武田信弘/鹿児島県知事選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

020年7月12日に鹿児島県知事選挙が開催されます。

鹿児島県知事選挙には多数の方が立候補されていますが、そんな候補者の一人の武田信弘さんについて記事を書こうと思います。

武田信弘さんの

・経歴
・家族
・年収
・埼玉知事選挙

について記事をまとめてみようと思います。

 
 

スポンサーリンク

武田信弘/鹿児島県知事選挙の経歴は?

鹿児島県知事選挙候補の武田信弘さんの経歴は以下の通りです。

名前:武田 信弘(たけだ のぶひろ)
生年月日:1958年(月日不明)
出身地:神奈川県茅ケ崎市
出身校:国際基督教大学
前職:埼玉県の県立高校教諭
主な政策
・地域でのエネルギー自給を目指す
・地熱や太陽光発電の導入を促進
・小学校での英語教育を充実
・知事給与の引き下げ
・県立高校入試を透明化
・災害対策を徹底
など

2007年宮崎県知事選、埼玉県知事選、鹿児島県議選
2010年埼玉県春日部市議選
2011年埼玉県知事選
2015年埼玉県知事選
2019年埼玉県知事選
に立候補し、いずれも落選したらしいです。

計7回の落選を経て、ウィークポイントを見直して初当選となるのでしょうか?

 
 

スポンサーリンク

武田信弘/鹿児島県知事選挙の家族は?

武田信弘さんの家族に関する情報は見つかりませんでした。

武田信弘さんの年齢が60代ということを考えれば、結婚していたとすれば、お子さんが30代ぐらいになられていて、お孫さんがいる可能性があるかもしれませんね。

2004年以降職業に関する情報がなく、当選もしていないことから教員時代の給与及び退職金を自分の活動資金としていると考えたら安定性の観点から、もしかしたら、独身の可能性もあるかもしれないですね。

武田信弘/鹿児島県知事選挙の年収は?

武田信弘さんは2004年まで約20年間県立高校教諭を務めていたそうです。
そこで、埼玉県の地方公務員「高等学校教員」の平均給与データを見ていきましょう

平均給与月額は20年で382437円だそうです。
平均年収(勤続20年) : 382437×12+(382437×4.3 (※))=6233723≒ 623万
※ボーナスは月給与4.3か月分にて算出

また、参考までにほかの方が鹿児島県知事になられたときの年収額ですが、
1448万円や1551万円というデータが見受けられたため、鹿児島県知事になると平均して約1500万円ほどはもらえるようになる想定です。

 
 

武田信弘/鹿児島県知事選挙は埼玉知事選挙に出馬していた?

どうやら武田信弘さんは 埼玉知事選挙に4回ほど出馬しています。
埼玉県知事選への立候補にあたっては気候変動に関する世論誘導高校入試における不正などを政策とし、関東大震災の際には近隣県のバックアップができる体制を埼玉県がつくりたいと抱負を語りました

どうやら、時流に沿った政策がある程度主軸にあるのかもしれません。

今回の2020年鹿児島知事選マニフェストでも配車アプリのウーバーの仕事版を作って、労働力そのものに基礎を置く通貨を作ることで、国の通貨、円のデフレのあおりを受けない地域経済をある程度作るという制作は時流に沿っていて面白いと思いました。

まとめ

本記事では武田信弘さんのプロフィール、家族、年収について触れていきました。

落選続きの理由を探っていましたが、個人的にはブログのデザインのシンプルさが少しチープに見えてしまうことや、Twitterでも批判の声がありましたが、記事の閲覧数が伸びないから、記事を読んだ方にコメントを求めることなど、宣伝行為という意味でのメディアの使い方や行動の主体性が少し苦手な印象を受けました。

主権者にインパクトを残して今回の鹿児島県知事こそは制することができるのでしょうか。見ものです。

いろいろな候補者のいろいろな背景や考えを聞いて、今の日本の現状を知って、候補者も主権者の鹿児島県民ももちろん鹿児島県以外に住んでいる方も有意義な選挙運動,政治への関心へとつなげていってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
知事
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所