住谷昇/箕面市長選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

2020年8月23日に箕面市長選挙が開催されます。

箕面市長選挙には多数の方が立候補されていますが、そんな候補者の一人の住谷昇さんについて記事を書こうと思います。

住谷昇さんの


・経歴
・家族
・年収

について記事をまとめてみます。

 
 

スポンサーリンク

住谷昇/箕面市長選挙の経歴や年齢は?

箕面市長選挙候補の住谷昇さんの経歴は以下の通りです。

名前:住谷 昇(すみたに のぼる)
生年月日:1947年7月26日
在住:箕面市船場西1丁目
出身地:奈良県吉野郡川上村
出身校:府立鳳高校、関西大学二部(経済学)
前職:大阪府土木部入庁、元大阪府職員
退職後の活動:「みどりとくらしをまもるみんなの革新箕面をつくる会」代表委員

住谷昇さんは「大型開発優先から、みどりとくらし優先の市政への転換」を最大の争点に上げているそうです。

また、殺処分ゼロや都構想反対をうったえていたり、福祉にお金を回すこと、保育士の正規採用など子育て関係に力を入れたりとより市民に寄り添った政策を行っています。

 
 

スポンサーリンク

住谷昇/箕面市長選挙の家族や結婚についても!

住谷昇さんには妻と長男とお母さんがいるそうです。

また、情報は見つかりませんでしたが、住谷昇さんの年齢を考えるとお孫さんがいる可能性もあるかもしれません。

年齢からしてお母さんがいらっしゃることを考えるとお母さんは結構ご長寿かもしれませんね。

住谷昇/箕面市長選挙の年収は?

前職に記載の大阪府職員の年収について調べてみました。

大阪府職員の平均年収は、 659万円だそうです。

(基本給と諸手当(残業代、地域手当、住居手当など)を含む、新卒から部長まで全てを平均した年収)

47歳で参事になれた場合は 年収800万円に到達し、次長や部長だと 1000万円超えもあるそうです。

ちなみに総務省発表「地方公務員各都道府県データ」より2019年の箕面市の地方公務員の年収は675万2848円とのことでした。

まとめ

本記事では住谷昇さんのプロフィール、家族、年収について触れていきました。

住谷昇さんは「みどりとくらしをまもるみんなの革新箕面をつくる会」での抱負にて市長の最も大切な仕事を、市民の声を聴くこと第一線で働く市職員の意見を聞くことと述べていました。

一方、twitterで本人の名前で検索したとき、市民の為の当たり前の政治を行う、箕面市で暮らしたいという声がありました。

前回の市長選挙では敗れてしまったそうですが、市民のニーズをくむのであれば、次こそ住谷昇さんが市長に!ということも考えられるかもしれません。

いろいろな候補者のいろいろな背景や考えを聞いて、今の日本の現状を知って、候補者も主権者の箕面市民や大阪府民ももちろん大阪府以外に住んでいる方も有意義な選挙運動、政治への関心へとつなげていってくださいね。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所