高橋純子/山北町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う山北町長選挙(2022年7月5日告示、2022年7月10日投開票)に新人の高橋純子氏が立候補される意向を表明されましたので、高橋純子氏に関する情報をまとめています。

この記事では、高橋純子氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

についてまとめています。

スポンサーリンク

高橋純子/山北町長選挙の経歴は?

名前 高橋純子(たかはしじゅんこ)
生年月日 55歳
出身地 鹿児島県
最終学歴 トキワ松学園女子短期大学(現・横浜美術大学)卒業
職業(前職) NPO法人夢キューブ代表理事
趣味 不明

高橋純子氏のプロフィールを調査しましたが、出身は鹿児島県の方だということが分かりました。
横浜の大学へ進学し、30歳の時に家族で山北町へと移住されました。

トヨタ紡織の関連企業で人事として働いたのち、1997年に山北町へと移住され、町放課後子ども教室のコーディネーター職として10年間勤務されました。

現在は教育や子育て関連の事業を行っているNPO法人の代表を務められています。

過去や現在のお仕事から、教育関連の分野に強い方だという印象を受けました。

高橋純子/山北町長選挙の学歴は?

高橋純子氏の学歴は、鹿児島純心高等学校卒トキワ松学園女子短期大学(現・横浜美術大学)卒となっています。

出身高校は?

鹿児島純心高校は鹿児島県鹿児島市に所在する私立でミッション系の女子高です。

創立は1933年と古く、1947年から中学校も併設しています。

地元・鹿児島大学を中心とした国公立大学や、関東・関西方面の有名私大への進学実績もある高校です。

出身大学は?

横浜美術大学は神奈川県横浜市に所在する私立大学です。

開学以来、美術学部のみの単科大学となっています。

元々は女子大学でしたが、トキワ松学園女子短期大学、トキワ松学園横浜美術短期大学を経て、2001年に横浜美術短期大学と改称して共学化し、2010年には4年制へ移行し横浜美術大学となりました。

スポンサーリンク

高橋純子/山北町長選挙の家族は?

高橋純子氏のご家族に関する情報を調べました。

高橋純子氏へのインタビュー記事に、「夫婦で気に入った築120年の古民家を住まいに選んだ」という記述がありましたので、ご結婚はされているようです

また、働き詰めの人生であったため、40歳の時に仕事を一休みしようとした際にPTAなどの地域の活動に興味を持ったという記述もあるため、もしかしたらお子さんもいらっしゃるかもしれません。

高橋純子/山北町長選挙の年収は?

高橋純子氏の年収に関する情報を調べましたが、詳しい情報は見つかりませんでした・・・

現在、NPO法人の代表理事のお仕事をされているとのことなので、年収に関してはNPO団体の利益と団体内での役員報酬の規定次第であると考えられます。

高橋純子/山北町長選挙の実績や評判は?

高橋純子氏の実績や評判について調べました。

高橋純子氏が代表を務めているNPO法人夢キューブは、地域の人々の子育て支援や教育活動を行う団体です。
また、近年では山北町への移住を検討する人への相談窓口も設けています。

これまでに子供向けイベントの開催や相談窓口の開設により、子育て支援や魅力ある街づくりの推進をしてきた実績があります。

また、評判に関しては具体的な情報はありませんでしたが、子育て世代などを中心に支持されているのではないかと考えられます。

高橋純子/山北町長選挙の公約は?

高橋純子氏の公約について調べました。

山北町長選挙立候補者へのアンケートでは重要な施策として以下の3点を掲げています。

・こころをつくす福祉
・自分らしさ、山北町らしさ教育
・地域活性化と雇用対策

福祉、教育、そして雇用対策の3点を軸に魅力ある街づくりを掲げています。

これまで人事や子育て支援事業・教育事業に関わってきた高橋純子氏の得意分野が反映された公約ではないでしょうか。

高橋純子/山北町長選挙の立候補した理由は?

高橋純子氏の立候補した理由について調べました。

高橋純子氏は立候補を表明した会見において、現町長の政策について「発信力が低い」と指摘し、NPO法人での活動の中で町民から出た多くの声を、町政に反映させるために出馬を決心したと述べました。

長年、山北町において子供たちや子を持つ親世代の人々と接してきたからこその出馬理由だと感じました。

高橋純子/山北町長選挙の選挙結果は?

高橋純子氏は今回が初めての選挙戦となります。

対立候補は現職の町長と元町議であるため、選挙戦経験者が対立候補となります。

2名の対立候補にどのような戦いを挑むのかも注目ポイントなのではないでしょうか。

高橋純子/山北町長選挙の引退の可能性は?

高橋純子氏の引退の可能性について調べましたが、情報は見つかりませんでした・・・

しかし、政治家としてはまだまだお若い事から、もし落選しても引退はされないのではないかと思われます。

まとめ

高橋純子氏について、子育てや教育などの社会福祉関連の分野で、長年山北町を支えてこられた方だと分かりました。

経歴や政策からも分かるように、子育て世代の有権者からの支持が堅いのではないでしょうか。

また、選挙公約を見ても分かるように、町民の声を直接取り込んだ政策であることが分かります。
山北町をより魅力的にするような町づくり政策に期待が持てます。

NPO法人の代表として団体を運営してきた経営手腕にも注目です。

町長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所