坂村哲也/下野市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う栃木県下野市長選挙(2022年7月3日告示、7月10日投開票)に新人の坂村哲也氏が当選を目指して立候補する意向を表明されていますので坂村哲也氏に関する情報をまとめています。

坂村哲也氏の

    ・経歴
    ・学歴
    ・ご家族
    ・年収
    ・実績や評判
    ・公約
    ・その他

などについて記事をまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

坂村哲也/下野市長選挙の経歴や家族は?

名前 坂村哲也(さかむらてつや)
生年月日 42歳
出身地 下野市
最終学歴 聖学院大学政治経済学部卒業
職業(前職) 下野市議会議員
趣味 (不明)

坂村哲也氏は地元の下野市生まれの下野市育ちで、聖学院大学政治経済学部卒業です。

学校法人聖学院の事務職員をしていましたが、2018年に下野市議会議員選挙に立候補して当選、今年4月に再選されました。

2020年から石橋商工会理事と市管工事業協同組合顧問を務められています。

坂村哲也氏 FACEBOOK

坂村哲也氏 Twitter

坂村哲也議員 一般質問(2022年2月28日)

下野市議会会議録検索システム

下野市議会の記録

坂村哲也/下野市長選挙の学歴は?

坂村哲也氏の学歴は、聖学院大学政治経済学部卒業です。

出身高校の情報は見付かりませんでした。

出身大学は?

聖学院大学は、埼玉県上尾市に所在する私立大学です。

大学の創立は1988年と最近といってよいですが、聖学院の歴史は、アメリカ人ディサイプルス(基督教会)宣教師のハーヴェイ・H・ガイ博士が日本人宣教師らと共に1903年に東京・本郷森川町に聖学院神学校を設立したことに始まります。

数多くの宣教師の努力と熱意によって聖学院は発展を撞け、プロテスタントキリスト教を基盤にした幼稚園から大学院までの一貫教育体制を完成させました。

大学は、政治経済学部(政治経済学科)、人文学部(欧米文化学科、日本文化学科、児童学科、子ども教育学科)、心理福祉学部(心理福祉学科)の3学部6学科と大学院を擁しています。

【参考】みんなの大学情報 聖学院大学

スポンサーリンク

坂村哲也/下野市長選挙の家族は?

坂村哲也氏は一児の父親です。

坂村哲也/下野市長選挙の年収は?

下野市のホームページ上に「下野市の給与・定員管理等について」等の情報が公開されています

最新データは2020年度分であり、9ページ目を見ると、下表の計算により、坂村哲也氏の市議会議員としての年収は5,390,000円と推定できます。(通勤手当等を除く)

給与:350,000円/月 × 12月分 = 4,200,000円
期末手当:350,000円/月 × 3.4月分 = 1,190,000円

坂村哲也/下野市長選挙の実績や評判は?

今回の選挙では現職市長が立候補されない中、他に候補者はなく、坂村哲也氏の無投票当選となることも考えられます。

坂村氏は現在の市政の継続を掲げていることと、この状況からは、市長及び議会からは大きな異存がないことが読み取れます。

加えて、2期目当選を果たした直近の1箇月半前の市議会議員選挙では1位当選しました。初当選の時は8位でしたので、何らかの実績が評価されて躍進したものと思われます。

坂村哲也/下野市長選挙の公約は?

坂村哲也氏は、立候補を表明した2022年5月31日に、下野新聞社などの取材に「広瀬寿雄(ひろせとしお)市政を継承しながら、子育て世代の代表として、子育てや福祉が充実したまちづくりを進める。健全財政を目指しながら、下野市の可能性とポテンシャルを高めていきたい」と述べられました。

現市長の広瀬寿雄氏は2期目の時に、「子どもたちの安全安心と高齢者の安全安心をつくること。中学3年生までは医療費は無料、子宮頸がんワクチン接種も無償です。高齢者に対しては、肺炎球菌などのワクチン接種の一部助成を検討しています。まず、命に直結し、人間に直接投資するものに力を入れ、間接的な道路やハコものは維持補修ということになると思います。」と述べられていました。

坂村哲也/下野市長選挙の立候補した理由は?

坂村哲也氏は、坂村氏は広瀬寿雄市長から出馬の打診を受けたとのことであり、現市長の広瀬寿雄氏の市政を継続することを明言しています。

広瀬氏は2018年の市職員による公金詐取事件の責任や健康面の不安などを理由に引退を表明しましたが、市政は市発足間もない頃(2006年)から4期16年間に及び、栃木県内一位の人口増加率等も達成する等、市内外から肯定的に評価されていたようです。

今回の選挙では対立候補の立候補は現在のところなく、坂村氏の無投票当選の可能性が濃くなってきています。

後継者としての坂村氏を認めているということでしょう。

坂村氏自身も今年4月の市議会議員選挙で1位当選したことに自信を得て市長選挙に立候補したとも思えます。

坂村哲也/下野市長選挙の選挙結果は?

坂村哲也氏は2018年4月に初めて下野市議会議員選挙に立候補して当選されました。

今年2018年4月には、首位で当選しています。

詳しくは以下のとおりです。
【下野市議会議員選挙】

2018年4月22日 1,323票(無所属) -8位<当選>(定数:18 候補者:22 投票率:46.33%)
2022年4月24日 1,988票(無所属) -1位<当選>(定数:18 候補者:20 投票率:41.82%)

坂村哲也/下野市長選挙の引退の可能性は?

坂村哲也氏は、まだ政治家としてはとても若い42歳です。

このまま無投票で市長に当選すると、周囲の支援も期待できて長期政権が見通せるでしょう。

現時点では引退は想像できません。

まとめ

坂村哲也氏のTeitterを拝見すると、考え方が素直な印象を受けました。

下野市議会議員の出自を見て気が付いたのは農業等個人事業主の多さです。

特に1期目では勤め人出身は大学職員の坂村氏だけでした。

個人事業主が多数派を占める中で、実直な調停者としての資質を見出されたのかもしれないと感じました。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所