田中もとかず/羽曳野市長選挙の経歴や家族は?年収や除名の噂についても!

スポンサーリンク

2020年7月12日に羽曳野市市長選挙が開催されます。

羽曳野市市長選挙には多数の方が立候補されていますが、そんな候補者の一人の田中もとかずさんについて記事を書こうと思います。

田中もとかずさんの

・経歴
・家族
・年収
・除名の噂

について記事をまとめてみます。

 
 

スポンサーリンク

田中もとかず/羽曳野市市長選挙の経歴は?

羽曳野市市長選挙候補の田中もとかずさんの経歴は以下の通りです。

名前:田中 もとかず(たなか もとかず)
生年月日:1965年1月28日
出身地:大阪府羽曳野市高鷲
出身校:高鷲南小、高鷲南中、藤井寺高校、甲南大学
大学時代の部活:グリークラブ(男声合唱団)
前職:
会社員時代
製薬会社で国立大学病院担当MR(医薬情報提供者)として新薬の開発業務に携わる
薬店経営者時代
羽曳野市民の暮らしと健康を守るため起業。20年薬店を経営。
座右の銘;至誠通天
議員になった理由:北高南低と言われる医療格差、人口減少、地価下落など、停滞する南大阪 羽曳野市の状況に、
一市民として危機感を持ったから。
趣味:合唱(part:バス)、YouTube動画配信

田中もとかずさんはtwitterアカウント2個持ちで本垢とみんなのページもといイベント用のページを使い分けています。

・生徒会長、学祭実行委員長を務める
・合唱部では80名を超える大合唱団でテレビ局からも多く出演依頼を受ける
・先端医療の現場石と多くの情報交換をする
・日本青年会議所大阪ブロック副会長
・市民フェスティバル実行委員長
・世界文化遺産登録に向けて300名で百舌鳥・古市古墳世界文化遺産登録記念演奏会をして多くのマスコミに取り上げられる

など田中もとかずさんには多方面で活躍する多動力、行動力やイニシアティブがあることがうかがえます。

スポンサーリンク

田中もとかず/羽曳野市市長選挙の家族は?

田中もとかずさんの家族の情報は見つかりませんでした。

田中もとかずさんの年齢が50代ということを考えれば、一番上のお子さんが20代ぐらいになられていて、お孫さんがいる可能性があるかもしれませんね。もしくは、ひょっとしたら独身の可能性もあるかもしれません。

 
 

田中もとかず/羽曳野市市長選挙の年収は?

前職の調剤薬局経営者の年収について調べてみました。
門前薬局か、近隣に薬局があるのか、様々な条件によって変わってきますが、1店舗経営の年収で 500万円〜800万円程だそうです。

1店舗経営では、勤務薬剤師とそう変わらないとのデータがありますが、10-20店舗経営するとなると年収は跳ね上がって 1500万円~1800万円程にものぼるそうです。

ちなみに、羽曳野市地方公務員の平均年収を調べてみました。

総務省発表「地方公務員各都道府県データ」によると2019年の羽曳野市(大阪府)の地方公務員の平均年収は 680万3176円とのことです。

ランキングだと全国市区町村ランキング:148位大阪府内ランキング:16位と比較的順位が高く感じられます。

田中もとかず/羽曳野市市長選挙は除名されていた?

「田中もとかず 除名」という検索をいくつか見かけましたが、田中違いでほかの方のようです。

2019年3月、体調不良を理由に予算案採決があった本会議を欠席し、妻と沖縄に旅行した問題で除名処分を受けたのは大阪維新の会の田中厚志(たなかあつし)大阪府松原市議のようです。

まとめ

本記事では田中もとかずさんのプロフィール、家族、年収、除名の噂について触れていきました。

多方面で活躍する多動力、行動力やイニシアティブを学生時代から社会人になっても見せてきた田中もとかずさん。

今回の羽曳野市市長選挙でもその個性を活かして市長を勝ち取ることができるでしょうか。見ものです。

いろいろな候補者のいろいろな背景や考えを聞いて、今の日本の現状を知って、候補者も主権者の羽曳野市民や大阪府民ももちろん大阪府以外に住んでいる方も有意義な選挙運動,政治への関心へとつなげていってくださいね。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所