清水慎一/菓匠Shimizuの経歴や学歴は?年収や家族についても!

スポンサーリンク

今回は、菓匠Shimizuオーナーパティシエであり、テレビ出演や多数の著書出版などで幅広く活躍される、清水慎一氏について記事をまとめたいと思います。

清水慎一氏の

・高校や大学
・経歴
・年収
・家族

などの情報をまとめていこうと思います。

清水慎一の経歴や学歴は?

清水慎一氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

清水慎一の経歴は?

名前 清水慎一(しみずしんいち)
生年月日 1975年1月18日
身長 非公表
出身地 長野県伊那市
最終学歴 大学卒
職業 オーナーパティシエ

清水慎一氏は、小学4年生から始めた野球に夢中になり、大学生活まで通して、ひたすら野球に打ち込む学生時代を送りました。

当時は家業であるお菓子屋「菓匠Shimizu」を継ぐ意志などは持たなかったという清水慎一氏。

ただ、母親との対話を経て、母親に楽をさせてあげるにはどうすれば良いか?ということを考え続けた結果が、家業を継ぐことだという結論に至り、大学を卒業後、お菓子作りの修業を始めます。

1997年、日本橋の東京洋菓子倶楽部ドルチアにて修行を積んだ清水慎一氏は、2000年にフランスへ渡ります。

Sucre Cacao(シュクレカカオ)、JEAN-PAUL Hevin(ジャンポールエヴァン)等、フランス国家勲章を受章したシェフのいる店で修行。翌年にはシャンゼリゼ大通りにあるパリ随一の老舗パティスリー、LADUREE(ラデュレ)で経験を積みました。

その間には飴細工の世界大会、クープ・ド・フランス アンテルシュックで入賞を果たしています。

帰国後、熊本にあるアントルメ菓樹での修行を終えた清水慎一氏は、2003年より長野へ帰郷し、実家である菓匠Shimizuへ入社。シェフパティシエに就任。

新店舗のリニューアルオープンや、様々な企画の立ち上げなどを経て、2012年に株式会社菓匠Shimizu代表取締役就任に至っています。

清水慎一の本名は?

清水慎一氏は、本名で活動されています。

芸能関係の仕事ではないことから、芸名を名乗っているとは考えにくいですね。

清水慎一の学歴は?

清水慎一氏の学歴ですが、その詳細については公表されていません。

ただ、大学を卒業されていることは明言されていて、その当時は教員資格を取得しようと考えていたことを明かしています。

現在の仕事との関連性が薄いことから、特に学校名などについては触れない方針なのでしょう。

スポンサーリンク

清水慎一の仕事は?

清水慎一氏は、パティシエとして活動しています。

お菓子作り、販売に携わることはもちろんですが、清水慎一氏は独自の取り組みとして、2006年より夢ケーキというイベントを立ち上げ、継続しています。

夢ケーキとは、参加した親子が一緒に夢を語りながら絵を描き、それを実際にケーキにするというイベントであり、清水慎一氏をはじめとした菓匠shimizuのパティシエたちが協力して作り上げます。

清水慎一氏は「菓子創りは夢創り」を信条にしており、自身の夢としては「お菓子を通じて世界中の子どもたちに夢を与えること」と語られています。

このほか、定期的なテレビ番組への出演、書籍の出版などをこなし、最近ではYouTubeでチャンネルも開設し、プロが教える家庭での失敗しないお菓子作りをアドバイスされています。

2022年9月16日、テレビ東京系列で放送される「ガイアの夜明け」にて、清水慎一氏率いる菓匠Shimizuの取り組みが放送予定となっています。

清水慎一の家族は?

清水慎一氏は、ご家族の情報を公表していません。

ご自身の先代であるについても、健在であるかどうかなど、一切が非公表です。

スポンサーリンク

清水慎一の年収や月収は?

パティシエの平均年収については、300~400万円程度が一般的とされているようです。(参考:転職サイト比較Plus)

但し、それは雇われのパティシエの場合。清水慎一氏はパティシエであり、オーナーでもあるので、600~800万円に該当するでしょう。

その他に書籍や取材対応などもありますので、年収は800~1000万円くらいに達するのではないでしょうか。

まとめ

今回の記事では、清水慎一氏について記事をまとめてみました。

清水慎一氏は、他喜力(たきりょく)という言葉を座右の銘としています。これは、読んで字のごとく、他人を喜ばせたいという想い。

人に喜ばれることが1番の幸せという考え方ですね。

日本中、世界中が他喜で溢れるよう、まずは自分から発揮していく、とする清水慎一氏。

これからの取り組みにも注目していきたいですね。

最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございました。