谷口雄一/木津川市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

谷口雄一/木津川市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

今回の記事では2023年4月16日告示、4月23日投開票予定の木津川市長選挙に出馬予定の谷口雄一氏について記事をまとめていきます。

谷口雄一氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

谷口雄一/木津川市長選挙の経歴は?

谷口雄一氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 谷口雄一(たにぐちゆういち)
生年月日 50歳
出身地 京都府木津川市
最終学歴 龍谷大学
職業(前職) 木津川市議会議員
趣味 未公表

谷口雄一氏は高校を卒業後、龍谷大学へ入学無事卒業されます。

卒業後は保険会社に入社し、2015年の木津川市議会議員選挙に初出馬で初当選し政治家への道に入ります。

2019年の木津川市議会議員選挙に再選して当選しています。

地元に貢献をするために政治家になったという印象を受ける方です。

近年になってから政治家になっていますので現状の地元の政治に関して改革をされたいことがあるように思えます。

谷口雄一/木津川市長選挙の学歴は?

谷口雄一氏の卒業された高校は残念ながら情報が未公表でした

大学は龍谷大学へ入学し無事卒業されています。

出身大学は?

龍谷大学は、1639年に西本願寺13代宗主良如が、本山本願寺阿弥陀堂の北に僧侶の教育機関として設立した学寮を起源としている長い歴史を持つ私立大学です。

建学の精神として浄土真宗の精神が挙げられており「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間を育成することを目指しています。

特徴として浄土真宗開祖親鸞の教えを全学的に重視しており、大宮キャンパス正門横には親鸞の言葉が選ばれ、墨書されて掲げられています。

参考:「龍谷大学HP

谷口雄一/木津川市長選挙の家族は?

谷口雄一氏のご家族に関する情報は得られませんでした

個人的な予想になるのですがご自身の公式Facebookの投稿にご家族との写真を挙げられており、分かる範囲だとお子さんがおられると予想できます。

谷口雄一/木津川市長選挙の年収は?

谷口雄一氏の年収について情報をまとめてみました。

木津川市議会議員の給与に関しては木津川市の公式サイトに情報がありましたのでそちらをまとめてみました。

月収:35万円×12ヶ月=420万円
期末手当:約600119万円
420万+期末手当119万=539

参考:「令和2年度木津川市職員の給与・定員管理等について」より

谷口雄一/木津川市長選挙の実績や評判は?

谷口雄一氏の実績に関しては情報は得られませんでした

谷口雄一氏の評判に関しては情報が得られませんでした

個人的な予想になりますが市議会議員に2期当選したことから評判が良い印象を受けます。

谷口雄一/木津川市長選挙の公約は?

谷口雄一氏の公約に関する情報は不明でした

谷口雄一/木津川市長選挙の立候補した理由は?

谷口雄一氏が立候補した理由ですが情報は得られませんでした

個人的な予想ですがブログにて述べていた次のことが理由かなと思います。

「子どもや若者が将来に向けて希望を持てるまちづくり、そして、すべての世代が住み慣れた地域で暮らせれるまちづくりを目指すこと、その実現のためには市民の皆さまのお声を真摯にお聞きすることを大切にしていきたい」

引用:選挙ドットコム「2月16日(木)来たる、木津川市長選挙(4月23日執行)に、谷口ゆういちが、出馬を決意いたしました。」より

ご自身の発言に沿ったことを行うためには市長でないと市民のために施策を行えないと思ったからこそ立候補したのだと思います。

谷口雄一/木津川市長選挙の選挙結果は?

谷口雄一氏の選挙実績は2015年及び2019年の木津川市議会議員選挙にて当選をしています。

下記にそれぞれの選挙に関してまとめてみました。

2015年木津川市議会議員選挙 投票率% 得票無投票 当選

2019年木津川市議会議員選挙 投票率47.71% 得票848票 当選

当選していますがまだまだ市民の方からはあまり存在を知られていないように感じられます。

市長選挙においてどのようにご自身をアピールして市民からの信頼を得られるようにするのか気になるところです。

谷口雄一/木津川市長選挙の引退の可能性は?

谷口雄一氏の引退に関しては情報は得られませんでした

個人的な予想ですがまだお若い事と地元を良くするために立ち上がり行動を続けてきたことから今後も活動を続けると思いますので引退の可能性は低いと思います。

まとめ

一般的な職業から突如転身して市議会議員になったことからそれだけ政治によって叶えたい施策や思いがある方という印象を受けました。

是非ともその思いを市長選挙を通じて多くの方に知っていただいてその存在と活動をアピールして頑張って欲しいと思います。