下高原正男/交野市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う交野市長選挙(8月28日告示、9月4日投開票)に下高原正男氏が立候補の表明をしました。

下高原正男氏についてまとめてみました。

下高原正男氏の

・家族
・経歴
・選挙結果
・年収

などについて記事を書いていきます。

下高原正男/大阪市長選挙の経歴は?

名前 下高原正男(しもたかはら まさお)
生年月日 12月23日
出身地 不明
最終学歴 立命館大学経済学部経済学科卒業
職業(前職) 塾講師・平和堂株式会社
趣味 不明

下高原正男氏について調べてみてあまり情報を得ることは出来ませんでした。

しかし、塾講師の他様々な経歴をお持ちの方で勤勉な方なのかなという予想ができますね。

下高原正男/交野市長選挙の学歴は?

下高原正男氏の学歴は大阪府立交野高等学校卒立命館大学経済学部経済学科卒になります。

その後、泉屋仏壇株式会社に勤務されました。

出身高校は?

大阪府立交野高等学校は、公立の進学校です。

現在は普通科の英語コース・理数コース・学芸コースを有しています。またイングリッシュフロンティアハイスクールズG1校に指定されています。

出身大学は?

立命館大学は関関同立と呼ばれる関西屈指の難関私立大学グループの一角になります。

下高原正男氏が在籍していた経済学部経済学科では、世界標準の経済学を学び、実践力を磨く2専攻を置いています。

スポンサーリンク

下高原正男/交野市長選挙の家族は?

下高原正男氏の家族について調べてみました。

ご結婚されており、奥さんがいるようです。

子どもに関する情報は得られませんでした。

下高原正男/交野市長選挙の年収は?

下高原正男氏の年収について調べてみました。

前職の詳細までは分からなかったので塾講師をバイト、平和堂株式会社の社員と考えてまとめました。

[塾講師](1回2コマ・月に8回出勤した場合)
月給:4,000×8=32,000
年収:32,000×12=384,000

[会社員]
平均年収(2022年度):5460,000

[合計]
384,000+5,460,000= 5,492,000

あくまで個人的な考えと予想なので正しくない可能性が高いですが上記から下高原正男氏の年収は約549万円と予想できます。

スポンサーリンク

下高原正男/交野市長選挙の実績や評判は?

下高原正男氏の過去の実績としてどのような職業についていたのかをまとめてみました。

・泉屋仏壇株式会社勤務。
・ヤチヨコアシステム、CPU、他、勤務。
・エムケイ株式会社(京都MKタクシー)勤務。
・(現在)塾講師、平和堂株式会社。

上記以外にも本を執筆し出版されているようです。

続いて評判について調べてみましまが情報は得られませんでした。

個人的な予想になりますが、特に悪い噂もなくまた塾講師などをしていることから評判が悪いということはないのではないでしょうか。

下高原正男/交野市長選挙の公約は?

下高原正男氏の選挙公約について調べてみましたがこちらも情報を得ることはできませんでした。

ですのでこちらも個人的な予想になりますが、「あとがきでまえがき」というものに記載されていた箇所から考えてみました。

・正しい社会
・地上を恒久平和に
・安心して平和に暮らせる世界

この3点が恐らく下高原正男氏が考える公約に近いものだと思われます。

上記の3点から安全で平和な地域にすることを大切にしていると考えられます。

下高原正男/交野市長選挙の立候補した理由は?

下高原正男氏が今回の選挙に立候補した理由を調べてみましたが情報を得ることができませんでした。

ですので個人的な考えになりますが

「少女達が、安心して暮らせる犯罪ゼロの社会」

という文章を「あとがきでまえがき」というものに記してありました。

恐らくこちらが選挙の理由になるのではないかと思います。

下高原正男/交野市長選挙の選挙結果は?

下高原正男氏の過去の選挙結果についてしらべてみました。

過去に選挙に出馬した事がなく今回が初めての出馬となるようです。

下高原正男/交野市長選挙の引退の可能性は?

下高原正男氏の引退の可能性について調べてみましたが、情報を得ることは出来ませんでした。

個人的な予想になりますが、今回が初めての出馬となるので引退はあまり考えられないのではないでしょうか。

しかし初出馬であるため、落選したらそれで終わりという考えもあるかもしれません。

まとめ

下高原正男氏について色々調べて見ましたがあまり情報がなく少し難しかったです。

ですが、様々な職業についていたり世界について語られていることから大きな目標があったのかなということが感じられました。

下高原正男氏がどのように選挙活動を進めるのか注目したいですね。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所