東堂陽一/掛川市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う静岡県掛川市長選挙(2021年4月11日告示、4月18日投開票)に新人で元静岡県議会議員の東堂陽一氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、東堂陽一氏に関する情報をまとめています。

東堂陽一氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。


スポンサーリンク

東堂陽一/掛川市長選挙の経歴は?

名前:東堂陽一(とうどうよういち)
生年月日:1956年1月27日
出身地:静岡県掛川市
出身校:静岡県立掛川西高校 卒業
    静岡大学工学部 卒業
    静岡大学大学院工学研究科 卒業
趣味:音楽、映画鑑賞

東堂陽一氏は1980年に松下電器産業(株)入社され、1985年より(株)大輝建設の勤務を経て、2003年に掛川市議会議員に初当選され、2期務められています。

更に2011年に静岡県議会議員に初当選され、3期務められています。また、明るい社会づくり運動県掛川地区協議会長を始め、各種協議会等の役職にも就かれています。

スポンサーリンク

東堂陽一/掛川市長選挙の家族は?

東堂陽一氏の家族構成は奥様お子様3名(一男二女)の5人家族です。

東堂陽一/掛川市長選挙の年収は?

東堂陽一氏の年収について情報をまとめてみました。

・議員報酬834,000円×(12ヶ月)=10,008,000円
・期末手当834,000円×(3.35ヶ月)=2,793,900円

東堂陽一氏の兵庫県議会議員時代の年収は上記合計の12,801,900円です。

東堂陽一/掛川市長選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは東堂陽一氏の選挙結果について書いていきます。

東堂陽一氏は掛川市議会議員を経て静岡県議会議員に当選されており、直近では2019年4月7日執行の静岡県議会議員選挙で3期目の当選を果たされており、投票率は52.7%でした。

次に2015年4月12日の同選挙における投票率は54.17%でした。今回の掛川市長選挙は過去の投票率から60%台の投票率が見込まれます。

まとめ

東堂陽一氏は「志をもって」をキーワードに、誰にも負けない郷土愛、議員生活16年間の経験と実績による国・県に太い人脈とパイプがあり、徹底した現場主義をベースとされています。

新型コロナウィルス感染対策を始め、7つの公約を掲げられて初当選を目指されます。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所