高重洋介/竹原市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う竹原市長選挙(12月12日告示、12月19日投開票)に新人で市議の高重洋介氏が立候補する意思を表明されましたので、高重氏に関する情報をまとめています。

高重洋介氏の

経歴
家族
年収
選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

 

スポンサーリンク

高重洋介/竹原市長選挙の経歴は?

高重洋介氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 高重洋介(たかしげようすけ)
生年月日 1968年
出身地 広島県竹原市
学歴 三原工業高等学校卒業
職業(前職) 竹原市会議員3期
趣味 不明

高重洋介氏は1968年に産まれ、広島県三原工業高等学校(現 如水館高等学校)を1986年に卒業されました。

高校卒業後、大学には進学されず、その後の経歴は不明ですが、有限会社高重瓦の代表取締役を務められております。

2010年竹原市議会議員選挙に新人で初当選され、現在は市議3期目になります。

高重洋介/竹原市長の学歴は?

高重洋介氏の学歴は以下の通りになります。

1986年 三原工業高等学校卒業

出身高校は?

三原工業高等学校は、広島県三原市に山中幸吉が三原工業学校を設立、1948年に学制改革により広島県三原工業高等学校を設置され、電気・建築・土木・女子商業科・普通科がありました。

1966年に女子商業科を広島県緑ヶ丘女子商業高校として独立し、1994年に如水館高等学校が開校し三原工業高等学校は、併合されました。

三原工業高等学校の教訓「水の如くなくてならない人になれ」は、現在の如水館高等学校の校名も、これに由来しています。

偏差値は47-69で三原工業高等学校も同じくらいの偏差値でした。

 

スポンサーリンク

高重洋介/竹原市長選挙の家族は?

高重洋介氏の家族についてですが、ご本人のフェイスブックで、息子さんの事が書かれていました。

中学生と高校生の息子さんがおられ、2人とも野球部に所属されてるようです。

休日に息子さんの試合の応援に行く高重洋介氏は家族想いの方だという印象を受けますね。

奥様の情報は得られませんでした…

奥様の詳しい情報など気になりますね

高重洋介/竹原市長選挙の年収は?

高重洋介氏の年収について情報をまとめてみました。

竹原市の公式サイトの情報によると、竹原市議会議員の年収は以下の通りになります。

月収:35万5千円x12か月=426万円
期末手当:176万2211円
年収:426万円+176万2211円=602万2211円

他にも収入あると思われますが、その他の収入に関する情報は得られませんでした…

高重洋介/竹原市長選挙の実績や評判は?

高重洋介氏の実績の詳しい情報は見当たりませんでしたが、竹原市学校給食センター完成から、仁賀ダム完成・まちづくり会社「いいね竹原」設立・竹原市財政健全化計画策定・竹原市行財政経営強化方針策定・竹原市総合計画策定など、高重洋介氏は竹原市議として、数々の活動をされて来られました

ご自身の地元をとても大切に活動されていると思います。

評判についても、詳しい情報は見当たりませんでした…

個人的な予想になりますが、竹原市議を3期務められてることから、かなり評判のいい方という印象を受けます。

 

高重洋介/竹原市長選挙の公約は?

高重洋介氏の公約についてですが、記者会見で高重洋介氏は「財政難などを理由に、多くの市政課題が先送りになっている。民間での経験を生かし、スピード感を持って解決していく」と、述べられています。

具体的な公約についての情報は得られませんでしたが、地方創生や地域の課題への対応など、これからの竹原市を考えた公約という印象を受けますね。

個人的にも、竹原市が元気と笑顔でいっぱいのまちになればいいなと思います。

高重洋介/竹原市長選挙の立候補した理由は?

高重洋介氏が竹原市長選挙に立候補した理由を調べてみましたが、理由についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、2018年に起きた暴雨災害の復興などで、実現出来ていない地域の課題などを、実現させるために今回の竹原市長選挙に立候補されたのかなと思います。

高重洋介/竹原市長選挙の選挙結果は?

ここでは、高重洋介氏の選挙結果について書いていきます。

竹原市議会議員選挙(2010年)新人で1680票数のトップで当選。立候補者15名。投票率は69.4%でした。

竹原市議会議員選挙(2014年)1258票で当選。立候補者は17名。投票率は66.57%でした。

竹原市議会議員選挙(2018年)1201票で当選。立候補者は18名。投票率は62.45%でした。

最近の竹原市長選挙の結果を見てみると

2009年 当時現職の小坂氏が新人の宗政氏を大差で破り当選。立候補者は2名で投票率は55.94%でした。

2013年 新人の吉田氏が当選。立候補者は新人3名で投票率は63.43%でした。

2017年 新人の今榮氏が当時現職の吉田氏を倍ほどの票数で破り当選。立候補者は新人2名と現職の戦いで、投票率は59.84%でした。

今回の竹原市長選挙は、新人の井上氏と現職の今榮氏と高重洋介氏の戦いになります。

市議会議員選挙も、市長選挙も、投票率は高いですね。

高重洋介氏は、いずれも上位で市議に当選しています。

市長は毎回変わっているようなので、今回も変わるかもですね。

高重洋介/竹原市長選挙の引退の可能性は?

高重洋介氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、市議を3期務められより良い竹原市を実現させるために、引退の可能性はないと思います。

まとめ

高重洋介氏は、1968年に産まれ高校卒業後は、会社員・有限会社高原瓦の代表取締役を務められ、2010年の竹原市市議会議員選挙で新人でトップで当選され、現在は市議3期目になります。

市議の他に、竹原ライオンズクラブの会長も務められ、休日は子供の試合の応援に行く家族想いの父親でもあります。

市議を務められてる時に暴雨災害などがあり、その復興活動や市民との会話で、今現在実現されてない課題を、今までの経験を生かしてスピードを持って実現させるために、今回の竹原市長選挙に立候補されました。

竹原市が元気で笑顔溢れるまちであり続けることを個人的にも応援したく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。