田中明/高山市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う岐阜県高山市長選(8月21日告示、28日投開票)に元市職員で現在、旅行会社を経営している田中明氏が初当選を目指して立候補する意向を表明されたので、田中明氏に関する情報をまとめています。

田中明氏の
・経歴
・家族
・年収

などについて記事を書いていきます。

田中明/高山市長選挙の経歴は?

名前 田中明
生年月日 1961年生まれ
出身地 岐阜県高山市
最終学歴 東海大学文学部卒業
職業(前職) 旅行会社経営
趣味 不明

田中明氏は、東海大学卒業後に総合商社へ入社し貿易を担当、その後、1987年に高山市職員になり、企画部長、海外戦略部長を歴任しました。

その後、2021年に旅行会社を立ち上げ、その傍ら、飛騨・高山観光コンベンション協会の専務理事を務めています。

スポンサーリンク

田中明/高山市長選挙の学歴は?

田中明氏の学歴は、東海大学文学部卒になります。

出身大学は?

東海大学は、東京の私立大学になります。

また、東京だけではなく、神奈川、静岡、熊本、北海道にもキャンパスがあり、日本有数の総合大学です。

学外連携として、産官学連携や地域連携にも取り組み、組織的に社会貢献を行っています。

田中明/高山市長選挙の家族は?

田中明氏の家族に関する情報は見当たりませんでした。

独身の可能性も、既婚の可能性もありそうです。

スポンサーリンク

田中明/高山市長選挙の年収は?

田中明氏は、旅行会社を経営されています。

国税庁の民間給与実態調査によると、中小企業の役員の平均報酬は、582万円になります。

田中明氏の年収は、平均報酬より高額か低額かは不明です。

田中明/高山市長選挙の実績や評判は?

高山市職員時代に企画部長、海外戦略部長などを歴任しました。

海外戦略部長の時には、官民一体の取り組みを立案し、人口9万人の高山市に、人口の5倍以上の訪日客を誘客するなど、実績を残しています。

市長に当選されると、観光業を通して、高山市の発展に努めると思われます。

田中明/高山市長選挙の公約は?

公約はまだ公表されていません

しかし、海外戦略部長、旅行会社経営の経験を活かして、訪日客の誘客や、国内観光客の誘客を公約に掲げ、観光業を軸に政策を立てると思われます。

また、畜産業、農業、林業も盛んですので、公約に掲げる可能性もあります。

田中明/高山市選挙の立候補した理由は?

3期目で現職の國島芳明氏が引退を表明しました。

その為、自民、公明党の支持を受けて、無所属で立候補します。

田中明/高山市長選挙の選挙結果は?

田中明氏は、今回が初めての選挙戦となりますが、過去の選挙結果をふりかえります。

2018年8月は、現職の國島芳明氏、新人の益田大輔氏の一騎打ちで、國島芳明氏が25,866票を得て当選
投票率は61.94%でした。

2014年8月は、立候補者が現職の國島芳明氏のみだったので、無投票当選となりました。

田中明/高山市長選挙の引退の可能性は?

今回が初めての選挙戦となり、年齢的にも引退の可能性は低いと思われます。

まとめ

高山市は観光業が盛んでしたが、コロナウイルスの影響で落ち込んでしまいました。

田中明氏が当選すると、市職員時代、旅行会社を経営の経験を活かした政策を実行し、訪日客、国内観光客を誘客し、観光業で地域活性化に努めると思われます。

また、畜産業、農業、林業に、若い担い手が減ってきているので、減少に歯止めを掛ける政策を行い、高山市の発展に尽力するでしょう。