鈴木つねお/藤沢市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

鈴木つねお/藤沢市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年2月11日告示、同年2月18日に投票が実施される藤沢市長選挙に、鈴木つねお氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、鈴木つねお氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

鈴木つねお/藤沢市長選挙の経歴は?

鈴木つねお氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 鈴木つねお(すずき つねお)
生年月日 1950年1月3日
出身地 神奈川県藤沢市
最終学歴 早稲田大学
職業 藤沢市長
趣味 読書、スポーツ、園芸

鈴木つねお氏は、1950年1月3日に神奈川県藤沢市で生まれました。

高校まで藤沢市で育ち、慣れ親しんだ地元への貢献愛をはぐくんだと考えられます。

早稲田大学教育学部で広い見識を身に着け、卒業後は民間企業に就職した経歴を持ちます。

1979年に藤沢市議会議員に当選した後は、政治の世界で活躍を続けています。

2012年には藤沢市長に当選し、4期連続で市長の責任ある立場を担っています。

鈴木つねお/藤沢市長選挙の学歴は?

鈴木つねお氏は、神奈川県立平塚江南高等学校を卒業後、早稲田大学教育学部に進学しています。

出身高校は?

神奈川県立平塚江南高等学校は、1921年に県立平塚高等女学校として開校した後、1950年に現在の名称に改称した伝統ある高等学校です。

「自主自律」・「自他敬愛」を建学の精神として掲げ、豊かな人間性・強い心身の育成を目指し、さらに生徒一人一人の個性を伸ばす教育を心がけています。

出身大学は?

早稲田大学は、東京専門学校として1882年に創設された伝統ある私立大学です。

「学問の独立」・「学問の活用」・「模範国民の造就」の3つを見学理念として掲げ、今に至るまで一貫した指針としています。

鈴木つねお氏は同大学で教育学部に所属し、幅広い見識を身に着けたと考えられます。

鈴木つねお/藤沢市長選挙の家族は?

鈴木つねお氏の家族についての情報は、公式サイトを含め公開されていませんでした。

鈴木つねお/藤沢市長選挙の年収は?

鈴木つねお氏は、2024年2月現在、4期目の藤沢市長として重責を担っています。

藤沢市長の年収は、以下だと考えられます。

月額報酬 1,064,000円
期末手当 1,064,000×3.1=3,298,400
年収 1,064,000円×12か月+3,298,400=16,066,400円

鈴木つねお/藤沢市長選挙の実績や評判は?

鈴木つねお氏は、藤沢市議会議員・神奈川県議会議員・藤沢市長の経験を持ちます。

その間、トラブルに関連する情報はありませんでした。

地元の藤沢市に誠実に貢献しようとする同氏の意識の高さが伝わってきます。

鈴木つねお/藤沢市長選挙の公約は?

鈴木つねお氏が藤沢市長選挙における公約は、2024年2月5日現在公開されていません。

しかし、現職を務める同氏は、以下のような政策展開を継続して掲げています。

・オリンピック開催と観光振興のふじさわ
・安心安全子育てサポートふじさわ
・健康いきいきサポートふじさわ
・文化・芸術、郷土愛育むふじさわ
・みんなで目指そう、「住みたい街」ふじさわ

鈴木つねお/藤沢市長選挙の立候補した理由は?

鈴木つねお氏が藤沢市長選挙に立候補した理由としては、各種取材に対し、ポストコロナ時代を見据えた政策の継続性が重要であると考え、子育て施策のさらなる充実を図る考えを示しています。

鈴木つねお/藤沢市長選挙の選挙結果は?

鈴木つねお氏は、前述のように、藤沢市長選挙に4期連続で当選しています。

投票日:2020年2月16日
投票率:29.27%
得票数:59,314票

鈴木つねお/藤沢市長選挙の引退の可能性は?

鈴木つねお氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

4期連続で藤沢市長を務めており、また藤沢市議会議員の経験もあることから、地元への貢献愛の強さが伝わってきます。

今回の市長選挙に当選しなかった場合、年齢を考えると引退の可能性もあるかもしれませんが、何らかの形で地元に貢献し続けるのではないかと考えられます。

まとめ

以上、鈴木つねお氏について藤沢市長選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、大学を卒業後は一旦民間企業に就職しますが、藤沢市議会議員に当選した後は長い期間政治の世界でトラブルなく活躍しています。

同氏が藤沢市長に当選した場合は、すでに現職として培ってきた経験と知識を活かし、安定の政策展開が期待できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所