田中純/行橋市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う行橋市長選挙(2022年2月20日告示、2月27日投開票)に現職の田中純氏が3選を目指し立候補する意思を表明されましたので田中氏の関する記事をまとめています。

田中純氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

田中純/行橋市長選挙の経歴は?

名前 田中純(たなかじゅん)
生年月日 1946年8月28日
出身地 福岡県行橋市
最終学歴 京都大学教育学部卒業
職業(前職) 福岡県議会議員
趣味 不明

田中純氏について調査をしていて、地元愛が強い、挑戦する意思が強い政治家だと思いました。

1988年地元である行橋市長選挙に、初立候補しました。そこからなんと7回連続で落選してしまいます。

諦めない姿勢と自分が行橋市を良くしたいという思いがこの挑戦から伝わってきました。

2014年8度目の挑戦にして見事初当選。行橋市長としてキャリアをスタートしました。

これだけの長い挑戦を経ての当選という結果に、市長として溜めていた力を発揮したと思います。

無事に任期を満了して、2018年同選挙に出馬して見事当選。2期連続で行橋市長を務めました。

この折れない挑戦する意思、地元愛は他の立候補者に負けていないと思います。

田中純/行橋市長選挙の学歴は?

田中純氏の学歴は、京都大学教育学部卒となります。

出身高校は?

残念ながら出身校についての情報は見当たりませんでした。

地元愛が強いことから、地元の高校から京都大学へ進学した可能性があります。

出身大学は?

京都大学は京都の国立大学で略称で京大と呼ばれています。

大学の近くには、観光スポットもあり自然を感じながらリフレッシュできます。

全国の国立、公立、私立大学の偏差値ランキングでは2位にランクインしています。

そのため、難関大学の1つとされており日本トップクラスの学生が集まります。

スポンサーリンク

田中純/行橋市長選挙の家族は?

田中純氏自身の家族についての情報は見当たりませんでした・・・

独身の可能性も既婚の可能性もありそうです。

田中純/行橋市長選挙の年収は?

田中純氏の年収について情報をまとめてみました。

行橋市の公式サイトの情報によると、行橋市長の年収は下記の通りになります。

月額:85万5千円×12ヶ月=1026万円
期末手当:85万5千円×1.7=145万3千5百円
年収:1026万円+145万3千5百円=1171万3千5百円

行政市長の年収は約1171万円となります。

田中純/行橋市長選挙の実績や評判は?

田中純氏の実績ですが、「海と日本project inふくおか」サイトにインタビューが掲載されていました。

市長として、かつて基幹産業であった行橋市の海が乱獲等により枯喉していました。

地元の海を復活させたいという思いから 「あさり復活プロジェクト」を周辺の自治体と協力して立ち上げました。

生まれ育った地元の海から再びあさりが取れるように取り組む姿勢に、地元への愛が感じられます。

田中純氏の評判についての情報は見当たらないので個人の予想ですが、2期連続で当選しているあたり評判は良いと思います。

田中純/行橋市長選挙の公約は?

田中純氏の行政市長選挙への公約は、検索したのですが情報は得られませんでした。

個人的な予想ですが、新人二人がトップダウン型の市政運営を批判しているため、トップダウン型継続は公約に入ってくると思います。

田中純/行橋市長選挙の立候補した理由は?

田中純氏は記者会見時に「引き続き同じ方針で進めたい」と語っています。

過去7年間で行った、都市インフラの整備、人口増加、税収増に手応えがあったと思われます。

田中純/行橋市長選挙の選挙結果は?

さて、ここでは田中純氏の選挙結果について書いていきます。

まず、2014年3月2日に初めて当選した行橋市長選挙では、14275票獲得しました。全体の投票率は51.26%でした。

次の2018年2月25日の選挙では、10462票獲得で2期連続当選。この時の投票率は45.74%でした。

投票率が下がる中で見事2期連続当選をしましたが、次点との差は、僅か91票

今回3期連続を狙う田中純氏としては、投票率を上げることが重要になってきます。

田中純/行橋市長選挙の引退の可能性は?

田中純氏の行橋市長選挙の引退の可能性について、現時点で公表している情報は得られませんでした。

個人的な予想ですが、現在田中純氏の年齢は75歳です。当選しても落選しても年齢を考えるとこの選挙が最後になるのではないかと思われます。

まとめ

ここまで田中純氏について調べてきました。

田中純氏には、政治家として自分のやりたいことはいつまでも挑戦するという意思がありました。

個人的には、7回連続で落選したらもう諦めると思います。7回も挑戦しようと思いません。

田中純氏の地元への愛を引き続き継続するためにも3期連続の当選という挑戦を応援したいと思います。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所