現在5期目。

県監査委員や自民県連幹事長代行などを務め、20年3月から副議長も務められています。

 
 

スポンサーリンク

徳永繁樹/今治市長選の家族は?

徳永氏の公式ホームページによると、奥様ご長男様がいらっしゃるようです。

しかし、一般人のためかそれ以上の情報はありませんでした。

徳永繁樹/今治市長選の年収は?

今治市のホームページによると

52.9万円(月収)×12ヶ月=634.8万円
634.8万円+期末手当177万円(3.35ヶ月)=811.8万円(年収)

スポンサーリンク

徳永繁樹/今治市長選の選挙結果は?

詳細な情報が入り次第追記します。
ちなみに前回の今治市長選挙は無投票でした。

まとめ

今治市長選挙には他に現職の菅良二氏が4選を目指して立候補を表明しています。

 

徳永氏は支援者約400人が参加した会合で、「新型コロナウイルス禍の経済不況を、皆さんと手を組んで切り開きたい」と述べられました。

 

また公式ホームページでは政策として、超スマート自治体に体質変革、瀬戸内クロスポイント構想、未来子育て支援機構を創設、を3本柱として掲げられています。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所