高橋大輔/湯沢市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

秋田県湯沢市の市長選挙が現市長の任期満了に伴い2021年3月28日公示、2021年4月4日投票日の予定で実施されます。

今回の選挙は副市長をはじめとし、3人が立候補の予定とのことです。

前回2017年の湯沢市長選挙の投票率は68.32%と高い投票率となっていましたので、今回も注目度が高いと思われます。

今回の立候補予定者3人のうち、最も若い候補者高橋大輔氏について記事を書こうと思います。

高橋大輔氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

について調べてみましたのでまとめたいと思います。


スポンサーリンク

高橋大輔/湯沢市長選挙の経歴は?

高橋大輔氏は湯沢市長選挙に立候補するまで湯沢市議会議員を務めています。また、カフェも経営されていると言うことです。

名前:高橋大輔(たかはしだいすけ)
生年月日:不明
出身地:秋田県湯沢市
出身校:不明

高橋大輔氏は地元の高校を卒業して、東京の大学に進学し、卒業後は不動産会社に就職されたそうです。

東京には地元にないものがある!と言うことで非常に充実したものだったようです。

しかし、大阪へ転勤した際に先輩から「地元を案内してよ」と言われた際、先輩が駅を降りてから駅前の商店街を見るなり「ど田舎だな」「これがメインストリートか」と馬鹿にされたそうです。シャッター商店街だったからという理由でした。

それが悔しかったとのことで、大阪に戻って半月で退職し、地元に戻ったそうです。

自分でシャッターを開けたいと思ったからとのこと、廃れていく姿を黙って見れなかったからとの理由です。

こちらの記事を読むと高橋大輔氏の地元に対する思いが伝わります。カフェをオープンさせます。

そして、湯沢市議会議員へ立候補しました。

スポンサーリンク

高橋大輔/湯沢市長選挙の家族は?

高橋大輔氏は今回の立候補予定者の中で一番若い候補者となります。

家族の情報をいろいろと検索してみたのですが、家族に関する情報を得ることが出来ませんでした…

年齢的に言うなら独身でもおかしくはなさそうですね。

高橋大輔/湯沢市長選挙の年収は?

高橋大輔氏は現在、湯沢市議会議員の一期目を務めています。(2017年10月当選)

湯沢市議会議員の報酬は

月額351,000円×12か月=4,212,000円
期末手当(6月、12月):月額報酬×1.15×160.0÷100×2=1,291,680円
4,212,000円+1,291,680円=5,503,680円

議員報酬の年収約5,503,680円と、自営のカフェの収入があると思われますが、自営のカフェの年収に関する情報は得られませんでした…

高橋大輔/湯沢市長選挙の選挙結果は?

現在、湯沢市議会議員である高橋大輔氏の当選時の開票結果は以下の通りです。

2017年当選 1,981,414(24名立候補のうち3番目の得票数)

まとめ

高橋大輔氏は音楽フェスを主宰する「湯沢ストリート村」の実行委員をされています。

「湯沢ストリート村」湯沢市を訪れてもらうきっかけを作り、地域の過疎化を招く若者の県外流出を食い止めるための取り組みだそうです。

前湯沢市の副市長も積極的に力を貸されていたようで「副市長ラップ」というPR活動もされています。

今後も湯沢市のより良い発展に貢献されていくのではないでしょうか?

三つ巴の戦いとなります。

さらに秋田県知事と9つの市町の首長を選ぶ「ミニ統一地方選」とも呼ばれています。

秋田の選択はいかに?