篠原一生/壱岐市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年4月7日告示、同年4月14日に投票が実施される壱岐市長選挙に、篠原一生氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、篠原一生氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

篠原一生/壱岐市長選挙の経歴は?

篠原一生氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 篠原一生(しのはら いっせい)
生年月日 非公開
出身地 長崎県壱岐氏
最終学歴 西南学院大学
職業 壱岐市職員
趣味 非公開

篠原一生氏は、2023年10月現在で46歳とされていますが、生年月日などは公開されていません。

長崎県壱岐市で生まれ、そのまま同市で育ちます。

長崎県立壱岐高等学校を卒業した後、西南学院大学商学部で勉学に励みます。

大学卒業後は壱岐市役所し、政治家の秘書や東京事務所での勤務経験があります。

2023年に退職しており、市長選挙に専念すると予想されます。

篠原一生/壱岐市長選挙の学歴は?

篠原一生氏は、長崎県立壱岐高等学校に通い、その後西南大学商学部に入学しました。

出身高校は?

篠原一生氏が通った長崎県立壱岐高等学校は、1909年が起源の歴史ある公立高校です。

先進機器の教育への導入や離島留学制度など新しい取り組みに積極的な学校です。

卒業後の進路としては大学への進学をする生徒が多いため、進学校といえるでしょう。

出身大学は?

篠原一生氏が通った、西南学院大学は、1916年に設立された歴史ある私立大学です。

「キリストに忠実なれ」の建学の精神に基づき、真理の探求や優れた人格の形成に励み、地域社会や国際社会に尽くせる創造的な人材育成を使命としています。

篠原氏は同大学の商学部に入学し、経済関係の知識を学んだと考えられます。

篠原一生/壱岐市長選挙の家族は?

篠原一生氏の家族に関しては、情報は見当たりませんでした。

篠原一生/矢板市長選挙の年収は?

篠原一生氏は、壱岐市役所に勤務した実績があります。

壱岐市役所職員の年収は、以下と予想されます。

月収:337,000円
期末手当 2,000,000円(概算)
年収:337,000 × 12 +2,000,000 = 6,044,000円

篠原一生/壱岐市長選挙の実績や評判は?

篠原一生氏は、壱岐市役所の職員として勤務し、政治家の秘書や東京事務所での勤務も経験しています。

その期間での活躍は聞こえてきませんが、悪評もないためまじめな姿勢で取り組んできたことが予想されます。

篠原一生/壱岐市長選挙の公約は?

篠原一生氏が壱岐市長選挙における正式な公約は発表していませんが、以下の取り組みを行う意思を示しています。

農漁業など1次産業を核とした経済政策の推進
福祉や教育の充実

篠原一生/壱岐市長選挙の立候補した理由は?

篠原一生氏が壱岐市長選挙に立候補した理由としては、島外や企業の視点から見つめ直し、壱岐市の可能性を感じたため、より良い街を目指したいと述べています。

篠原一生/壱岐市長選挙の選挙結果は?

篠原一生氏は、これまで政治の世界に関わっていないため、選挙の経験はありません。

篠原一生/壱岐市長選挙の引退の可能性は?

篠原一生氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

同氏は、地元の壱岐市役所に勤務し尽力していましたが、2023年に退職しています。

市長選挙に専念する意思を示す行動と考えられ、意気込みは十分だと予想されます。

政治家としてはまだまだ若い年代であるため、今回の選挙に落選したとしても次の機会は十分に狙えるでしょう。

まとめ

以上、篠原一生氏について壱岐市長選挙との関連で紹介してきました。

生まれ育った地元の市役所で勤務する実直な性格がうかがわれる方で、信頼感があります。

壱岐市に関しての見聞は非常に豊富であると考えられるため、市長に当選した場合は地元民の生活を最優先に考えた政治を展開してくれるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長