武田哲/滝沢市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う滝沢市長選挙(2022年11月6日告示、11月13日投開票)において、自民党県議の武田哲氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、武田哲氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

武田哲/滝沢市長選挙の経歴は?

武田哲氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 武田哲(たけださとる)
生年月日 1964年6月13日
出身地 滝沢市
最終学歴 玉川大学・農学部卒
職業 農家・岩手県議会議員

武田哲氏は岩手県滝沢市出身で、大学を卒業後米農家として就農されました。

2011年7月に行われた滝沢村議会議員選挙に初当選、2期務められた後に2019年9月の県議会議員選挙に挑戦し当選を果たされています。

また滝沢市ラグビー協会会長も務めているそうです。

出典:武田哲氏 Facebook

武田哲/滝沢市長選挙の学歴は?

武田哲氏の最終学歴ですが、玉川大学・農学部卒になります。

出身大学は?

玉川大学は東京都町田市に所在する私立大学です。

学校法人玉川学園が経営主体となっており、幼稚部から大学院まで有する約1万人が集う総合学園です。

「全人教育」を教育理念としており、8学部17学科と幅広い部門を学べる環境が整っています。

卒業生には多数の有名人の方がおり、政治家や俳優・アナウンサー等多くの分野で活躍されています。

参照:玉川大学 ホームページ

スポンサーリンク

武田哲/滝沢市長選挙の家族は?

武田哲氏の家族構成についてですが、自身のFacebookに既婚と記載がありました。

また投稿の記事からお子様が4人がいらっしゃるようですが、詳しい情報は得られませんでした

武田哲/滝沢市長選挙の年収や月収は?

武田哲氏の年収や月収についてですが、岩手県議会ホームページの情報によると岩手県議会議員の年収は以下の通りになります。

月給:77万円×12ヶ月=924万円
期末手当:187万円+187万円=374万円
年収:924万円+374万円=
1,298万円

 
参照:岩手県議会 ホームページ

スポンサーリンク

武田哲/滝沢市長選挙の実績や評判は?

武田哲氏は2011年7月の選挙当選より約11年間滝沢市の行政に携わっています。

米農家として市内でも有名で、無農薬合鴨農法にて20年以上お米を作っているそうです。

武田哲/滝沢市長選挙の公約は?

武田哲の公約についてですが、自身のFacebook等調べましたが見当たりませんでした…

これから公に発表されるのかもしれません。

武田哲/滝沢市長選挙の立候補した理由は?

武田哲氏は自身のFacebookにて

滝沢市の発展の為、出馬を決意致しました。

と投稿しており、自身の知識・経験を活かし滝沢市の発展に尽力したいという意向で立候補をされたようです。

武田哲/滝沢市長選挙の選挙結果は?

武田哲氏の過去の選挙結果は以下の通りです。

滝沢村議員選挙
(2011年7月31日投票)
投票率50.5% 1,420票(当選)
滝沢市議会議員選挙
(2015年7月26日投票)
投票率49.72% 1,117票(当選)
岩手県議会議員選挙
(2019年9月8日投票)
無投票(当選)

武田哲/滝沢市長選挙の引退の可能性は?

武田哲氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

現在の年齢や滝沢市への強い思いを考慮すると、現時点で引退を考えている可能性はないと思います。

まとめ

滝沢市議員・岩手県議員として長年滝沢市の行政に尽力されてきた武田哲氏、今回滝沢市長選挙初出馬となります。

他の候補者として現職の主浜了(しゅはまりょう)氏が出馬を表明しており、武田哲氏と主浜氏の一騎打ちが予想されています。

武田哲氏のこれまでの実績や公約がどう評価されるのか個人的に気になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所