下村勝/御前崎市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年4月7日告示、同年4月14日に投票が実施される御前崎市長選挙に、下村勝氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、下村勝氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

下村勝/御前崎市長選挙の経歴は?

下村勝氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 下村勝(しもむら まさる)
生年月日 非公開
出身地 静岡県御前崎市
最終学歴 静岡大学大学院電子科学研究科
職業 元大学教授
趣味 非公開

下村勝氏は、静岡県御前崎市が出身ですが、生年月日は不明です。

2023年12月時点で、54歳ということが分かっています。

生まれた御前崎市で幼少期を過ごし、高校は静岡県立榛原高等学校を卒業しました。

その後、静岡大学工学部応用学科を卒業し、同大学の修士課程および博士課程をこなしています。

途中、コペンハーゲン大学への留学もしました。

静岡大学にそのままとどまり、研究職の道を進んできた学者肌の方です。

下村勝/御前崎市長選挙の学歴は?

下村勝氏は、静岡県立榛原高等学校を卒業しています。

高校卒業後は、静岡大学工学部に入学、同大学の博士課程を修了しています。

出身高校は?

下村勝氏が通った、静岡県立榛原高等学校は、明治33年に設立された伝統ある静岡県の公立高校です。

「至誠真剣」を校訓とし、嘘偽りのない心で全力を尽くし、自分や周りに誠実な心でやるべきことに真剣に向き合い、役割を成し遂げられる人材の育成を目指します。

卒業後はほとんどの生徒が進学する、県内屈指の進学校といえるでしょう。

出身大学は?

下村勝氏は、高校卒業後静岡大学工学部で勉学に励みました。

静岡大学は、1949年に地元の5学校が統合して設立された国立大学です。

「自由啓発・未来創成」を理念とし、できる限り自由な環境のなかに学生を置き、ひとり一人の個性の尊重を通して才能を最大限に発揮させることを目指します。

様々な学部学科を持つ総合大学で、下村氏も工学部で4年間を過ごし、そのまま修士・博士課程を修了しました。

下村勝/御前崎市長選挙の家族は?

下村勝氏の家族に関しては、情報は見当たりませんでした。

下村勝/矢板市長選挙の年収は?

下村勝氏は、静岡大学の教授としての経歴を持ちます。

大学教授の年収は公開されていませんが、大学教授の平均年収はおよそ1,100万円といわれています。

下村勝/御前崎市長選挙の実績や評判は?

下村勝氏は、静岡大学で様々な研究に携わってきました。

ベンチャー企業の代表もこなすなど、その知識と経験を広く生かしてきたと考えられます。

数々の論文も残しており、研究分野における実績は高く評価されています。

下村勝/御前崎市長選挙の公約は?

下村勝氏が御前崎市長選挙における公約については表明しておりません。

主に取り組みたい事項として、原子力発電の再稼働を掲げています。

安全性に関しての議論を深め、周辺自治体の理解を得て進めていく旨を地元紙の取材に対して答えています。

下村勝/御前崎市長選挙の立候補した理由は?

下村勝氏が御前崎市長選挙に立候補した理由としては、「これまで栁澤重夫市長がけん引されてきた市政を引き継ぐという形をとって、このまちをさらに発展させていきたい」と述べています。

現職の柳沢重夫市長から後継指名を受けているため、市長選挙にかける意気込みの大きさが想像できます。

下村勝/御前崎市長選挙の選挙結果は?

下村勝氏は、これまで研究職として活躍してきており、選挙の経験はありません。

下村勝/御前崎市長選挙の引退の可能性は?

下村勝氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

同氏はこれまで研究の分野で活躍し、成果を残してきました。

政治の世界での活躍に関しては未知数ですが、現職からの後継指名を受けるほど優れた人格者であると想像できます。

政治家としてはまだ若い年代であるため、今回落選したとしても次回の機会を目指す可能性は大いにあります。

まとめ

以上、下村勝氏について御前崎市長選挙との関連で紹介してきました。

静岡大学で研究にいそしんできた学問分野の方で、政治に関しては未知数です。

しかし、これまでの市長にはなかった画期的な政策を打ち出し、地元の発展に貢献してくれる期待感があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長