城本宏/観音寺市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う観音寺市長選挙(2021年11月7日告示)に立候補する意向を表明された、城本宏氏に関する情報をお伝えいたします。

城本宏氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙の結果

などについて記事をまとめていこうと思います。

 
 

スポンサーリンク

城本宏/観音寺市長選挙の経歴は?

名前 城本宏(しろもとひろし)
生年月日 1969年4月20日
出身地 出身地を入力
最終学歴 神戸学院大学法学部卒業
職業(前職) (元防防衛庁長官・元衆議院議員)大野功統の私設・公設秘書、(衆議院議員)大野敬太郎公設第一秘書
趣味 公開されている情報は見当たりませんでした

観音寺市(かんおんじし)は香川県の西端に位置する市です。

2005年に観音寺市、大野原町、豊浜町の対等合併により新たな市制をスタートさせた観音寺市は、弘法大師・空海が神宮寺に聖観世音菩薩を安置したことから観音寺と呼ばれるようになったと伝承されているそうです。

城本宏氏は国会議員の秘書として20年間も観音寺市を担当してみてこられたとのことです。

城本宏/観音寺市長選挙の学歴は?

城本宏氏の学歴は香川県立観音寺第一高等学校を卒業、大学へ進学し、神戸学院大学法学部を卒業されました。

出身高校は?

城本宏氏の出身高校の香川県立観音寺第一高等学校は、通称は「観一(かんいち)」と呼ばれている香川県観音寺市にある公立の進学高校です。

全日制と定時制からなり、全日制は「理数科」「普通科」を置いておりほとんどの生徒が進学を希望し卒業後は大半の生徒が「香川大学」「愛媛大学」「岡山大学」など地元の国公私立大学や短大に進学するそうです。

卒業生には出身の有名人に元内閣総理大臣の大平正芳がいます。

出身大学は?

高校を卒業後、地元を離れ神戸に本部を置く私立大学である神戸学院大学を卒業しました。

神戸学院大学法学部は150年前明治維新の風を受けて港を開き、先陣を切って西洋文化の窓口となった神戸の地に新たな法学部として産声を上げ半世紀がたつ歴史のある大学です。

スポンサーリンク

城本宏/観音寺市長選挙の家族は?

残念ながら城本宏氏のプライベートな情報について探し出すことはできませんでした。

落ち着いた雰囲気の方ですし、ご家族を持ってらっしゃる可能性もあるでしょうね。

 
 

城本宏/観音寺市長選挙の年収は?

城本宏氏の年収について情報をまとめてみました。

35万円(月収)×12ヶ月=420万円
420万円+賞与140万円(4ヶ月)=560万円

城本宏氏の衆議院議員第一秘書時代の年収の予想は560万円程になりましたが、衆議院議員の第一秘書を務めている方の年収は700万から1070万ほどらしいので年齢や手当などを加えると予想よりも貰っておられたのかもしれませんね。

城本宏/観音寺市長選挙の実績や評判は?

1996年から衆議院議員の私設・公設秘書を務めてきた城本宏氏は過去の選挙選出馬の実績はありませんが、議員秘書時代に培ったリサーチ能力を駆使して観音寺市長選挙に際して小学校の給食無料化や地元の特産品の販路拡大の応援などを各地で訴えています。

城本宏/観音寺市長選挙の公約は?

城本宏氏の公約は国会議員秘書として20年間地元観音寺市を担当した経験で得たことや住民からの意見をもとに「プロジェクト観音寺」として公表されました。

◆ 子育て・教育支援
◆ 地域経済と雇用を守る
◆ 福祉政策
◆ 観光振興
◆ 地元特産品の後方支援

城本宏氏の掲げた好評の中で、私が注目しているのは観光振興と地元特産品の後方支援です。

四国4県の県庁所在地の中間点でもある地理的優位性や、大野原古墳群などの歴史的文化遺産、豊かな自然、伝統芸能、農産物や水産加工品など多くの地域資源に恵まれています。

城本宏氏の手腕で地域資源をフルに活用し地域経済を活性化させてほしいですね。

城本宏/観音寺市長選挙の立候補した理由は?

城本宏氏は、2021年の6月に出馬表明をされた時に、立候補を決めた理由として「新型コロナウイルス感染症の影響で地元経済は痛んでおり、今すぐに取り組むべきと考えたことを実現させるべく次期、観音寺市長選挙に立候補する決意をした。」と言われています。

城本宏/観音寺市長選挙の選挙結果は?

2021年11月の観音寺市長選挙では、城本宏氏のほかに立候補の表明をしている香川県議会議員の佐伯明浩氏との一対一での構図ができあがっています。

新人同士の対決でもあるので過去の選挙戦と比較は難しいのですが、対立候補の佐伯明浩氏も城本宏氏と同じく国会議員の秘書の経験を持っており、「もと国政を支えた秘書」同士の対決は見逃せません。

城本宏/観音寺市長選挙の引退の可能性は?

「頑丈」と公式ホームページのトップに書いている城本宏氏の引退の可能性は全くないと感じます。

また、引退の意思を示している情報も見当たりませんでした。

まとめ

「勇気を持って変化を 攻めの市政! 観音寺市 新時代!!」のキャッチフレーズとともに、頑丈なボディを武器に市政の前面に立住民の声に耳を傾け勇気をもって改革を行い市政を引っ張ってくれる候補者です。

コロナウィルスの流行が落ち着き元の穏やかな毎日が戻ってきたらちょうさ祭りの太鼓台を街中で沢山の人が見れるようになるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所