初宿和夫/八王子市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

初宿和夫/八王子市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年1月14日告示、同年1月21日に投票が実施される八王子市長選挙に、初宿和夫氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、初宿和夫氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

初宿和夫/八王子市長選挙の経歴は?

初宿和夫氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 初宿和夫(しやけ かずお)
生年月日 1964年4月16
出身地 愛知県
最終学歴 放送大学教養学部卒業
職業 前東京都人事委員会事務局長
趣味 不明

初宿和夫氏は、1964年に愛知県で生まれ、高校まで同県で育ちました。高校卒業後、すぐに防衛庁に入庁し、海上自衛隊入隊。1988年には東京都入庁しています。

都庁時代には、教育庁都立学校教育部長・財務局経理部長・政策企画局理事(報道総括担当)・福祉保健局健康危機管理担当局長など様々な役職を歴任した経歴があります。

なお、現職のまま放送大学で学歴を積み、2009年に卒業するという異例の経歴を持つことでも知られています。

初宿和夫/八王子市長選挙の学歴は?

初宿和夫氏は、愛知県立小牧南高等学校から、自衛隊入隊を経て東京都庁に入庁し、東京都職員を続けながら放送大学教養学部に進学しています。

出身高校は?

愛知県立小牧南高等学校は、愛知県小牧市に所在する県立の高等学校です。

愛知県立小牧南高等学校は、基本的な生活習慣の確立と学習意欲を伸ばす教育を主眼としています。卒業後は、中京大学など私立大学や専門学校に進学する生徒が多いです。

出身大学は?

放送大学は、文部科学省・総務省所管の通信制大学です。入学試験はなく、働きながら在学する方も多い学校です。

初宿和夫氏も、東京都庁で現職でありながら同大学の教養学部を卒業しました。

初宿和夫/八王子市長選挙の家族は?

初宿和夫氏の家族は、同氏の公式サイトによると、妻と娘が2人の4人家族ということです。娘2人はすでに独立しているとのことです。

家族に関する情報は、以上のもの以外には公開されていませんでした。

初宿和夫/八王子市長選挙の年収は?

初宿和夫氏の前職は、東京都人事委員会事務局長です。

官僚の局長クラスの年収は、1800万〜2000万円といわれています。

初宿和夫/八王子市長選挙の実績や評判は?

初宿和夫氏は、これまで東京都庁で様々な職を経験してきました。福祉保健局健康危機管理担当局長時代は、コロナウイルス感染対策も担当しました。

八王子市との関連では、八王子市みなみ野に転居し、自治会役員として新しい街づくりに尽力しています。

初宿和夫/八王子市長選挙の公約は?

初宿和夫氏が八王子市長選挙において掲げる公約は、以下の通りです。

・子育て支援
・健康寿命を延ばす安心No.1の街
・企業誘致や文化遺産を活かした活力ある街

初宿和夫/八王子市長選挙の立候補した理由は?

初宿和夫氏が八王子市長選挙に立候補した理由としては、明確な情報はありませんが現職の石森孝志市長の後押しがあった点が大きかったと考えられます。

また、住まいが八王子市であり、自治会の会長も務めていることから、貢献したいという意欲が高かったと考えられます。

初宿和夫/八王子市長選挙の選挙結果は?

初宿和夫氏は、これまで選挙を経験したことはありません。

しかし、これまで東京都庁で多くの実績を積んでおり、かつ現職からの後押しがある点を考えると、有力な候補であることは間違いありません。

初宿和夫/八王子市長選挙の引退の可能性は?

初宿和夫氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

現在は東京都庁から退職しており、現役を退いている立場であるため、選挙に落選した場合は別の道を探す可能性があるかもしれません。

また、あくまで個人的な見解ですが、次の八王子市長選挙あるいは地元の愛知県での活動に切り替える可能性も考えられます。

まとめ

以上、初宿和夫氏について八王子市長選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、高校卒業から防衛庁や自衛隊を経験し東京都庁に入庁したという異例の経歴を持ちます。

また、現職でありながら放送大学で学歴を積むといった努力の人という側面も垣間見えます。

東京都庁時代での様々な経歴と経験を活かし、八王子市長となった場合は魅力ある市政の展開が期待できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所