平良武康/本部町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う本部町長選挙(2022年9月6日告示、11日投開票)に、現職の平良武康氏が2期を目指して立候補する意思を表明されましたので、平良氏に関する情報をまとめています。

平良武康氏の

経歴
家族
年収
選挙結果

などについて記事を書いていきます。

平良武康/本部町長選挙の経歴は?

平良武康氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 平良武康(たいらたけやす)
生年月日 1950年2月15日
出身地 沖縄県本部町
学歴 名城大学卒業
職業(前職) 本部町長1期(前職 県立農業大学校校長ほか)
趣味 不明

平良武康氏は、1950年2月15日沖縄県本部町に生まれました。

小中高は不明ですが、名城大学に進学し無事に卒業されました。

1973年沖縄県庁に入庁され北部農業改良普及センター所長・県立農業大学校校長を離任し、2011年から2018年まで副町長を務められました。

2018年の本部町長選挙で無投票で初当選し、現在本部町長1期目になります。

平良武康/本部町長選挙の学歴は?

平良武康氏の学歴は以下の通りになります。

名城大学卒業

小中高等学校は不明です。

出身高校は?

平良武康氏の出身高校を調べてみましたが、出身高校についての情報は得られませんでした…

出身大学は?

名城大学は、愛知県名古屋市に本部を置く日本の私立大学です。

1926年名古屋高等理工科講習所として創立され、1949年名城大学商学部として設置されました。

現在は10学部9研究科を擁し学生数1万5000人を超える文理融合型総合大学で、偏差値は47.5-55になります。。

大学院独立研究科として総合学術研究科を設置しています。

2014年に赤崎勇教授および天野浩元教授がノーベル物理学賞・2019年に吉野彰教授がノーベル化学賞を受賞し、これらの受賞により名城大学の入学志望者が急増し入試難易度も上昇しました。

ノーベル賞受賞者を輩出する私立大学は中部地方を含めた東日本では名城大学が初めてです。

平良武康氏がどこの学部に所属していたかは不明です。

スポンサーリンク

平良武康/本部町長選挙の家族は?

平良武康氏の家族について調べてみましたが、家族についての情報は得られませんでした…

独身の可能性もありますね。

ご両親やご兄弟なども気になります。

平良武康/本部町長選挙の年収は?

平良武康氏の年収について情報をまとめてみました。

本部町の公式サイトの情報によると、本部町長の年収は以下の通りになります。

月収:75万6千円x12か月=907万2千円
期末手当:336万4200円
年収:907万2千円+336万4200円=1243万6200円

他にも収入あると思われますが、その他の収入に関する情報は得られませんでした…

スポンサーリンク

平良武康/本部町長選挙の実績や評判は?

平良武康氏の実績は以下の通りになります。

・ふるさと納税を財源に給食費の無料化
・子育て支援住宅や道路インフラの整備
・農業振興

など、本部町民のために活動をされてこられました。

評判についてですが、保守系の町議らが平良氏の保革の立場を明言しないことを問題視していますが、副町長を7年務められ町長になってからも町民のための実績もあり、評判のいい方という印象を受けます。

平良武康/本部町長選挙の公約は?

平良武康氏は2期目の重点政策として以下の内容を掲げています。

・経済活力の再生
・観光業、商工業、農林水産業の振興
・子ども、子育て支援
・安心して暮らせる福祉社会
・主要な道路や建物の整備
・IT事業の活性化
・まるごとテーマパーク構想

など、本部町民のための公約という印象を受けますね。

個人的にも、町内まるごとテーマパークになれば、経済も活性化し面白くなっていいなと思います。

平良武康/本部町長選挙の立候補した理由は?

平良武康氏が今回の本部町長選挙に立候補した理由ですが、以下の通り述べられています。

1期目で成し遂げられなかった施策を2期目で完結させたい

1期目で力を入れた事業を2期目も継続し、さらに経済活性化のために今回の本部町長選挙に立候補されたのだと思います。

平良武康/本部町長選挙の選挙結果は?

平良武康氏の選挙結果は以下の通りになります。

2018年本部町長選挙 無投票で当選。他に立候補者はいませんでした。

それまでの本部町長選挙の結果を見てみると

2006年 新人の高良氏が新人2名を破り当選。立候補者は3名で投票率は81.79%でした。
2010年 現職の高良氏が無投票で当選。他に立候補者はいませんでした。
2014年 現職の高良氏が無投票で当選。他に立候補者はいませんでした。

今回の本部町長選挙は現在、平良武康氏と新人で町議の真部氏が立候補する意志を表明しています。

無投票での結果が多いですが、選挙になれば投票率も高く、現職と町議の戦いで期待できるかもですね。

平良武康/本部町長選挙の引退の可能性は?

平良武康氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、1期で成し遂げられなかった公約を実現させるためにも引退の可能性はないと思います。

まとめ

平良武康氏は1950年2月15日沖縄県本部町に生まれ、大学卒業後に沖縄県庁に入庁、その後2011年から2018年まで副町長を務められました。

2018年の本部町長選挙で無投票で初当選した平良武康氏は、本部町のための活動を長くされて、町長になってからも子育て支援などの実績もあります。

2期目の公約として「町まるごとテーマパーク」を掲げておりますが、個人的にも「町まるごとテーマパーク」にとても興味があります。

本部町民のためにも町の経済を活性化させる平良武康氏の活動を、個人的にも応援したく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。