寺田浩彦/鎌倉市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う鎌倉市長選挙(10月10日告示、10月17日投開票)に寺田浩彦氏が立候補する意思を表明されましたので寺田氏に関する情報をまとめています。

寺田浩彦氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

寺田浩彦/鎌倉市長選挙の経歴は?

寺田浩彦氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 寺田浩彦(てらだひろひこ)
生年月日 1998年生まれ
出身地 大阪府
学歴 東京都立工業高等専門学校卒業
職歴 NPO法人鎌倉自転車振興会鎌倉ねくすと
趣味 不明

寺田浩彦氏は高校卒業後、本田技研工業に入社し2輪車や4輪車の研究、開発をしていました。

その後鎌倉市に住み、現在は鎌倉で自転車を生かしたまちづくりを進めるNPOの代表を務めています。

寺田浩彦氏の詳しい経歴など不明な点もありますが、車などの乗り物が好きなような感じがしますね。

寺田浩彦氏/鎌倉市長選挙の学歴は?

寺田浩彦氏の学歴は以下の通りです。

東京都立工業高等専門学校卒業

小、中学校は未定。大学には行かれてないようです。
 

出身高校は?

東京都立工業高等専門学校は、かつて東京都品川区に存在していた都立高等専門学校になります。

40年と歴史は長いですが2010年3月31日に閉校、跡地は東京都立産業技術高等専門学校品川キャンパスとなっています。

偏差値は61で、機械工学科・生産システム工学科・電子情報工学科・電気工学科の4つの学科があり、ほとんどの生徒が卒業後ソニー・本田・松下などの製造業やサービス業に就職しています。

スポンサーリンク

寺田浩彦/鎌倉市長選挙の家族は?

寺田浩彦氏の家族についての情報は得られませんでした…

独身の可能性もありますね。ご両親やご兄弟も気になります…

 
 

寺田浩彦/鎌倉市長選挙の年収は?

寺田浩彦氏の年収は260万円~300万円くらいになります。

NPO法人の平均年収は265.4万円になります。規模が大きいNPOは一般企業の平均年収を上回る600万円以上を得ている代表もいてるようです。

スポンサーリンク

寺田浩彦/鎌倉市長選挙の実績は?

寺田浩彦氏の実績ですが、「NPO法人鎌倉自転車振興会鎌倉ねくすと」では、自転車環境整備・自転車ツーリズム・自転車スポーツやレース環境の提案などの活動をされています。

ほか「Small Sports Car Project 2020」「All Japanese F-1 TEAM 2017」「TOKYO2020 Woman Road RaceWin!!」などのプロジェクトも行っています。

日本の自転車環境を良くするための活動をされているという印象を受けますね。

寺田浩彦氏の評判についてですが、あるツイッターで各市長選挙の供託金を無駄遣いしている疑い・京都の安宿での家賃延滞の疑いなど書かれており、寺田浩彦氏の選挙出馬は供託金を狙ったものではないかと呟く人もいるようです

確かに、寺田浩彦氏が何のために出馬してるのかは定かではありませんが、京都・長崎・鎌倉の市長選挙に出馬し、2回辞退しています。

ただ、このようなツイッターはごく一部で信ぴょう性もなく、ネット上の噂だけかもしれないです

寺田浩彦/鎌倉市長選挙の公約は?

寺田浩彦氏の鎌倉市長選挙の公約ですが、ごみ処理場問題を解決する「ゴミ焼却銭湯コミュニティ構想」・世界遺産登録の再挑戦・大学新設・自転車政策の推進などが掲げられています。

他の人とは違う独自の公約ですね。実行されれば面白いかもしれませんね。

寺田浩彦/鎌倉市長選挙の立候補した理由は?

寺田浩彦氏が今回の鎌倉市長選挙に立候補した理由ですが、公約で掲げられてるように、鎌倉の世界遺産登録のために当時の大倉幕府・永福寺の復元、また歩行者と自転車・人力車に優しい街の実現、素掘りトンネルの保存など「鎌倉の財産を活かしたい」と言われています。

個人的な予想になりますが、鎌倉の財産(いいところ)を残し、今よりもより良い街にするために立候補したのだと思います。

寺田浩彦/鎌倉市長選挙の選挙結果は?

寺田浩彦は以前、鎌倉市長選挙・長崎市長選挙・京都市長選挙に出馬しています。今回の鎌倉市長選挙は2回目の出馬になります。

まず2017年鎌倉市長選挙(10月22日) 新人で出馬しましたが落選。当時、現職の松尾氏ほか3名立候補者がおり投票率は60.12%でした。

次に2019年長崎市長選挙(4月21日) 立候補を表明したが届け出をせず辞退。投票率は47.33%でした。

そして2020年京都市長選挙(2月2日) 立候補を表明したが同じく辞退。投票率は40.71%でした。

今回の鎌倉市長選挙は、現職の松尾氏・元職の中沢氏・無所属の兵藤氏、そして寺田浩彦氏の4人の戦いになります。

2009年の選挙まで投票率は半数を切ってましたが、前回2013年は60.12%でした。

現職・元職・NPO代表・新人の戦いで混戦するかもですね。投票率も高いと思われます。

寺田浩彦/鎌倉市長選挙の引退の可能性は?

寺田浩彦氏の引退について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、以前の選挙で辞退などもされてるので引退の可能性はあると思います。

まとめ

寺田浩彦氏は高校卒業後、本田技研に入社し車の研究・開発をされ、現在はNPO法人の代表を務められています。

元々、高専卒業の優秀な人だと思うのですが、寺田浩彦氏の情報は少なく、以前に地方の市長選に数回出馬していることなどから、とても謎の多い方だという印象を受けました。

今回の選挙で当選すれば、詳しい情報が分かるかもですね。

鎌倉市も新しく、面白くなるかなと思います。