須藤博/宇都宮市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う宇都宮市長選挙(11月8日告示、11月15日投開票)に新人で弁護士の須藤博氏が立候補する意向を表明されましたので須藤氏に関する情報をまとめています。

須藤博氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

須藤博/宇都宮市長選挙の経歴や評判は?


須藤博氏の経歴は次の通りです。

名前:須藤 博(すどう ひろし)
生年月日:1943年生まれ
出身地:不明
出身校:明治大学法学部卒業
趣味:囲碁、ドラマ(男はつらいよ、愛の不時着)

出身地の情報が見当たりませんでした。追加の情報が入り次第、追記させていただきます。

大学卒業後は事業会社で10年、東大セミナー(学習塾)で講師を10年勤めたのちに、1993年に栃木県弁護士会に弁護士登録。

栃木県弁護士会副会長、人権公害委員会委員長、消費者問題対策委員会委員長、有事法制問題対策委員会委員長などを歴任されています。

 
 

スポンサーリンク

須藤博/宇都宮市長選挙の家族は?

須藤博氏の現在の家族については記載は見当たりません…

須藤氏が70歳代後半ということを考えると、結婚していたとすれば、50代ぐらいのお子様やさらにお孫さんまでいらっしゃるかもしれません。

須藤博/宇都宮市長選挙の年収は?

須藤氏の職業は弁護士です。

正確な年収はわかりませんが、独立開業した弁護士の平均年収は1400万円ほどあるようです。

須藤博/宇都宮市長選挙の選挙結果は?

詳細な情報が入り次第追記します。
ちなみに前回の宇都宮市長選挙の投票率は41.53%でした。

まとめ

宇都宮市長選には他に、現職の佐藤栄一氏が立候補を表明されています。

須藤氏の政策は「コロナ対策」だけでなく、弁護士らしい「人権を尊重した市政の実現」、「社会的弱者や少数者の権利尊重」や、「次世代型路面電車(LRT)整備事業の全面的な見直し」を掲げています。

5選目を目指す現職に対し、政治未経験の新人がどこまで迫ることができるのか注目が集まります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所