田村克也/三田市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

任期満了を伴う三田市長選挙(2023年7月16日告示、7月23日投開票)に新人の田村克也氏が立候補する意向を表明されましたので、田村氏に関する情報をまとめています。

田村克也氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

田村克也/三田市長選挙の経歴は?

名前 田村克也(たむらかつや)
生年月日 1966年
出身地 兵庫県神戸市
最終学歴 関西大学法学部政治学科卒業
職業(前職) (株)みずほ銀行、(株)チャイルド社
趣味 不明

田村氏は高校卒業後、関西大学に進学し、無事に卒業されます。

卒業後はみずほ銀行に就職し、31年間勤務され頭取表彰を11回受賞されています。

2021年からチャイルド社の関西営業所長として、保育分野を支援されてきました。

狭間が丘中学校PTA会長・評議員、北摂三田高校育友会副会長、狭間が丘自治会会長なども歴任されています。

中学はバレーボール、高校は野球、大学は日本拳法(四段)経験のスポーツマンのようです。

銀行員で培ってきた知識や解決力を持ち、様々な経験をされているため非常に行動力がある印象を受けます。

田村克也/三田市長選挙の学歴は?

田村氏の学歴は、関西大学法学部政治学科卒になります。

出身高校は?

田村氏の出身高校に関する情報は得られませんでした。

出身大学は?

関西大学は大阪府にある私立大学で、幼稚園から大学までの一貫校になります。

1886年に創立され長い歴史をもつ大学で、13学部あり偏差値は50〜67.5です。

田村克也/三田市長選挙の家族は?

田村氏の家族に関する情報は得られませんでした。

しかし、PTA会長などを経験されているため、子どもはいるのではないかと考えられます。

田村克也/三田市長選挙の年収は?

田村氏の年収について情報をまとめました。

2021年からチャイルド社の関西営業所長として勤務されていましたが、現在は退職されて無職でいるようです。

収入はあるかもしれませんが、収入に関する情報は得られませんでした。

田村克也/三田市長選挙の実績や評判は?

田村氏は、今回が初出馬であるため実績はありません。

しかし、今までの経歴などは公式サイトで紹介されています。

田村氏の評判についての情報は見当たりませんでした。

これまで経験してきたことやスポーツが得意であることを踏まえると、周囲の意見を聞き率先して行動される印象を受けます。

田村克也/三田市長選挙の公約は?

田村氏の公式サイトに主要政策として掲載されてあり、これが公約になると思います。

主要政策として以下の項目を重点にしているようです。

・市民病院の再編統合に反対
・子育てを応援するまち、学生が集うまちにする
・公共財の民間委託、民営化を見直し
・三田市内の正規雇用を増加
・三田市の農業を持続可能なものにする
・焼却施設の二酸化炭素排出量を30%削減
・人権が守られているか検証、改善していく機関を設置

三田市の今後を十分に考えられた公約である印象を受けます。

個人的には医療・教育が充実することで、市民が住みやすいまちづくりになることを期待されている公約なのではないかと思います。

田村克也/三田市長選挙の立候補した理由は?

3月17日に表明記者会見をしており、その時にこのように発言されています。

現市政が進める市民病院の再編統合について「検討、検証がしっかりされていない。市民不在のまま話が進んでおり、白紙撤回する」と述べ、子育て世代や社会的弱者の支援も訴えた。

引用元:神戸新聞NEXTのニュース

現在、三田市にある三田市民病院と神戸市にある済生会兵庫県病院が再編統合し、新病院を設置することが決まっています。

しかし、再編統合に反対する市民有志らの候補者公募に応じ田村氏が選ばれました。

田村氏も表明記者会見で発言したように、病院の統合には反対しています。

市民の思いをどうにかしたいという強い気持ちが、立候補する理由になったのではないかと思います。

田村克也/三田市長選挙の選挙結果は?

田村氏は、今回の三田市長選挙が新人として立候補するため、選挙結果はありません。

田村克也/三田市長選挙の引退の可能性は?

田村氏は、現在56歳です。

今回が初めての立候補であり、もし落選しても次回の選挙には立候補する可能性が高いと思います。

まとめ

田村氏は、市民の声を生かしてより良いまちづくりをしたいという思いが強く、今回初めて市長選挙に立候補されたのではないかと思います。

医療・教育だけでなく、市民全員で三田市を住みやすいまちにしていきたいという気持ちが主要政策からも窺えます。

今回の三田市長選挙は、注目するべき選挙であることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長