佐藤聡/鶴岡市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

現職市長の任期満了により、鶴岡市選挙(2021年10月3日告示、10月10日投開票)に、元山形県議会議員の佐藤聡氏が立候補する意向を表明されましたので、佐藤氏に関する情報をまとめていきます。

佐藤聡氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

佐藤聡/鶴岡市選挙の経歴は?

名前 佐藤聡(さとうさとし)
生年月日 1968年5月18日
出身地 鶴岡市
最終学歴 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
職業(前職) 山形県議会議員
趣味 中国語、秘境旅行、登山

佐藤聡氏は、早稲田大学卒業後、すぐに日本航空株式会社に入社し、2005年4月に退職しています。

その後、実家にUターンをし、2005年10月に鶴岡市議会議員に初当選すると、そこから3期市議会議員を務めあげました。

2014年12月に市議会議員を辞職した後、山形県議会議員に初当選し、現在4年目が経過しているところです。

佐藤聡/鶴岡市選挙の学歴は?

佐藤聡氏の学歴は山形県立鶴岡南高等学校普通科卒早稲田大学政治経済学部政治学科卒になります。

出身高校は?

山形県立鶴岡南高等学校は、「全日制」、「通信制」、「山添校」の3つの過程と校舎からなり、「全日制」には普通科と理数科があります。

偏差値は63で、山形県の公立高校で10位に入ります。

SSH指定校に1つで、県内でも有数の進学校とされています。

2024年には、鶴岡北高校と統合し、中高一貫校になることも計画されているそうです。

部活動も盛んで、弓道部や卓球部、アーチェリー部などが近年全国大会や東北大会に出場し、活躍しています。

出身大学は?

早稲田大学政治経済学部政治学科は、東京都新宿区にある私立大学で、小学校からエスカレーターであがることもできます。

偏差値は70で、超難関校の1つとされています。

創設者は政治家の大隈重信です。政治経済に強いこともあり、卒業後はマスコミ関係に進む人が多いことでも有名です。

スポンサーリンク

佐藤聡/鶴岡市選挙の家族は?

佐藤聡氏は既婚で、妻と高校3年生と1年生の息子2人の4人家族になります。

父と祖母も健在のようです。

 
 

佐藤聡/鶴岡市選挙の年収は?

佐藤聡の年収について情報をまとめてみました。

調べてみると、令和2年4月時点での山形県議会議員の年収は以下の通りになります。

月収:77万8000円×12カ月=933万6000円
期末手当:77万8000円×3.3月=256万7400円
年収:933万6000円+256万7400円=1190万3400円

その他にも収入があるかもしれませんが、その他の収入に関する情報は得られませんでした・・・

スポンサーリンク

佐藤聡/鶴岡市選挙の実績や評判は?

佐藤聡氏の実績ですが、ご自身の公式サイトに活動ごとにまとめられています。

山形県議会議員では、日本航空株式会社での経験を活かし、「ジェットスター」の就航実現をしました。

山形県ノルディック・ウォーク連盟会長、鶴岡野球連盟理事、鶴岡相撲連盟会長を務めるなどされています。

佐藤聡氏の評判についての情報は得られませんでしたので個人的な予想になりますが、ご自身の経験を次に活かし結果につなげられる方という印象を受けますので、かなり評判は良いと思います。

佐藤聡/鶴岡市選挙の公約は?

佐藤聡氏の選挙公約は、「鶴岡再興、市民とともに未来を拓く」の実現のために、

・「人が輝くつるおか」
・「多様な人と地域がつながるつるおか」
・「新しい価値を創造するつるおか」

という3本の矢を掲げています。

伝統文化や観光資源を最大限に活かし、市民の声を聴いてさらに良い鶴岡市を目指しているように思います。

佐藤聡/鶴岡市選挙の立候補した理由は?

鶴岡市の運営に対して、全体のビジョンが無いなどの改善を望む声が多く上がっており、「明るい未来が描ける鶴岡市に変えて欲しい」と市民から声をいただいき、動き出すことを決意した。と公式サイトにて述べられています。

個人的な予想になりますが、現場を大事にする佐藤聡氏だからこそ、山形県の中枢である鶴岡市という第一の現場を変えようと立ち上がったのだと思います。

佐藤聡/鶴岡市選挙の選挙結果は?

佐藤聡氏は今回は初めての出馬となります。

2017年の鶴岡市長選挙では、当時現市長であった榎本氏を僅差で破り、現市長の皆川氏が当選しています。

このことから、現市長であっても確実に当選できるわけではない地域という事が分かります。

今回の鶴岡市長選挙も、前回と同じく現市長と、県議員の一騎打ちと予想されています。

当選するチャンスは、十分にあると言えますね。

佐藤聡/鶴岡市選挙の引退の可能性は?

佐藤聡氏が今回の選挙で万一落選したとしても、引退をすることは考えにくいでしょう。

というのも佐藤聡氏は現在53歳。市長選には初挑戦ですが、まだまだ政治家としてチャレンジし続けることが出来る年齢です。

鶴岡市の再興という強い意志も持っていらっしゃるので、万一今回の選挙で落選されたとしても諦めずにチャレンジし続けられるのではないでしょうか。

まとめ

佐藤聡氏は大学卒業後、日本航空に勤め、その経験を活かし山形県議会議員としてジェットスター就航を実現しています。

新型コロナもあり、市政運営への不満が市民から多く上がっている鶴岡市。市民の思いが問われる市長選になりそうです。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所