田口知明/仙北市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仙北市長選挙(2021年10月3日告示、10月10日投開票)に田口知明氏が立候補する意向を表明されましたので、田口氏に関する情報をまとめています。

田口知明氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

田口知明/仙北市長選挙の経歴は?

田口知明氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 田口知明(たぐちともあき)
生年月日 1970年10月6日
出身地 秋田県仙北郡旧田沢湖町生保内
最終学歴 角館高校卒業
職業(前職) 元秋田県商工会青年部連合会会長、元全国商工会青年部連合会理事、有限会社タグチコーポレーション代表取締役 等
趣味 温泉旅行

田口知明氏は秋田県で木材業を営む家の4代目として生まれ、秋田県の高校を卒業。

その後家業である木材会社に務めますが、昨年度末を以て残念ながら廃業してしまいます。

その際に周囲に迷惑をかけたという経験をもとに、今回地域に恩返しをしたいという想いで今回立候補に至った田口氏。

とても義理堅い方のようですね。

田口知明/仙北市長選挙の学歴は?

田口知明氏の学歴は、角館高校卒業になります。経歴を見る限り大学には進学されず、そのまま家業を継がれたようですね。

出身高校は?

角館高校は秋田県の仙北氏に位置する高等学校です。

秋田県内では割と上位の偏差値を誇る共学の進学校です。

1年度より特別進学クラスを設置しており、国公立大学や難関私立大学への進学希望者への教育カリキュラムがあります。

施設も新しく、野球部等の部活動も盛んな高校のようですね。

田口知明/仙北市長選挙の家族は?

田口知明氏は既婚です。

ご両親もご健在のようですね。

家業の木材会社が倒産してしまった際に、改めて妻と両親とともに暮らせることのありがたみを感じたと述べています。

お子様がいらっしゃるかは不明ですが、もしいらっしゃれば成人しているくらいのお年かもしれないですね。

 
 

田口知明/仙北市長選挙の年収は?

田口知明氏の年収について情報をまとめてみました。

田口氏が家業を継いでいた田口木材は、住宅需要の低迷から昨年度に自主廃業しています。

同年、田口氏は有限会社タグチコーポレーションを立ち上げ代表取締役に就任しています。

企業の役員報酬については、資本金によっておおよその相場がわかります。

今回タグチコーポレーションの資本金は不明ですが、2,000万円未満の場合は年収690万円ほどでしょうか。

代表取締役にしては少ない印象ですが、秋田県の平均年収は約293万円と言われていますから、それと比べると高額ですね。

田口知明/仙北市長選挙の実績や評判は?

田口知明氏は今回初めての政治への挑戦となります。

そのため市政に関する実績はありませんが、田口氏は商工会青年部連合会会長や秋田活性化センター評議員等を務めています。

商工会青年部連合会とは、主に市町村の商工業の経営の改善発達を図っている特別認可法人です。

全国に1,700以上の商工会があり、商工業者の経営支援や地域の活性化のための活動をしています。

市政には携わらなくとも、早くから地域の活性化のために活動をされていたようですね。

田口知明/仙北市長選挙の公約は?

田口知明氏はこちらのサイトで政策について発表しています。

これからの仙北市として、

1.感染症に強いまち
2.多様な人が幸せを感じるまち
3.高齢者が安心して暮らせるまち
4.子ども、母親が安心して暮らせるまち
5.仙北氏ブランドを核とした稼げるまち 

を掲げています。

これらを実現することで、仙北市の人口増加にもつなげたい狙いがあるようです。

仙北市も人口減少には歯止めがかかりません。新型コロナ対策とあわせ、地方都市の過疎化対策が注目されますね。

田口知明/仙北市長選挙の立候補した理由は?

今年で50歳になられる田口氏。立候補の理由として、40,50代の責任世代の代表として故郷を守り、次世代にバトンを引き継ぎたいという想いをあきらかにしています。

こちらの自身のYouTubeチャンネルでも、市民皆が力をあわせて市を動かしたい、と述べていますね。

田口知明/仙北市長選挙の選挙結果は?

田口知明氏は今回は初めての出馬になります。

仙北市長選挙は、2013年は無投票で門脇市長の当選となりました。

門脇市長の任期満了に伴う2017年の市長選では、候補者2名のため投票が実施され、投票率60.71%のなか門脇市長が圧倒的な得票数で当選しました。

今回、現市長の門脇市長は不出馬の意向を表明しています。

田口氏の他には県議の佐藤氏が出馬の意向を示してるため、票が割れることが想定できますね。

前回より投票率もあがるかもしれません。

田口知明/仙北市長選挙の引退の可能性は?

田口知明氏が今回の選挙で万一落選したとしても、引退することは考えにくいでしょう。

というのも、田口知明氏は現在50歳。今回が初挑戦ではありますが、まだまだ政治家としてチャレンジし続けることが出来る年齢です。

地元への貢献という強い意志も持っていらっしゃるので、万一今回の選挙で落選されたとしても諦めずにチャレンジし続けられるのではないでしょうか。

まとめ

仙北市で生まれ、仙北市で育った田口氏。家業の廃業という経験を経て、地元に貢献したいという想いをより一層持っていらっしゃる方ですね。

今回、現市長は出馬しないため、新しいリーダーを迎えることになる仙北市。

市民がどのようなリーダー像を望んでいるのかが問われる市長選です。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所