照屋寛之/うるま市町選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う沖縄県うるま市長選挙(2021年4月18日告示、4月25日投開票)に無所属新人で沖縄国際大学名誉教授の照屋寛之氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、照屋寛之氏に関する情報をまとめています。

照屋寛之氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。


スポンサーリンク

中村正人/うるま市長選挙の経歴は?

名前 照屋寛之(てるやひろゆき)
生年月日 1952年10月4日
出身地 沖縄県うるま市
最終学歴 琉球大学卒業
職業(前職) 元沖縄国際大学名誉教授
趣味 不明

照屋寛之氏は行政学・政治学の教員として1999年に沖縄国際大学専任講師として勤務されており、助教授を経て2006年に教授に就任されています。

2021年3月には同大名誉教授に就任されています。

照屋寛之/うるま市長選挙の学歴は?

照屋寛之氏の学歴は前原高校卒琉球大学卒になります。

出身高校は?

前原高校は沖縄県うるま市にある県立高校であり、昭和20年11月、戦後の混乱の時代に沖縄復興の人材育成の拠点として、前原地区(旧、具志川村、勝連村、与那城村、美里村)に、いち早く新制高等学校として開校した県内でも有数の伝統校です。

入学者の6割弱が4年生大学への進学を希望しています。

出身大学は?

琉球大学は、沖縄県に本部を置く日本最南端・最西端の国立大学であり、沖縄発の教育機関として発展を遂げています。

総面積約126万㎡の敷地内には、2つのキャンパスが建てられており、国立大学では初の観光産業科学部が開設されています。

スポンサーリンク

照屋寛之/うるま市長選挙の家族は?

照屋寛之氏の家族構成についての情報は存在しませんでしたが…

ですが、SNSの投稿から奥様とお子様(娘さん、息子さん)がいらっしゃるようです。

照屋寛之/うるま市長選挙の年収は?

照屋寛之氏の年収についてまとめました。

照屋寛之氏は大学教授時代の年収は、厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると大学教授の平均年収は約1070万円とされています。

照屋寛之氏の大学教授時代の年収も前述の金額前後であることが予想できます。

照屋寛之/うるま市長選挙の選挙の実績や評判は?

照屋寛之氏の実績は行政・政治学の専門家として37年間に亘る研究実績があり、2021年3月には沖縄国際大学名誉教授に就任されています。

照屋寛之氏の評判についての情報は見当たりませんでしたが、ご自身のSNSの投稿に対してコメント数も多いことから、かなり良い評判であると個人的には感じます。

照屋寛之/うるま市長選挙の選挙の公約は?

照屋寛之氏の選挙公約はこちらになります。→ https://teruya-hiroyuki.jp/policy/

市長給与50%カットを始めとして、各種政策の細部にわたり公約を掲げられています。

照屋寛之/うるま市長選挙の選挙の立候補した理由は?

照屋寛之氏は政治家、市長になるということの責任は重大であり、うるま市の政治を変えていくためには岩盤を打ち砕かなければならないと表明されており、また、多くの市民団体より要請を受けられた事が立候補した理由の1つと考えられます。

照屋寛之/うるま市長選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは照屋寛之氏の選挙結果について書いていきます。

照屋寛之氏は今回が初出馬となることから、過去のうるま市長選挙について調査します。

直近では2017年4月23日執行の同選挙における投票率は60.7%でした。

過去の投票率から今回の同選挙においても60%前後の投票率が予想されます。

照屋寛之/うるま市長選挙の引退の可能性は?

照屋寛之氏は今回の同選挙が初出馬となりますが、仮に落選されたとしても、今回と同様の市民団体等の要請があれば次回の同選挙においても立候補される可能性はあると思われます。

まとめ

照屋寛之氏は市長給与50%カットを始めとして、学校給食費の段階的無償化、高校卒業までの子ども医療費の無償化などを公約に掲げられており、コロナ禍で解雇や雇い止めされた世帯には10万円、資金繰りに窮する事業者などへは最大20万円を給付する事も表明されており、各種市民団体の応援を受けて初当選を目指されます。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所