高岩勝人/志賀町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
町長

今回の記事では2023年12月19日告示、12月24日投開票予定の石川県志賀町長選挙に出馬予定の高岩勝人氏について記事をまとめていきます。

高岩勝人氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

高岩勝人/志賀町長選挙の経歴は?

高岩勝人氏のプロフィールを簡単にまとめて見ました。

名前 高岩勝人(たかいわかつひと)
生年月日 1967年5月11日
出身地 石川県志賀町(旧富来町)
学歴 石川県立富来高等学校
職業 ファイナンシャルプランナー
趣味 散歩・ゴルフ

高岩勝人氏は、26歳でギフトショップシャディサラダ館金沢桂町店を創業しました。

同時期から政経一致の活動を進め、自民党金沢支部の青年部に入党しました。

自民党金沢支部青年部長・自民党石川県連青年局長・幹事長を歴任し、平成19年に金沢市議会議員選挙に初当選し3期務めました。

令和5年4月、故郷志賀町に戻り、石川県議会議員選挙に出馬しましたが、落選しました。

今回の選挙では、金権体制・談合政治から志賀町を取り戻す最後の戦いとして挑みます。

高岩勝人/志賀町長選挙の学歴は?

高岩勝人氏は、石川県立富来高等学校卒業となります。

出身高校は?

高岩勝人氏の出身高校は、石川県立富来高等学校です。

富来高等学校は、かつて石川県羽咋郡志賀町(旧・羽咋郡富来町)にあった公立の高等学校です。

石川県立高浜高等学校と統合して石川県立志賀高等学校となり、2011年3月に閉校しました。

同一町内の志賀町立富来中学校と連携型の中高一貫教育を行っていました。

富来中学校より専願型推薦入試の形で入学が可能であった。

出身大学は?

高岩勝人氏の、出身大学は情報を見つけることができませんでした

高岩勝人/志賀町長選挙の家族は?

高岩勝人氏のご家族は、奥様とお子様が一人、愛犬が一匹とのことです。

高岩勝人/志賀町長選挙の年収は?

高岩勝人氏は、ファイナンシャルプランナーで、FP2級を持っています。

ファイナンシャルプランナーは、勤務型、独立型、副業型とあり、勤務体系や、個人の資質により年収が様々です。

高岩勝人氏が、どのような勤務体系でプランナーのお仕事をされているかわからなかったため、詳しい年収はわかりません。

高岩勝人/志賀町長選挙の実績や評判は?

高岩勝人氏は、26歳で起業して、経済活動に全力を尽くしていく中で、政治と経済の関わりについて強く意識するようになりました。

その後、青年会議所活動や自民党の青年局での活動を通じて、地域のために力を尽くすことの大切さを学びました。

「教育」と「地方創生」の志をもとに、金沢市議会議員として務めてきました。

高岩勝人/志賀町長選挙の公約は?

高岩勝人氏の今回の選挙の公約は、見つけることができませんでした

今後、何らかのかたちで発信してくれることを、楽しみにしています。

高岩勝人/志賀町長選挙の立候補した理由は?

高岩勝人氏は以下のように決意を語っています。

「新しい風、新しいエネルギーを吹き込むしかない。高岩さん出馬したらどうやという声が私の今回出馬を決意した大きな理由です。」

高岩勝人/志賀町長選挙の選挙結果は?

高岩勝人氏の選挙の結果は以下の通りです。

  • 2007年 金沢市議会議員選挙 3623票 当選
  • 2011年 金沢市議会議員選挙 3608票 当選
  • 2015年 金沢市議会議員選挙 3078票 当選
  • 2019年 金沢市議会議員選挙 2783票 当選
  • 2023年 石川県議会議員選挙 3660票 落選

高岩勝人/志賀町長選挙の引退の可能性は?

高岩勝人氏は、今回の選挙を「金権体制・談合政治から志賀町を取り戻す最後の戦い」として挑んでいます。

この最後の戦いということが、今後選挙には出ないということにも受け取ることができますが、真相はわかりません。

まとめ

高岩勝人氏は、今回の志賀町長選挙の3人の候補者の中で最も出馬表明が遅かったこともあり、毎朝1時間の辻立ちに力を入れているそうです。

SNSも活用し、自己紹介や政策などを動画で投稿しています。

町民に直接のご挨拶や、ネットでの配信などをうまく活用して幅広い世代に名前が知れ渡ることを願います。

今後の活躍がとても楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
町長