下鶴隆央/鹿児島市長選挙の経歴・評判や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う鹿児島市長選挙(11月22日告示、11月29日投開票)に前県議会議員の下鶴隆央氏が立候補する意向を表明されましたので下鶴氏に関する情報をまとめています。

下鶴隆央氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

下鶴隆央/鹿児島市長選挙の経歴や評判は?


下鶴隆央氏の経歴は次の通りです。

名前:下鶴 隆央(しもづる たかお)
生年月日:1980年4月
出身地:鹿児島市谷山
出身校:東京大学法学部卒業
趣味:将棋、クイズ、スポーツ観戦、旅行

大学卒業後は都内の外資系コンサルティング会社に入社。

退社後、東京大学公共政策大学院に入学し、より高度な政治を学ぶ。

2011年の鹿児島県議会議員選挙に2度目の挑戦で初当選してから3期連続で当選しています。

2020年、鹿児島市長選に挑戦するために県議会議員を辞職。
 
 

スポンサーリンク

下鶴隆央/鹿児島市長選挙の家族は?

下鶴氏の現在の家族については記載は見当たりません…

下鶴氏が40歳代前半ということを考えると、結婚していたとすれば、小学生ぐらいのお子様がいらっしゃるかもしれません。

下鶴隆央/鹿児島市長選挙の年収は?

総務省のデータによると鹿児島県議会議員の年収は

78万円(月収)×12ヶ月=936万円

しかし期末手当の情報は見当たりませんでした。

下鶴隆央/鹿児島市長選挙の選挙結果は?

詳細な情報が入り次第追記します。
ちなみに前回の鹿児島市長選挙の投票率は25%でした。

まとめ

鹿児島市長選には他に、鹿児島市副市長の松永範芳氏と元市議の上門秀彦氏、桂田美智子氏が立候補を表明しています。

今期限りで引退する森博幸市長は後継者を指名しておらず、4名の新人で市長の座を争うことになっています。

下鶴氏は森市長の4期16年を「高齢者福祉を充実させた」などと評価した上で、時代の変化に対応する必要性を訴え、中長期的な経済ビジョンづくり、待機児童ゼロの実現、医療・教育でのデジタル技術活用などに取り組むという。

また、若さと10年間の県議経験を生かし、新型コロナウイルス感染収束後の新しい暮らしや仕事、それを支える新しい仕組みを示したい、とも述べられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所