小林悟/衆議院議員北海道2区の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

吉川貴盛前衆議院議員の辞職に伴う衆議院北海道第2区選出議員補欠選挙(2021年4月13日告示、4月25日投開票)に無所属新人で医師の小林悟氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、小林悟氏に関する情報をまとめています。

小林悟氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

小林悟/衆議院北海道第2区選出議員補欠選挙の経歴は?

名前 小林悟(こばやしさとる)
生年月日 56歳
出身地 北海道旭川市
最終学歴 旭川医科大学卒業
職業(前職) 医師
趣味 不明

小林悟氏は北海道旭川市出身で旭川東高校から旭川医科大学卒業を卒業されており、出身地の旭川市で過ごされています。現在は、岩見沢市で医療法人K&Kほろむいクリニックを経営されています。

小林悟/衆議院北海道第2区選出議員補欠選挙の学歴は?

小林悟氏の学歴は北海道旭川東高等学校卒旭川医科大学卒になります。

出身高校は?

旭川東高等学校は北海道旭川市にある公立高校であり、旭川市で最もレベルが高く、北海道内でも屈指の進学校です。旭川医大や北海道大など、道内の特に医療系の大学への進学が多く、北海道外では東京大学をはじめとした難関大学への進学者も輩出されています。

出身大学は?

旭川医科大学は、北海道旭川市に本部を置く国立大学であり、地元に根差した地域医療に取り組んでいるため、入試の際には北海道在住者に向けて地域枠制度を導入されています。その結果、学生の7割程度が北海道出身者であります。

 
 

スポンサーリンク

小林悟/衆議院北海道第2区選出議員補欠選挙の家族は?

小林悟氏の家族についての情報は存在しませんでした。

もし、ご結婚されていたら、お子様は成人されている可能性はありそうです。

小林悟/衆議院北海道第2区選出議員補欠選挙の年収は?

小林悟氏の年収についてまとめました。

小林悟氏は医師として内科クリニックを経営されており、厚生労働省の医療経済実態調査の報告から開業医の平均年収は2,887万円とされています。

小林悟氏の年収も前述金額の前後であると予想できます。

小林悟/衆議院北海道第2区選出議員補欠選挙の選挙の実績や評判は?

小林悟氏の実績は、旭川医科大学が出身校であり、現在も医師として活動されています。

小林悟氏の評判についての情報は存在しませんので、個人的な見解になりますが、北海道で生まれ育ち現在も開業医として活動されていることから、故郷である北海道への愛情を感じますので、地域の方にも伝わっていると思います。

小林悟/衆議院北海道第2区選出議員補欠選挙の選挙の公約は?

小林悟氏は安心して外出できる街をつくろうをテーマとして、新型コロナ対策を中心とした8つの選挙公約を掲げられています。

小林悟/衆議院北海道第2区選出議員補欠選挙の選挙の立候補した理由は?

小林悟氏は日本では新型コロナの重症患者を受け入れる病床の数が欧米に比べて少ないと話していて、国政に進出し解消を目指すとして立候補されています。

小林悟/衆議院北海道第2区選出議員補欠選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは小林悟氏の選挙結果について書いていきます。

小林悟氏は今回の選挙が初出馬となることから、直近の同選挙における投票率ついては、2017年10月22日執行の第48回衆議院選挙北海道2区の投票率は57.12%でありました。

小林悟/衆議院北海道第2区選出議員補欠選挙の引退の可能性は?

小林悟氏は今回が初出馬となりますが、新型コロナ対策を中心とした公約を掲げられている中で、仮に落選されたとしても、今後の新型コロナ対策の状況により次回の立候補を検討されると思われます。

まとめ

小林悟氏は医師としての経験を活かして行政と医療現場の橋渡しを行うとして、迅速スムーズなワクチン接種等、新型コロナ対策を中心とした8つの公約を訴えて初当選を目指されます。