森しゅんすけ/壱岐市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年4月7日告示、同年4月14日に投票が実施される壱岐市長選挙に、森しゅんすけ氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、森しゅんすけ氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

森しゅんすけ/壱岐市長選挙の経歴は?

森しゅんすけ氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 森しゅんすけ(もり しゅんすけ)
生年月日 1984年(誕生日は不明)
出身地 神奈川県相模原市
最終学歴 早稲田大学人間科学部
職業 元壱岐市議会議員
趣味 非公開

森しゅんすけ氏は、1984年に神奈川県相模原市で生まれました。

幼少期から高等学校までの経歴は不明ですが、早稲田大学人間科学部で勉学に励みました。

大学卒業後は、民間企業に就職後自立して大人向け図書館「森の図書室」などの起業を経験しています。

その後、壱岐市開設の企業相談所である「Iki-Biz」のセンター長を経験し、2021年には市議会議員に立候補し当選しています。

森しゅんすけ/壱岐市長選挙の学歴は?

森しゅんすけ氏は、出身高校は不明ですが、大学は早稲田大学人間科学部に入学しました。

出身高校は?

森しゅんすけ氏が通った高校の情報は公開されていません

出身大学は?

森しゅんすけ氏が通った早稲田大学は、1882年に設立された歴史ある私立大学です。

早稲田大学では、教旨として以下の3点を掲げています。

・学問の独立
・学問の活用
・模範国民の造就

多くの学部を抱える総合大学で、たくさんの著名人を輩出しています。

森氏も、同大学の人間科学部で教育系の知識と経験を積んだと予想されます。

森しゅんすけ/壱岐市長選挙の家族は?

森しゅんすけ氏の家族に関しては、情報は見当たりませんでした。

森しゅんすけ/壱岐市長選挙の年収は?

森しゅんすけ氏は、壱岐市の市議会議員を務めていました。

同市の市議会議員の年収は、以下であると予想されます。

月収:300,000
・期末手当:300,000×6=1,800,000 (概算)
・年収:300,000×12+1,800,000 = 5,400,000円

森しゅんすけ/壱岐市長選挙の実績や評判は?

森しゅんすけ氏は、壱岐市の市議会議員を務めていました。

それ以前は、民間企業の経営や壱岐市の企業相談所の代表を務めています。

その間、悪評などは聞こえてきていないため、実直に仕事をこなす性格が伺えます。

森しゅんすけ/壱岐市長選挙の公約は?

森しゅんすけ氏が壱岐市長選挙における公約は以下の通りです。

・広報紙やユーチューブなどによる発信で「見える化」の推進
・行政の「仕事力」を高める
・市民の暮らしを向上させる

森しゅんすけ/壱岐市長選挙の立候補した理由は?

森しゅんすけ氏が壱岐市長選挙に立候補した理由としては、現在の同市の政治に対して「ビジョンが見えず市民に不信感を与えている」と述べています。

市民から見える透明性の高い政治を行いたいという意思が見られます。

森しゅんすけ/壱岐市長選挙の選挙結果は?

森しゅんすけ氏は、2021年の市議会議員選挙に立候補し、当選しています。

投票日:2021年8月1日
投票率:75.41%
得票数:1,737票

森しゅんすけ/壱岐市長選挙の引退の可能性は?

森しゅんすけ氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

同氏は、出身こそ壱岐市ではありませんが、地元の企業相談所や市議会議員を務めるなど、壱岐市との関わりが深い方です。

政治家としては非常に若いため、今回の選挙で落選しても次の機会を目指す可能性は十分あります。

2020年に市長選挙に臨み、落選したうえでの2回目の挑戦であるため、今回にかける意気込みの高さが伺えます。

まとめ

以上、森しゅんすけ氏について壱岐市長選挙との関連で紹介してきました。

起業の経験もあり、壱岐市とのかかわりも深くリーダーシップが期待できる候補と言えます。

市長に当選した場合は、市民にとって透明性が高く信頼できる政治の展開が期待されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長